« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

ブログ手芸作品展示会 ・・・ ウチのおばば(80歳)の手芸作品集 

こういうのが好きで、人の作品をジッと見てきては記憶と工夫で徹夜してでも翌朝にはコピーして作っているおそるべき80おばば。自分の母親ながらちょっと頭が下がる思いがする。

Dsc_6373
↑梱包用の平ヒモで作った動物やカゴ
Dsc_6374
↑これとは違うが、一枚の紙から何個もの折鶴を折る連鶴が得意
Dsc_6379
↑これは手編みですが、編み機は30代に習得、昔人に教えておったなぁ。
Dsc_6380
ビーズも大好き、おばばの部屋にはビーズゴミ?が散らばりまくっている(-_-;)
海外旅行にはいつも織ツルや連鶴を携行し、外国でばらまいて結構ウケまくっているらしい。なんぼ歳をとっても「あたしゃもう歳だから・・・」と言ったら終わりですねぇ・・・。happy01 [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Mocoji file.13]今日のモコジ~トイプードルのMOCO次郎 クルマで公園へいくぞ~の巻

いままで全く関心もなかったのに、気がつけば春の公園は犬のお散歩だらけ。ああ、公園って子供が遊ぶところだとばかり思っていたけれど、犬が(あるいは犬と)遊ぶところだったんだ・・・とさっそく我が家も愛犬モコジと公園へ。 ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_6178
「お~い、早く出せよ~っ、出さんかい!」  モコジ専用シート
Dsc_6188x
出さんかったらこうや!咬んだるでぇ~!ガブッ
Moco01
Moco03
さっさと出しゃええのよぉ
そうすりゃええ子なんよぉ
Moco02
ほ~ら、お手だってお手のモノさ。ああ、かわゆいでしょ。

まだ仔犬なんでトリミングもまだだけど、こうして公園をあるいてみると、ライオンみたいなボサボサモコジを見てこざっぱりと散髪したプードルたちが「ふんっ」って感じでおすまし汁だ。う~ん、次回はトリミングモコジだ!。catface
PHOTO* Nikon D60 + SIGMA DC OS 18-125mm F/3.8-5.6 HMS [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

《野鳥図鑑》ルリビタキとシロハラ (だと思います) ・・・金閣寺境内にて/京都市北区

金閣寺って季節と時刻によっては(お下品なくらい)やたらド派手にギラっとキンピカな時があります。でも今日の金閣寺はなんかノッペリした感じであんまり写真にしたいと思わなかったので、今日は金閣寺境内の鳥を撮ってきました。

Dsc_5960x
↑このルリ色、ルリビタキ(オス)ではないかと思います。スズメ目ツグミ科
Dsc_5963x
↑こっちを覗きこんでいるよう。このポーズなかなかかわゆい
Dsc_5982x
↑シロハラ(同じくススメ目ツグミ科)
Dsc_5942x
「日本で越冬するものは春になると北方の繁殖地に戻る」とある渡り鳥
Yahooのデジタル図鑑で自分で調べたので鳥の名前はウソかも・・・。happy01 PHOTO* Nikon D60 +  AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G  [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (2) | トラックバック (1)

京都・桜の名所平野神社で・・・桜に紅葉の不思議かな

京都の桜の名所の一つと言えば、ここ平野神社(京都市北区)、梅の北野天満宮の西側にあたります。でも、こりゃ桜じゃなくて紅葉じゃん!って話・・・。

Dsc_6016x
境内には50種類の桜が咲くといいます。これはしだれ桜のサキガケで一番目立ちます。
Dsc_6006x
向こうの紅白はずらっと並ぶ花見席、こちらの桜はまだまだだ
Dsc_6046x
桜を撮っている若い女性を撮るのは悪趣味?

てなことをやって遊んでいたら・・・何やらざわめきと人の集まりが移動してきたよ・・・・・

Dsc_6072
あー、顔を真っ白に塗っているけど志村のバカ殿ではないですよ。
Dsc_6076x
う″っ!この顔のパーツが大きい人・・・テレビで見たような気がする
まだ少ししか咲いていない桜の中を行くこの女性、なかなか桜にはたとえがたいがこの眼は威力が相当ありますね。京都でまた不可解な事件が起こるのか?happy01 PHOTO* Nikon D60 +  AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G  [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

法観寺(ほうかんじ)八坂の塔・ライトアップと無料公開 あ~ハッピー!

最近ネタ切れか?う~ん、でも日本の塔大好き人間にとっては、やっぱアルバムに載せておきたい八坂の塔(法観寺:ほうかんじ)。ラッキー!夜間公開なのですよ。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_5813

さすが京都のランドマーク、一段と存在感を増す夜の姿!

