« 紅葉燃え立つ禅寺・酬恩庵一休寺~一休さんのお寺/京田辺市 | トップページ | 「逆光」って仲間だったんだ~見えるモノが見えなくなって見えないモノが写る不思議な世界!? »

30年前を思い起こしたくて鎌倉へ・・・でもセピア色のままがよかったかも(T_T)

30年ほど前になります。そのころYHと書けばユースホステルのこと。そういうものを利用してよく一人旅をしたものです。あまり飲めないくせにウィスキーの小瓶など夜汽車の友として。そうそう、みなみらんぼうの「ウェイスキーの小瓶」なんか口ずさんで・・・たぶん寂渋い(こんな言葉はないが)雰囲気作って浸りたい年頃だったようで。(今、そんな年頃があるかどうか不明ですが) そしてそのひとつが鎌倉でした。「勝手にシンドバット」や「縁切り寺」、百恵ちゃんといえば横須賀でしょう。そんなこんなをひとつなぎにして。

Img_3158 Img_3170
この駅の裏(西)が江ノ島電鉄鎌倉駅。駅のレンタサイクルで回るのがおすすめ。 舞殿周辺の工事のためたいへんにぎやかでした。(^_^;)
Img_3187 Img_3194
ぞくぞくと本殿への石段を登る人たち 古い御輿。当時は極彩色だったのでしょう。

駅前でレンタサイクル(4時間以上1,800円変速機3段)を借りてまずは鶴岡八幡宮に。30年を経て、セピアの想い出が次々とよみがえって・・・・・こない。な、何だろうこの違和感は。
鎌倉という町は隅々までものすごく整備が行き届き美しい。清掃も自転車しか走らないような道でもゴミがない。住民や行政の質の高さ、意識の高さによるものだと本当に感心した。本当にすばらしい。

Omikuji Kenchoji
縄におみくじを結べば木の枝などより後始末が楽ですよね。 巨福山(こふくさん)建長寺の三門。臨済黄檗禅のサイトを見るとうちの近所のお寺がずらり
Manjiike Jizodo
その形の通り卍池 地蔵堂周辺の整然と並ぶ石仏。この数だけ、それ以上、思いや願いがある。

じゃあ違和感ってなんなのさ。“彩色と整備された美しさ”のせい、と言ったら贅沢かしら。新しく想い出を作るには良いだろうなと思うのですが、自分のセピア色の想い出を美しい色で塗り直されるたびに想い出が塗りつぶされるよう。また、整然と並ぶ長谷寺の石仏さんたちも30年前はこんな規格品が定規で測ったように並べてはなく、観音堂への坂道の脇にあって、坂を登る人たちに何かを伝えようとしているように感じました。

Kyogura_hase Kyogura_soto
経蔵。グルっと廻せば全部のお経を読んだのと同じことに!? 経蔵の軒。この前の展望台からは相模湾が一望される。

まあこういうことを言うのも贅沢で身勝手な話ですね。鎌倉の皆さんの努力でこんな美しく魅力的な形で歴史が保存されている町、国民の大きな財産だと思います。こんどは出不精な女房と二人でゆっくり回ってみようと思います。30年はあまりにも遠い日のことになってしまったのですね。

Photo:CANON PowerShot G9 ※写真をクリックすると画像が拡大されます。

|

« 紅葉燃え立つ禅寺・酬恩庵一休寺~一休さんのお寺/京田辺市 | トップページ | 「逆光」って仲間だったんだ~見えるモノが見えなくなって見えないモノが写る不思議な世界!? »

日本ひとり歩き~関東編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/9204754

この記事へのトラックバック一覧です: 30年前を思い起こしたくて鎌倉へ・・・でもセピア色のままがよかったかも(T_T):

« 紅葉燃え立つ禅寺・酬恩庵一休寺~一休さんのお寺/京田辺市 | トップページ | 「逆光」って仲間だったんだ~見えるモノが見えなくなって見えないモノが写る不思議な世界!? »