« 少年の日、爆走機関車はパワーの象徴だった・・・梅小路蒸気機関車館/京都市 | トップページ | 往馬大社(いこまたいしゃ)~生駒山の麓で「イコマ」について考える/奈良県生駒市 »

大宮跨線橋(こせんきょう)と言うらしい京都駅西の線路をまたぐ古~い橋(大宮通:八条-梅小路)

跨線橋(こせんきょう)~またぐ・線路の橋というそのまんまの意味の橋です。京都市の東寺から梅小路蒸気機関車館へ行く途中で「エラく古い橋やなあ」とカメラに納め帰ってきてから調べました。インターネットは便利なモノで「大宮通 橋梁」でちゃんと出てきました。※写真をクリックすると拡大表示します。

Omiyakosen2
これでもか!というぐらいリベットが打ちまくってある。フェンスで入れない橋下には歩行者用の階段が。
Omiyakosen1
今時こんな仕様の階段は無いですよね。橋よりも最初に、この歩行者階段がすごく気になりました。

近代化遺産って感じがしませんか。そのものですよね。昭和10年頃に作られて、この上大宮通りには市電も走っていたそうです。

Omiyakosen4 Omiyakosen5
白壁の道路トンネルが東海道線,
山陰本線をくぐります。コレも古そう。北方向(京都市中心部)を撮影しています。
宮崎駿監督初期の作品「未来少年コナン」のインダストリアでコナンが閉じこめられた部屋ってこんなでは? 

戦争前のインフラがこうして京都市の主要部(大宮通:八条~梅小路)の交通をしっかりカバーしているというのはすばらしいですね。

 

大宮跨線橋(京都市)梅小路公園側から東海道線方面
北側は、梅小路公園。穏やかな日には、ここのベンチに座ってひっきりなしに通る電車を眺めているのも良いかも。

別に京都でなくても、こうした“近代化遺産”みたいなものが、よく見たら土に埋もれかけたり、新しい構造物と融合していたり、あるいはそのままペンキを何重にも塗られて使われていたりしているのではないでしょうか。マイブームの近代化遺産探し、ちょっとした都会のトレジャーハンティングです。

Photo:CANON Powershot G9, RICOH Caplio GX100 ※写真をクリックすると拡大表示します。

|

« 少年の日、爆走機関車はパワーの象徴だった・・・梅小路蒸気機関車館/京都市 | トップページ | 往馬大社(いこまたいしゃ)~生駒山の麓で「イコマ」について考える/奈良県生駒市 »

都市風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/10159847

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮跨線橋(こせんきょう)と言うらしい京都駅西の線路をまたぐ古~い橋(大宮通:八条-梅小路):

« 少年の日、爆走機関車はパワーの象徴だった・・・梅小路蒸気機関車館/京都市 | トップページ | 往馬大社(いこまたいしゃ)~生駒山の麓で「イコマ」について考える/奈良県生駒市 »