Dsc_5821
塔の扉もオープン。近くで見るとヤッパでかいわ、八坂の塔
Dsc_5828x
清水坂のバス停から八坂道を上がり塔を越えて清水寺へ
この抜群の存在感。ウィキペディアによれば、現在の塔は足利幕府六代将軍義教により再建されたものだそう。戦国時代の支配者がここに旗をあげて誰が支配者かを示したとある。やめて頂戴ね!そんなことは。平和に暮らして安らかな気持ちで塔を見あげましょう。happy01 PHOTO* Nikon D60(手持ち撮影) + TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 DiII + SIGMA DC OS 18-125mm F/3.8-5.6 HMS  [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (1) | トラックバック (1)

春の陽ざしに輝くコブシの白がまぶしい! ・・・ モクレン科モクレン属/京都梅小路公園

こういう季節、ピンク色の桃や桜も良いものですが、私のように清潔感あふれる真っ白のコブシも春の色に欠かせません。 ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_5449x
コブシの白が輝いているよう
Dsc_5467
公園は花盛り!平和な雰囲気に包まれる
Dsc_5471
Dsc_5498
ああ、あんなことしたなぁ(懐かしい)
小さな子供連れの家族がいっぱい
Dsc_5506
雲ひとつない青空のキャンバスに描いた白い花の絵

気候も良かったし、しっかり充電した気分です。平和な「空気」を満喫しました。catface
PHOTO* Nikon D60 + TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5+ AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《野鳥図鑑》桜でヒヨドリ、柳でヒヨドリ、あ~、たまヒヨドリ

こいつデカくて、しかもわりと近くに寄ってくるのでついつい写真を撮ってしまう。ヒヨドリなんて珍しくないし、インターネットでいくらでも絵が出ているのでそれを見ればいいじゃない・・・って、やっぱり自分が見て撮ったヒヨドリの姿を残しておきたいんだなぁ・・・これが。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_5453x
桜の鳥かごにヒヨドリ。白いのはこぶしの花
Dsc_5559x
柳のカウチにヒヨドリ / 梅小路公園
 Nikon D60 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G  [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

毎月21日は東寺縁日「弘法市」 露天千店以上 ・・・ 雑貨・古道具編 /京都東寺(教王護国寺)

毎月21日は有名な東寺(教王護国寺)縁日(弘法大使の亡くなられた日を期して)前回は「ファストフード編」だったが、今回は外人さんいも人気の「雑貨・古道具編」。こうして撮った手芸作品を部分切出ししてケータイメールで実家の80歳のお婆に送ったりします。気に入ったら徹夜して次の日には真似してこさえてます(^-^;。 ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_5334x
こういう何にも役に立たない(失礼)もの、ウチのばあちゃん作るの大好き!
Dsc_5391x
Dsc_5404x
アジサイもそう遠くないですね・・・
そうそう風鈴だってすぐに要るよ。
Dsc_5341x
古道具ではないけど古道具っぽい雰囲気がそそる。文字盤は漢字。
Dsc_5366x
Dsc_5321x
風呂屋のげた箱のカギなど
こういうのもある。誰が買うの?
Dsc_5372x
つまらない(失礼)アクセサリーも集まればなんかきれいです。

古い看板なんか誰が買うのか???と一瞬思ったけど、そういえばアメリカなどのナンバープレートや国道サインなどを買ってきて家に飾ってる人結構いますよね~。軍艦の主砲の前で何百にかの乗組員が写ってるモノクロの記念写真なんかもありましたcatface
PHOTO* Nikon D60 + TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

毎月21日は東寺縁日「弘法市」 露天千店以上 ・・・ ファストフード編 /京都東寺(教王護国寺)

毎月21日は有名な東寺(教王護国寺)縁日(弘法大使の亡くなられた日を期して)となっていますが、何よりその露店の数と規模には驚くばかり。骨董、和服、アクセサリ、特産品、植木に占い・・・なんでもありの1200を超える露店がひしめき合います。その中からファストフードをピックアップしてみました。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_5313_1
広大な境内が縦横幾筋もの露店商店街に。国内外の観光客でごった返す
Dsc_5308x
写真も下手だが、屋外で嗅ぐあのなんともいえない匂いが刺激ですよね!

やはりあのざわざわした縁日の縁日の雰囲気と、団子、醤油、砂糖、魚、肉などの焼ける匂いが日本人の食欲というか心の高揚というか誘ってしまいます。外人さんはどうなんでしょうね。

Dsc_5363x2
Dsc_5379x
この匂いも想像してください
モツ煮も絵だけみると?
Dsc_5356x2
Dsc_5348x2
イワシ、やっぱ写真だけでは怖いかも
あの鉄板の油っぽい香りが・・・
Dsc_5367x
え~、これはちょっと香りが湧いてこないですが・・・おもしろそうだったので。

こういう縁日型の日本ファストフードは買って帰るものじゃないですよね。食卓で「いただきます」しても「な、なんかおいしくないよね」って感じ。バーベキューも同じかな。外の空気と雰囲気が何にも勝る調味料なのかcatface
PHOTO* Nikon D60 + TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (0) | トラックバック (2)

嗚呼オヤジ一人、場違いな夜の京都東山灯篭の道を行く ・・・ 京都東山花灯路2009

今夜の京都は結構な人出だった。3月の連休真ん中の日ライトアップされてイベントもあって。そんな中、コンビニのおにぎりを暗闇でかき込み足早に歩きまわるオヤジの姿があった。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_5866x
自分的には「京たこやき」ってハァー?つう感じですが・・・雅な味がするのかな
Dsc_5827
昼間何度も歩く二年坂から三年坂、でも夜でもないとオヤジは振り向かない
Dsc_5841
Dsc_5845
知ってる店も夜の方がきれい
やっぱデートなら夜の方に一票
Dsc_5844
こんなの売ってるんだろうか?

