« 絶品!京都の菜奈良漬け?「都錦味醂漬」~田中長奈良漬店/京都市下京区綾小路 | トップページ | レトロモダンか単に古いだけか・・・こんなの普通にあったっけ「〒マークの瓦」の郵便局~京都府城陽市 »

京都市内のレトロモダンな建物2棟~西本願寺ちかく(東側)

京都の裏通りを歩いているとけっこうつぶれかけの瓦屋が多いことに気づく。華やかな観光地京都と古さを重ねる町京都の谷間で人知れずつぶれていく・つぶされていく建物もきっと多いのではないでしょうか。西本願寺東側の細いとおりで見つけた3つの建物を掲載します。(場所) ※写真をクリックすると拡大表示します。

Rimg1444
油小路七条上米屋町。まさにたぶん取り壊し工事中。本願寺関係の建物のよう。左の工事車両は切り返しを繰り返しながら出ようとしている。右にも3台ほど車両があって撮影できない。
Rimg1450
「オールウェイズ3丁目の・・・」に出てきそうな建物。丁寧にリニューアルされシッカリ現役 (同じく米屋町)

最近、産業遺産ではないがこういう古い建物に興味がある。まだこんな建物を見ても「見たこともないぐらい古いなあ!」とは思わないが、着実にこうした建物は姿を消している。京都は歴史もあり空襲も無かったおかげで、けっこう昭和初期頃の建物が多く残っているようだ。

Rimg1400 Rimg1409
工事用の白塀で遮られている正に取り壊されようとしている中学校校舎
「成徳中学校」だろうか・・・このホームページには蔦が絡まる現役時代の校舎が!緑の蔦がステンドグラスのよう

子供の頃には普通にあった建物で、古くなったし珍しくもないからどんどん無くなっていってあたりまえ。なくなりきったらただ忘れ去られるだけ。颯爽と市中にデビューした頃はきっと羨望の的、多くの夢や楽しみを包んできた建物なのだろう。先にアップした奈良女子大の建て替え問題のように、我々古い人間のノスタルジーなのか?文化遺産なのか?はたまた若い次世代のためにはどうなのか?・・・ 残せば金もかかるし危険性も増す。やっかいな古ぼけた建物たちは今日も都市の空間からひとつまたひとつと消え去っていく。※写真をクリックすると拡大表示します。

|

« 絶品!京都の菜奈良漬け?「都錦味醂漬」~田中長奈良漬店/京都市下京区綾小路 | トップページ | レトロモダンか単に古いだけか・・・こんなの普通にあったっけ「〒マークの瓦」の郵便局~京都府城陽市 »

近代遺産みてある記(産業・文化・軍事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/10555005

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内のレトロモダンな建物2棟~西本願寺ちかく(東側):

« 絶品!京都の菜奈良漬け?「都錦味醂漬」~田中長奈良漬店/京都市下京区綾小路 | トップページ | レトロモダンか単に古いだけか・・・こんなの普通にあったっけ「〒マークの瓦」の郵便局~京都府城陽市 »