« 豊臣秀長の城下町大和郡山を歩く(6) 柳町商店街/大和郡山市 | トップページ | 豊臣秀長の城下町大和郡山を歩く(7) 大和郡山城の石垣はお地蔵さんでできている?「さかさ地蔵」 »

木津川堤防 春の雑草たち

今日(4/26)は「平城京遷都祭2009」があるというので平城宮跡へ行ったものの、強風と吹き付ける雨に散々だった。こんな日だから仕方ないとはいうもの何が中止で何が決行されるのかさっぱりわからん???夏場ならジュースの自販機にたどりつくにも相当の覚悟を決めて歩かないといけない広大な平城旧跡。要は雨にも太陽にも逃げ場所が無い。ここを会場とするならもう少し組織運営を考える必要があるだろう。   ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_8117x_2
↑雨風の平城宮跡で揺れるスイバ だだっぴろい・・夏は酷暑の草原に

平城宮跡でスイバ撮っててもつまらないのでそそくさと会場を通り抜け、法華寺海龍王寺を巡って帰ってきた。スイバだけでは寂しいので木津川の雑草も掲載しておきたい。(;;;´Д`)ゝ

Dsc_7706x
↑いきなり知らない。コマツカサススキ?カヤツリグサ科の植物のようだ
Dsc_7726x
↑こりゃオオバコの花。夏にはガンコもののオオバコも春にはまだ柔らかい
Dsc_7728x
↑タンポポが逆光に輝いて美しい

夏になるとうっとおしいくらいに勢いを増す雑草も今はまだ可憐な感じすらする。とかなんとかいってるうちに地面に這いつくばって草花を探そうという気もはなっから失せるあの酷暑の真夏がくるのだろう。年寄りには堪える季節だ( ̄Д ̄;;。[画像クリックで拡大表示]

|

« 豊臣秀長の城下町大和郡山を歩く(6) 柳町商店街/大和郡山市 | トップページ | 豊臣秀長の城下町大和郡山を歩く(7) 大和郡山城の石垣はお地蔵さんでできている?「さかさ地蔵」 »

園芸・菜園&ネイチャー」カテゴリの記事

コメント

いつもより、地味目な被写体ですね。
堤防の土手に女子学生でもいたら、植草二号になってしまいますし、、
ここは地味に行きましょう。

投稿: naruto-hinata | 2009/04/26 22:12

犬の散歩している人がまばらに、あと自転車道があるので自転車トレーニングの人がパラパラ。なんて静かなんだ・・・

投稿: TAAさん | 2009/04/28 06:12

スイバの下の草ですが、カヤツリグサ科ではなく、イグサ科のスズメノヤリという雑草です。確かにカヤツリグサ科と間違いやすい形態をしていますね。
お節介ながらコメントを。

投稿: 還暦翁 | 2013/05/30 12:14

コメント、ご指摘ありがとうございました。いつも雑草を眺めて歩いている訳ではありませんが、時折地面の近くがとても気になる時があります。

投稿: TAAさん | 2013/05/30 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/29308805

この記事へのトラックバック一覧です: 木津川堤防 春の雑草たち:

« 豊臣秀長の城下町大和郡山を歩く(6) 柳町商店街/大和郡山市 | トップページ | 豊臣秀長の城下町大和郡山を歩く(7) 大和郡山城の石垣はお地蔵さんでできている?「さかさ地蔵」 »