うん、やっぱりこういう場所は似合わねぇ。何となく写真撮ってても気が乗らないし、込み合う場所で三脚立ててるカメラマン見ると自分が写真を撮る気がしなくなる・・・気まぐれな性分です。さっ、家に帰ろうcatface
PHOTO* Nikon D60 + TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「オヤジ!サボッテンじゃねぇ。トゲ突き刺すぞ!」 いかつい外見よくみりゃ美形のサボテン君

トゲトゲと近寄りがたさ身上のキャラ・サボテンなのでそんなに近寄ってじっくりeye見たことがなかったが、見るだけなら痛い目を見ることもない。よく見るとコイツ結構セクシーlovelyだ。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3832
やや透明感のある白いトゲ(赤っぽいのもいるが)が輝いて美しい
Dsc_3828x
あまり考えずに「花をデザインしてみました!」っていうテキトーさ?が良い
Dsc_3830
Dsc_3836x
ひしめき合うがお互い痛くない?
亀の手?
Dsc_3825v
モッコリとセクシーなたたずまい。一番痛そう・・・

なんかコイツも乾燥大地で一所懸命punch生きてるって感じが良いですよねー。トゲトゲとした言葉ばっか吐いて嫌われてるオヤジもいるけど、トゲトゲで弱い身を守り続けていないと生きていけないのですよねーweep
Nikon D60 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇治川遊歩道からちょっと奥まったところにある赤レンガの発電所・・・関西電力宇治発電所(大正2年竣工)

先に紹介した興聖寺宇治市)の駐車場の土手を下ると、そこには幅数mmの水路が琵琶湖からの水を流し続けている 。水路脇は通行路になっているがここは関西電力の敷地で進入禁止。興聖寺の土手の上から上流を見ると関西電力宇治発電所(水路式)の建物が見える。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4834x
明治41年着工大正2年竣工。琵琶湖の水から電気を作り出す!
Dsc_4840x
宇治に遊歩道から入り込み人目をはばかるように建つ赤レンガ造り。
この風景も新緑の頃以降では葉っぱにさえぎられて見えないかもしれない。宇治川の遊歩道からは曲がった谷間の奥で見えないこの建物、観光地図には載っているが見たのは今回が初めて。ブ~ンというあの変電所などで聞かれる低いウナリが電気を感じさせるが、水の音以外は実に静かなたたずまいである。 PHOTO* Nikon D60 + SIGMA DC OS 18-125mm F/3.8-5.6 HMS  [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

畑の春で採れる春 ・・・ ブロッコリ、紅菜苔、ネギ畑

畑で採れる春を探してみました(明日香村)。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4937x
ブロッコリー畑、まだ少し寒い頃から良く採れます。摘むとまた横から出てくる
Dsc_5049
明日香村ののどかな田園景色(鬼の雪隠あたり)。
Dsc_5057
紅菜苔(コウサイタイ)?食用の中国野菜か
Dsc_5060x
ネギ・・・うまいねぎは柔らかくて甘みがありますよね~
春の畑は冬を越した爽やかさみたいなものを感じます。これからあのジリジリ暑い茂りまくる夏野菜がガンガン育ってきます。我が家のミニ菜園もブロッコリひととおり収穫したら夏野菜の準備に入らねば。 Nikon D60 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G  + SIGMA DC OS 18-125mm F/3.8-5.6 HMS [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真昼間の地下鉄の駅にて

今日は現場撮影のお役目があったのでカメラを持参して現場に出張した。電車もすぐ来ないし暇だったのでカメラを振ってみた。ファインダーのなかには極めて無機的な地下鉄の駅、明かりも少し薄暗い構内にちょっと異質な(たぶん)若い女性の足が飛び込んできた。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_5075x
もちょっと寄りたい・・・でも、地下鉄のこういう雰囲気、これ絶対盗撮と間違われるよな・・・。1秒迷ってすぐにカメラをバッグにしまった。あ~、何か悲しい昨今の巷である。 PHOTO* Nikon D60 + SIGMA DC OS 18-125mm F/3.8-5.6 HMS  [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

琴坂を登れば宇治の禅道場 ・・・ 曹洞宗・佛徳山興聖寺/宇治

世界遺産宇治上神社から少し宇治川沿いの道を川上へ400~500m行くと興聖寺への参道「琴坂」、秋であれば紅葉のトンネルになるこの琴坂を200mほど登るとそこが禅道場佛徳山・興聖寺(こうしょうじ)だ。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4748y
宇治は紅葉の名所。秋だったら紅葉のトンネルになる興聖寺参道の琴坂
Dsc_4799
はらわたが無い?叩きすぎたか猫が食ったか?
Dsc_4770_1
Dsc_4792
回廊の格子窓から本堂の屋根を
旦過寮や衆寮と書かれた宿泊施設?
Dsc_4801
多くの方が参禅会や研修などで訪れるのでしょう。回廊とゲタ箱
座禅というのは一度もやったことがない。五十を越えてもとかく迷いの多い我が人生、座禅でも・・・と思う暇もなくカメラ持って走り回っている。だって、座禅組んでたら座禅してるところ撮れないじゃ~ん(゚▽゚*)
PHOTO* Nikon D60 + SIGMA DC OS 18-125mm F/3.8-5.6 HMS + TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

《野鳥図鑑》カワセミ発見に気を良くして ・・・ ハクセキレイとモズ/明日香村

明日香村散策で生まれて初めてカワセミを発見!気を良くしたオヤジは、そこでchickバードウォッチしてたお爺さんから「甘樫の丘駐車場でジョウビタキとメジロを見たよdelicious」という情報をゲットしさっそくそちらへ向かった。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4923x
道端のハクセキレイ (だと思います) 素直に素人です!
Dsc_4982x
こずえのモズ (だと思います) 素直に素人です。
残念ながらジョウビタキとメジロにはお会いできなかったものの、よく見かけるセキレイとくちばしの先がクイと曲がったモズ君にお会いできましたheart04。モズっちゅうと「早贄(はやにえ)」、我が家の庭はカナヘビ君が多数生息するためか、植木に串刺しになった悲惨shockな姿をよく目にする。モチロン犯人はこのモズ君だ。 Nikon D60 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G  [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

