« 秋の彩り 田んぼの周りは花盛り | トップページ | 古い町並みが残る今井町(奈良県橿原市) »

別子銅山(1916-1973)の遺構へ行こう!

日本三大銅山の一つだった別子銅山。
その始まりはナント元禄4年!そして283年後昭和48年(1973)に閉山するまで推定3,000万トンもの銅を産出し続けたのがこの住友の別子銅山。
あいにくの秋雨の中、マイントピア別紙(端出場ゾーン)から、さらに奥の東平(とうなる)ゾーンに行ってきました。濃いガスの中に浮かび上がる赤煉瓦の遺構は、さながら天空の城ラピュタ。「人は地上を離れては生きていけないの」とはシータが言った言葉だったでしょうか。最盛期には、こんな山深い東平に3800人もの人が働いたと言いますが、閉山後は草木が、そして深い霧が、静けさが人のいた跡を覆い尽くしています。

アルバム「マイフォト」にもう少し詳しく掲載しました。

Besshidozan

貯鉱庫跡(索道基地)
別子銅山東平(とうなる)ゾーンは県道から8Kmぐらい細いくねくね道を上がる 詳しくは「マイフォト」に写真をアップ

最後になりましたが、Tomoさんのホームページに別子銅山のことが詳しく掲載されていました。勉強になりました。

|

« 秋の彩り 田んぼの周りは花盛り | トップページ | 古い町並みが残る今井町(奈良県橿原市) »

近代遺産みてある記(産業・文化・軍事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/8333693

この記事へのトラックバック一覧です: 別子銅山(1916-1973)の遺構へ行こう!:

« 秋の彩り 田んぼの周りは花盛り | トップページ | 古い町並みが残る今井町(奈良県橿原市) »