« 京都嵐山渡月橋の堰にみやこどり。だからぁ、「都をどり」じゃなくユリカモメ? | トップページ | ありふれた晩秋の彩りが芸術に、柿の活け花/京都化野(あだしの)念仏寺 »

しなやかな女性の手に子犬の人形・・・に思う/ACTY大阪大丸のディスプレイ

JR大阪駅前ACTYに隣接した地下街をいくと大丸の店内が見える。下の写真はそのディスプレイのひとつ。しなやかな女性の手に子犬(または子犬の人形)。こんなの見てると、女性が微笑みながら優しいまなざしで子犬を眺めている様子や、その女性の気持ち、子犬のふかふかした暖かみ、じゃれて遊ぶ様子など、次々に心地よい想像が心に浮かぶ。
Present

ここで組み合わせを変えてみましょう。
1.子犬がサソリや毒蛇なら・・・女性は薄ら笑いを浮かべた魔女のような女性。誰かをそのおぞましい動物で殺そうとしているのかも・・・なんて想像が浮かんできます。
2.じゃあ、子犬を持った手が毛むくじゃらの男の手なら・・・子犬を食ってやろうとする鬼?握りつぶされる犬の危機?ピンチの想像が。
3.では、毛むくじゃら男の手と毒蛇の組み合わせなら・・・こりゃなんじゃと考えている暇など無い。危機は自分に向かっている可能性が高い!すぐにその場を離れたくなります。
にたにたにた・・・・・・
大丸のショウケースを眺めて視線をを漂わせニタニタしてるカメラ下げたオヤジを見たら「早く家に帰んなよ」って声をかけてくださいね。( おいっ!引くなぁーっ!)

|

« 京都嵐山渡月橋の堰にみやこどり。だからぁ、「都をどり」じゃなくユリカモメ? | トップページ | ありふれた晩秋の彩りが芸術に、柿の活け花/京都化野(あだしの)念仏寺 »

都市風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/9342373

この記事へのトラックバック一覧です: しなやかな女性の手に子犬の人形・・・に思う/ACTY大阪大丸のディスプレイ:

« 京都嵐山渡月橋の堰にみやこどり。だからぁ、「都をどり」じゃなくユリカモメ? | トップページ | ありふれた晩秋の彩りが芸術に、柿の活け花/京都化野(あだしの)念仏寺 »