《野鳥図鑑》これってたぶんカワセミ?ですよねー ・・・ 明日香村のため池

「カワセミなんて行くとこ行かないと見れない」と思い込んでいた私。たまたま行くとこ行ったのか、どこにでもいるのか、それらしきものを見た!明日香村のため池の横を歩いていて「なんか青い鳥がいるよなー、幸福の鳥だよなー、あれっ?」ってな感じ・・・ですか。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4900x
きれいな青い色、ある意味かなり浮いているカラーリング
Dsc_4901x
おおっ!ダイビングしたぞ!このダイブ2,3度繰り返した。
Dsc_4908x
やっぱ図鑑で見たカワセミですよね~
感じで書くと「翡翠(ひすい)」で宝石の名前。渓流の宝石とも呼ばれるようだけどここはため池。そこそこ距離があったんでこの程度にしか写らなかったのがちょっと残念。でもこの歳になるまで見えなかったものが意外なところで見えたので大収穫な休日でした。 Nikon D60 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G  [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日は寒いので堤防で耐えます!宇治川の寒鳩

平等院のすぐ北を流れる宇治川の中の島を歩いていてこんな↓集団を見かけた。この日は午前中が雨10度、午後晴れて逆に気温が数度に下がって寒くなってきた。鳩も日当たりの良い堤防で寒い風に耐えているようだ。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4853x
「あんましサブいときにゃぁ動かねぇのが一番さ」と鳩のボスが語ってくたら
Dsc_4847x
Dsc_4733x
平等院の屋根あんなに湾曲してる・・・
卒業旅行か?あし寒いっしょ
宇治の中之島、ここはでかい川のど真ん中で吹きっさらしなので時折ビゥビゥ風がきつ過ぎ・・・両岸はそうでもないので、さっさと退散しまひょ。
Nikon D60 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G   [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お稲荷さんで見つけた明治40年の名簿 … 縣神社(あがた)/宇治市

神話に名高い木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祀る」・・・とありますが、すいません!名高いこのヒメミコさんのこと知りません。宇治市平等院の近くにある縣(あがた)神社です。(本殿は改修中でした)  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4667
Dsc_4662
縣神社にある稲荷
え~と、これ何?
Dsc_4664
明治四十年有志一同の御名前が記された名簿 当時の名前がよくわかる
画像クリックで拡大表示しますが、名前はちょっと見えにくいかもしれません。明治四十年の名前は「吉」「郎」「助」のオンパレード、女性はカタカナ2文字。現代のバリエーションと比べると、それそこ時代劇で一般的なお名前ばかりである意味違和感ありません。イロハ順というのも渋いです(?) 今「イロハ順に整列!」とか言われたらきっと大混乱ですね。あー、またくだらないこと考えてしまったcatface
PHOTO* Nikon D60 + TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 DiII  [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツッコミ不要の大ボケが綺麗です ・・・ 平等院/宇治市

「なぁ~にゆぅてまんねん!」「あんた、ボケる前にツッコミ入れてどないしまんねん!」というボケではおまへん。でっかい木瓜(ボケ)の株が宇治の平等院にあり、今丁度こんな↓感じで良い雰囲気でおます。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4671x
宇治の平等院にて~でっかいボケの木は真っ赤っか
花を撮ろうと思たんだすが、ツボミもなかなかきれいだっしゃろ?このまぁるい紅色の塊がおてんとうさんにキラキラ輝いているようで生命観いっぱい感じます。 PHOTO* Nikon D60 + TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 DiII

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Mocoji file.12]今日のモコジ~トイプードルのMOCO次郎 遊び疲れて・・・

モコジ寝ています。こんな寝像は可愛い方で、時々「こいつ野生動物の本能を完璧に忘れとるなぁ」と思うほどの無防備な寝像でビックリするときがあります。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4638x
子供もそうやけど、寝ている時は余裕をもって「可愛いなぁ」と思える
まあ、でも最近パワーが付いてきてケージで飛び跳ねまくるわ、声はでかくなるわ、散歩も相当引きずり倒してもヘバらんわ・・・張り合ったら年寄りは勝てまへんかぁ・・・って犬と張り合うなっつぅのwobbly。 PHOTO* Nikon D60 + SIGMA DC OS 18-125mm F/3.8-5.6 HMS

| | コメント (0) | トラックバック (1)

JR新田駅(しんでん) ・・・ JR奈良線/宇治市

JR奈良線は京都駅(もちろん京都市)と木津駅(京都府木津市)を結ぶ鉄道。あれっ?奈良線というのに奈良駅を通っていない?奈良県内すら通っていない?京都府南部の路線なのです。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4644
駅舎の前にシンボルっぽい巨大な銀杏の木がある。ならソレ写せって(^v^)
Dsc_4648
向こうは奈良方面だけど、奈良の手前木津駅までが奈良線になる。
Dsc_4650
向こうは、宇治-城陽-京都方面。この日も宇治へ行くのに近鉄から乗り換え
自分にとって特別な駅ではないのですが、昔小学校の時、近所のこんなローカル駅の清掃を小学生が交代でやっていて、ちょっとそれを思い出しました。JR関西線の井田川駅でしたね(゚▽゚*)。 PHOTO* Nikon D60 + TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 DiII 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サトイモ科の熱帯植物

