« 「つるの子大豆」って何だ?~遠い静岡フカザワ食品の豆腐が食べたい! | トップページ | 古都に漫画の殿堂~京都国際マンガミュージアム/中京区烏丸御池上ル »

日時計で考える地球の大きさ~けいはんなプラザの巨大日時計/京都府精華町

関西文化学術研究都市構想の中心的施設としてけいはんなプラザ があります。今、けいはんなプラザも民事再生、また同地域には500数十億円の建設費と年間10億を超える維持費問題などで有名な「私のしごと館」もあり、明るい未来のがっけん都市を夢見ている地元住民としては少々寂しいニュース続きの昨今です。
さて、下の写真はけいはんなプラザの巨大な日時計です。平成完成当時は日時計の4千平米に近い文字盤の面積でギネスにも載ったそうです。(場所) ※写真をクリックすると画像が拡大されます.

Hidokei_zentai
けいはんなプラザ日時計の全景。文字盤の面積は3,878m2あり面積では世界最大級。向こう側左手に見えるのは国立国会図書館、右はATR国際電気通信基礎技術研究所

上の写真でもわかるように、その広い文字盤は複雑な形をしています。下の図のように3つの平面から構成されていて、一番外側の文字盤はご当地京都なのですが、他の2面は遠く東西に離れた宮古市佐世保市の地面を表しているそうです。

Hidokei_setsumei
日時計の説明パネルより。京都の平面Aを基準にすると、B,C面は外側に何度かせり上がっている。

何を表現しているのか??? 文字盤はそれぞれ中心部からせり上がって傾斜をなし、12時の位置は京都に対して外側を向いています。つまりこれを地図の順で並べると、逆になるので・・・・・ その3地点に人が立って真北を向くと・・・・ 京都の人に対し、宮古、佐世保はカラダがそれぞれ外側に傾き、かつ、真北のつもりが皆ちょっとずつ内側を向くよ(ややっこしい)・・・と言っています。
デカいドッジボール、北半球という球の上に立つので、まっすぐ立っていると思っても(もちろんまっすぐ立っているのだが)、みんなを同じ場所に持ってくるとなんとみんな傾いているじゃん! また、北極を向いている人を北極上空から見ると、平行に立ってるのではなく皆北極という円の中心を見ているという訳です。

日時計の針は北極星を指す Hidokei_plaza
日時計の針。その指している方向は北極星。地球の回転軸の中心だ。 3つの平面が傾斜している様子。手前は西方佐世保市の地面。

狭い日本がネットの普及などでますます狭く感じ、全く同じ時間で同じ平面で動いているように感じます。地球という巨大球体の存在を意識していません。かろうじてこの冬の早朝、日本各地TV中継で順番に見ると明るさの違いから自転の速度を感じるくらい。また北!という方向は皆1点を指せても、南!という方向は皆違う方向を指す。
日常の四角い地図の世界と、実際の球体上の世界。たまにはその違いを改めて考えてみるのもおもしろいモノですね。

Photo:  RICOH Caplio GX100 ※写真をクリックすると画像が拡大されます.

|

« 「つるの子大豆」って何だ?~遠い静岡フカザワ食品の豆腐が食べたい! | トップページ | 古都に漫画の殿堂~京都国際マンガミュージアム/中京区烏丸御池上ル »

関西ひとり歩き~京都(京都市以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/9839012

この記事へのトラックバック一覧です: 日時計で考える地球の大きさ~けいはんなプラザの巨大日時計/京都府精華町:

« 「つるの子大豆」って何だ?~遠い静岡フカザワ食品の豆腐が食べたい! | トップページ | 古都に漫画の殿堂~京都国際マンガミュージアム/中京区烏丸御池上ル »