水芭蕉の花のような特徴をもった種類の植物はサトイモ科。温室の中にも大変美しいサトイモ科系(と思われる)の植物を見つけたのでアップしてみた。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3793
なんともいえない美しい色だ
Dsc_3867
水芭蕉はもうちょっとごつい。街中でもこういうのを見かけた気がする。
Dsc_3794
こちらは紅色。地下の茎は食べられるのだろうか?
水芭蕉の説明を検索すると「花のように見える部分は葉の変形したもので中央の棒状部分が花の集まり」のようなことが書いてある。誰がこの植物をデザインしたか知らないが、この意匠はけっこう秀逸だと思う(゚▽゚*)。 Nikon D60 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G

| | コメント (3) | トラックバック (0)

[Mocoji file.11]今日のモコジ~トイプードルのMOCO次郎 スタジャン颯爽お散歩デビューだぜっ!

甘えん坊でめちゃめちゃ人懐っこい愛犬モコジ。散歩に出てもご近所のおばさまが愛想してくれると、もう嬉しくて嬉しくてたまらない、絶対番犬には向かないヤツなのだ。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Mco06
コヤツまだ少し拾い食いの癖がある
Moco05
こういう格好をすると「おっ、男の子だ」と思ってしまう。
Moco03
家の中では大きくなったように見えるが、外の出すとまだまだ小さい幼犬だ。
でも最近、ほったらかしにしておくとキャンキャン!クゥ~ンクゥ~ン!とうるさい。すぐ相手をすると鳴きぐせがつくのでグッと我慢…我慢・・・我慢・・・うううっ!してんだけどルセーッ!つぅのwobbly。 PHOTO* Nikon D60 + SIGMA DC OS 18-125mm F/3.8-5.6 HMS

| | コメント (2) | トラックバック (2)

顔色の悪いカエル・・・いや、顔が緑色なのは普通でしょ(-_-;)

「顔が青いよ」っていうと何となく血色がなく真白に近い状態だけど「青い」という。そう言われれば青かもしれない。山が青い緑が青いは「緑色」のこと。なんで、こいつも青い顔してるわけだ。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3783x
京都府立植物園の温室にて
タッドポールはオタマジャクシだったけどカエルはフロッグ。ブッシュが「Show the flag (態度をハッキリさせろ)」って言ったのを「ショウ・ザ・フロッグ おやカエルだよね」と茶化して見せた首相がいたけど、あたしゃ「小学一年生(小学館)」のフロクが待ち遠しかったもんだがねぇ。  Nikon D60 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性のラインが呼び起こす精神作用を真面目に考え・・・てないかもしれないけど・・・

妙にリアル。3月で暖かくなったとはいえ、この姿で公園に立ち続ける姿に「少し気の毒だなぁ・・・」と感じるのは自分だけだろうか。う~んそれと、「これが銅像色じゃなくてもっと肌色だったら、眼のやり場に困ったりするかなぁ、あぁ、自分にはゲージツの感性ってないのかなぁ・・・」なんて考えながら像の前で口あけてポカンとしている昼下がりであった。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3886
京都府立植物園にて
Dsc_4334
花博記念公園鶴見緑地にて
ところでこっちは踊っている女性・・・に見える。上の像のようにリアルでなくても十分にそう見える。むしろ眼の端っこの法でとらえると「女性がいるぞ!」というアラームがより強く鳴り響くように思える。女性の美しいシルエットが引き起こす精神の興奮、女性そのものではなく「線:ライン」が起こしていることがなんか面白い( ̄▽ ̄)  Nikon D60 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《野鳥図鑑》またスズメ ひとから直接餌をもらう雀さんたち ・・・ 花博記念公園鶴見緑地/大阪市

良く慣れている公園の雀。まあ、餌を与える方も良く慣れているようで、用意したパン屑を手をいっぱいに伸ばし与えている。小さい雀は可愛いものだ。これが同サイズのハチだったりデカいコンドルだったりしたらこうはいかないだろう (って当たり前ヤロッ!)  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4385_1
Dsc_4401x
Dsc_4429x
Dsc_4427x
Nikon D60 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G  [画像クリックで拡大表示]

| | コメント (3) | トラックバック (1)

素人デジカメ実験室=「安いズームレンズの広角側は画質がイマイチ(-_-;)」なの?・・・(悲)

デジタル一眼(Nikon D60)買ってあと少しで半年がたちます。新しい発見ばかり勉強ばかりの半年、その分満足感も不満も迷いもいっぱい。今日はタイトルの悲しい現実をヤケクソ書きしてみます。私の常用レンズはSIGMAの18-125mmズーム、使いやすいレンジで大変気に入ってますが、広角端(18mm/F3.8)はうかつにシャッター切るとかなりガッカリさせられます。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4229
焦点距離18mm、絞りF8.0、ISO800、晴天 シャッター速度1/800

↑上の写真は手前の木にピントを合わせて焦点距離18mmで撮影したものです。この状態で絞りをF3.8(開放)、F8、F18と変えて撮影しました。ピントを合わせた部分を切り出しています。↓写真をクリックすると拡大表示しますが、そうするまでもなく18mm開放の写真はボヤッとした感じでピント感がありません。

Dsc_f38
Dsc_f80
焦点距離18mm 絞りF3.6(開放)
焦点距離18mm 絞りF8
Dsc_f18
Rimg4407x
焦点距離18mm 絞りF18
愛機 D60+SIGMA 18-125mm 3.8-5.6 HMS

この傾向は24mmぐらいまで見られますが、35mm以降はこんなに顕著には現れません。プリントほとんどせず、ブログにしか写真を使わない私としては35mm以上は問題なく使えております。これもあ~あ、というのが↓下の写真。ほぼ中央の少し小ぶりな山茶花の花にピントを合わせています。

Dsc_4475
焦点距離18mm、絞りF5.6、ISO800、晴天 シャッター速度1/640
Dsc_f382
Dsc_f56
焦点距離18mm 絞りF3.8(開放)
焦点距離18mm 絞りF5.6
↑これも2段絞ってやれば右の写真のように写真ぽくなりますが、開放F3.8ではトイカメラのよう。どこの本にも書いてあるように標準ズームの広角端は2,3段絞って、レンズの中央部だけを使うと絵が締まってくるといいます。でもこうハッキリと振舞われるとちょっと困惑。不景気の中ボーナスがちゃんと出たら、強化ポイントはこのあたりかな(^-^; PHOTO* Nikon D60 + SIGMA DC 18-125mm 1:3.8-5.6 HMS      [画像クリックで拡大表示]   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「桜咲く」合格電報だけじゃなく誰かに伝えたくなるそのメッセージ ・・・ 鶴見緑地公園

三月上旬だというのにもう桜が満開です。今日の陽気ならひと月早く花見でも4月の花見とそう変わらない雰囲気です。赤みが強い(色が濃い)のでソメイヨシノの種ではないようですが、景気の良いピンク色が3月の空を覆っていました。花博記念公園鶴見緑地(大阪市)  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_4288
そんない大きな木ではないが数本の桜が満開状態
Dsc_4277x
↑シートを広げて回りに立って・・・? いったい何をしている集団?
Dsc_4298x
普通の桜より少し濃いピンクとかなり濃いピンクの花が咲いている。
Dsc_4307
これ見つけたら誰でも写真撮って誰かに伝えたくなる。デジタル時代万歳
桜が咲いたぜっ!おっ、さっそく花見だ。支度しろいっ!「桜咲く」は日本人がぶっ飛ぶように動き始める春の相言葉なのですヽ(´▽`)/ PHOTO* Nikon D60 + NIKKOR AF-S NIKKOR 70-300mm 1:4.5-5.6G

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今宮神社門前名物あぶり餅、それを食う人描く人 ・・・ 今宮神社参道

集団で絵を描く人たち最近よく見かけます。実は自分も描いてみたい。「描けばいいじゃん」っていわれそうですが、一人ではなんかイヤだなぁ。シロシロ覗かれて、「アラ、結構な趣味ですね」って言われたらお愛想して・・・。だから仲間で描きたい。ところで何描いてんだろ・・・ 今宮神社(京都市紫野)門前にて  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3931
春になると路上に素人絵描きさんが増える。自分も描いてみたい・・・
Dsc_3921
今宮神社(京都市紫野)門前 あぶり餅の一和(いちわ)さん。
Dsc_3920
今宮神社参道反対側 あぶり餅のかさりやさん。扇風機で炭をおこす
Dsc_3928x
一皿500円 串1本に一個ずつ炭で焼いた味噌たれ味のお団子がさしてある
普通ここで食べるでしょ、一皿500円のあぶり餅。それをまた写真にとって「京都おいしいものレポート!」なんてブログに上げる。そういうストーリを想像して「むふふ」と笑っただけでオヤジはなぜか去っていく。電車賃がなくなっていたのだ・・・crying  PHOTO* Nikon D60 + NIKKOR AF-S NIKKOR 70-300mm 1:4.5-5.6G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花盛り!一気に春を味わいたいなら植物園行くにかぎる! ・・・ 京都府立植物園

やっぱり植物園でしょ。きっとあるはず春の花!ってなもんで、やってきました京都府立植物園。今日は草花系を見たいと思いやってきましたが、ふぅ~っ、大阪城公園の梅林と一緒でやっぱりどこへ行っても凄い台数のカメラですね。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3622
京都府立植物園の北門すぐの温室はあでやかな花のトンネル
Dsc_3656
このクロッカスは温室ではなく路地植え、かなりの数で黄色や紫、白の絨毯のよう
Dsc_3626
Dsc_3688
Dsc_3623
ほんの一部しか掲載できません。あとは壁紙だけど夏になるまでですね。
3月春なので、これからしばらくネイチャーシリーズで行ってみたいと考えております。でも3月じゃなくてもネイチャーはネイチャー・・・いっこも理由にはなっていませんが (*´v゚*)ゞ  PHOTO* Nikon D60 + Nikon AF-S NIKKOR 70-300mm 1:4.5-5.6G、SIGMA DC OS 18-125mm F/3.8-5.6 HMS

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《野鳥図鑑》梅にヒヨドリ(2) ムシ食って蜜しゃぶってお食事中

梅の木にメジロでもいないかと探していたら、またまたヒヨドリ。でも、よく見るとなんかくわえている。どこかでアブかハチでも捕らえたようだ。ヒーヨヒーヨと鳴き名前の由来ともなっているようだが、そんなことをしたら獲物を落としてしまうので鳴き声は封印しているようだ。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3745x
アブかハチを捕らえたヒヨドリ(梅の木の上で)
Dsc_3755
梅の蜜を吸うヒヨドリ。糖分も欲しがる性質のようだ。
Dsc_3758x
くちばしを花芯に突っ込んでいる。舐めてるのか吸っているのか?
結構甘党。ずっと飽きずに梅林をあっちこっち飛び回り蜜を吸い続けている。もっとも、それを下界で走り回って追いかけている暇なヤツもこれまた飽きないオヤジだ。こうやって一種類一種類追いかけまわし性質を知って・・・バードウォッチャーの気持ちちょっとわかってきたかも。メジロは何処ーッ! PHOTO* Nikon D60 + NIKKOR AF-S NIKKOR 70-300mm 1:4.5-5.6G

| | コメント (1) | トラックバック (2)

JR大阪環状線の線路の下 ・・・ 大阪市中崎町(大阪駅近く)

カギのかかったフェンスの右側がJR大阪環状線(天満側から大阪方面を見ている)。出張帰りの道すがら、ここで写真を2,3枚撮ってオフィスへ向かう。するとオフィス前のお歩道にクロのクルマが乗り上げていた。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Img_0670
JR西日本の敷地らしき隙間(右側:JR大阪環状線:内側)
Img_0671x_1
その反対側(大阪駅梅田方面を見る)。大観覧車も飾りにならない景色だ。
19歳少年の暴走車、57歳ウチと同じビルの男性がはねられて亡くなったそうだ。出張帰りにスナップ撮ってるノーテンキオヤヂもいれば同じ時刻にいつもの道で亡くなる方もおられる・・・ブレーキとアクセルの踏み間違い・・・たった10cmの違い・・・やりきれない。
PHOTO* CANON Powershot  G9

| | コメント (3) | トラックバック (0)

《野鳥図鑑》「20年で80%も減少した」と聞いて心配していたスズメ達 ・・・ 都会の雀/大阪城公園

立教大学の先生の研究で「この20年間に80%も雀が減少した」ということを聞いて、そういえば雀最近見ない(チュンチュン聞かない)かも・・・と心配になった。ところが大阪城公園を歩いている時、あのうるさいばかりのチュンチュンが聞こえて、近寄ってみると・・・。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3390x
おお~っ、ぽっこり膨らんだ冬雀さん。
Dsc_3386x
おるおる!チュンチュンが重なってジュンジュンと聞こえる、なんと賑やかなこと。
おるわおるわ。最近はゴミをあさって食い散らすカラスの数が増え雀のひなを食っとるんだそう。冬の田んぼにおおびただしい数の雀。パチンコ持って追い回した、幼い日の可愛いボク・・・。アレ、からすだったら逆に襲われてたかもなぁ。そういう問題か?  
PHOTO* Nikon D60 + Nikon AF-S NIKKOR 70-300mm 1:4.5-5.6G 大阪城公園

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なんでやわからんこともないけど、漬物・ゼンザイ・わらびもち ・・・ 東山二寧坂/京都市

京の街もだいぶ暖こうなりましたなぁ。こんな古い寺社の並ぶ観光地に寄せてもらいますと、なんやこういう↓モンよぉ見かけはりまへんか?なんで、ホットドッグやフライドポテトやのうてわらび餅・・・?  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3496x
こういう観光地ではおなじみの・・・ファーストフード

なんか、似合ぅてるよ~な、全然関係ないよ~な。でもUFJやオリエンタルランドみたいに、バーチャルでも嘘っこでも、ちょっとの間ぁ非日常して皆さん満足してお帰りになります。

Dsc_3507
Dsc_3503
舞妓はんに変身!坂は辛そうどす。
ここにもいたぞ!ねこすけ
京都は街をあげて「平安テーマパーク」なんどすなぁ。ほんによろしおすなぁ。 PHOTO* Nikon D60 + Nikon AF-S NIKKOR 70-300mm 1:4.5-5.6Gほか      [画像クリックで拡大表示]   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

《野鳥図鑑》梅にヒヨドリ お願いブロッコリーは食べないで。゜゜(´□`。)°゜。

梅の木で“何かをしている”ヒヨドリ。忙しく動いているので補虫か花の蜜でもしゃぶっているのだろう。優雅な立ち姿ともいえる。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3488_hiyodori
ところがlコイツ我が家の猫の額菜園のブロッコリを食い荒らしておる(怒)!ブロッコリの人間が食べる場所ではなく葉っぱを外側から食い荒らす。CDをぶら下げてキラキラさせてみても何の効果もなかった。今回は写真に免じて許してやろう。 PHOTO* Nikon D60 + NIKKOR AF-S NIKKOR 70-300mm 1:4.5-5.6G

| | コメント (0) | トラックバック (1)

(社)大阪倶楽部 大正元年 ・・・ 大阪市中央区今橋(淀屋橋)

淀屋橋や北浜あたりにはこういう建物がまだ残っている。地下鉄淀屋橋駅から徒歩5分の社団法人大阪倶楽部の建物。「社団法人大阪倶楽部は、本格的な英国風会員制社交倶楽部として大正元年に創立されました。」と同ホームページにあります。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Img_0686x
あいにくの雨天で少し暗く重い感じです。
Img_0697x
雨宿りのコーヒーショップから大阪倶楽部の西側を見る。あっ、同じ面だ
今年は雪が少なくて雨が多い冬(もう3月だから春か)。暖かいんだけど、それはそれでなんかうっとおしいなぁ。
PHOTO* CANON Powershot  G9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色とりどりのくくり猿が軒下を飾る「八坂の庚申さん」 ・・・ 八坂庚申堂/東山区

清水の五条坂は人通りもクルマ通りも多く歩きにくいので、よく八坂の塔から八坂通りを下ることが多いのです。すると八坂の塔の下、ここ庚申堂の前を通ることになります。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_8746
奉納された『くくり猿』の群れ?

あんまり覗いていく人も少ないようだけど、色とりどりのくくりザルが目を引くのでついつい中に入ってグルッと一周・・・と言っても5分で済むほどの境内です。

Dsc_3527
Dsc_3528
ミザル
キカザル
Dsc_3529
Dsc_8747
イワザル
庚申さんのお使い3サル

奈良の庚申堂は基本的に赤一色だが、こちらは京都らしく(?)めちゃ原色系カラフル猿なのです。

Dsc_3530x
近所の軒先にはくくり猿が。奥は八坂の塔(八坂の法観寺)。
↑こんな風に、近所の軒先にも基本色(赤)のくくりざるが垂れ下ります。ところで3サル「言はざると見ざる聞かざるよりもなほ思はざるこそ保ち難けれ」・・・これってどういう意味でしょうか┐( ̄ヘ ̄)┌  PHOTO* Nikon D60 + Nikon AF-S NIKKOR 70-300mm 1:4.5-5.6Gほか      [画像クリックで拡大表示]   

| | コメント (0) | トラックバック (2)

沈丁花(じんちょうげ)開花!・・・鴨川五条(京都市)

鴨川五条を歩いているとあの香り、日当たりの悪い自宅の沈丁花はまだ咲いていないけどここは香り始めておりますヽ(´▽`)/。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3572x
オヤジもうきうき、花の季節の到来じゃ! PHOTO* Nikon D60 + SIGMA DC OS 18-125mm F/3.8-5.6 HMS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うっとおしいカメラの洪水(あ、そのひとりやった!)をかき分けて嗅ぐ爽やかな梅の香り ・・・ 大阪城公園梅林

梅林って近くにないかと思いついたflair大阪城公園の梅林。行ってみて驚き、1億総cameraカメラマンになったのではないかと思うぐらい、ケータイ、コンパクト&一眼、写るんです・・・老若男女がシャッターを切りまくる(私もご多分にもれず・・・)  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3219
大阪城公園の噴水~この気候なら氷柱には見えない(当たり前か)
Dsc_3243
大阪城の石垣をバックにピンクのあでやかな種類の梅。
Dsc_3304
こっちはサーモンピンク、八重の花が枝にズラっと連なる種類の梅。
Dsc_3296
薄ピンクの花弁とガクの濃い紅色がとってもセクシーな梅。
梅が植えられている柵の中に踏み込んでお弁当食べたり三脚構えてへばりついたり、興ざめの景色はあるけれど、やっぱり花と香りは人を幸せhappy01にしてくれます。fullfoot(←満足) PHOTO* Nikon D60 + Nikon AF-S NIKKOR 70-300mm 1:4.5-5.6G、TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

通勤電車も休日はだいぶん雰囲気がちゃいます ・・・ 一日鉄道マニア風/鶴橋駅、京橋駅(大阪市)

ここは鶴橋駅、奥がJR大阪環状線鶴橋駅、こちらは近鉄鶴橋駅の乗り継ぎ改札です。近鉄の磁気定期を入れてICOCAをタッチするんだけどその20回に1回ぐらいエラーが起こるのでちょっと気分がちょっと悪い改札です・・・  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_3186x
↑近鉄鶴橋駅からJR鶴橋駅への乗り継ぎ改札。休日はガラガラ
Dsc_3189x
この緊張感のない並び方が休日らしくて良いです。

いつもこんな感じで通勤できたら気分も生産性も随分違うだろうになぁ。明るい日差しと空気の中で、いつもの通勤電車も鉄道模型のように、あるいは電車く~ん!と呼びたくなるくらい軽快に走っていくような気がしまんなぁ。(もちろん気のせい)

Dsc_3190x Dsc_3431x
JR西日本の通勤電車(大阪環状線) コスモスクエア~学研奈良登美が丘
Dsc_3421x
↑JR京橋駅に滑り込む「関西空港行」や「大和路快速」で使われる車両

普段は大阪方面が通勤路なのであまり出かけませんが、今回は全く所持金がなかったので定期券の有効活用でコノコノ大阪市内にやってきたわけなのですcoldsweats01 ま、電車さんたちの明るい表情が見れて・・・良かったかな。   [画像クリックで拡大表示]   PHOTO* Nikon D60 + Nikon AF-S NIKKOR 70-300mm 1:4.5-5.6G、TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大都会午後3時、人通りを忘れて夜を待つガード下 ・・・ 東京丸の内一丁目

東京駅の日本橋口・永代通り丸の内一丁目交差点で午後3時、ぼんやりと信号待ちをしていました。ここは頭の上を中央線やら山手線がゴウゴウ行き来するガード下。ふと見たガード下は田舎者には未明の景色のように感じましたです。  ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Img_0614x
丸の内一丁目交差点より神田方向を見る。地下道のようにほの暗い。
Img_0619_1
午後三時の屋台、客でしょうか、誰かひとり飲んでました。
人の生活する場所だけやろか?時間や季節によってONやOFFがあるのは・・・。OFFのときは人のいるONのことを考えてなぜか寂しさを感じるものでございます。  PHOTO* CANON Powershot G9   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »