« 高祖会大法要が終わって ・・・ 吉野・金峯山寺 | トップページ | 黄色も良いけどピンクもかわいい ・・・ ムラサキカタバミ »

応仁の乱の戦火も潜り抜けた、京都最古の木造建築物 醍醐寺五重塔/京都市伏見区

世界遺産醍醐寺(だいごじ)の五重塔。935年に完成し応仁の乱で周囲の伽藍が消失する中、10世紀から今日までここに残った建造物だ。世界遺産に指定されている醍醐寺だが、実は近年になっても火災などで少しずつ古い伽藍が焼失している。  [画像クリックで拡大表示します]

Dsc_0340x
↑ 国宝 醍醐寺五重塔(935年)高さは37m ↓
Dsc_0351
古い乾燥し切った木材は一度火が付いたら容易にか消せない。外見を維持したまま着火を許さないスーパーコーティングでも開発されない限り、たぶんいつか、こういった文化財は少しずつ消えていくのだろう。文化財保存の努力はその時間を長くはするが、やがて最後に炭素に帰るまでの過程の刹那を今見ているにすぎない。ああ、自分もそうね。「刹那という極めて短い時間を大切に生きよ」と仏は教えるそうな。
[画像クリック:拡大表示]  PHOTO* Nikon D60 + SIGMA 18-125mm zoom,Nikon 70-300mm zoom

|

« 高祖会大法要が終わって ・・・ 吉野・金峯山寺 | トップページ | 黄色も良いけどピンクもかわいい ・・・ ムラサキカタバミ »

関西ひとり歩き~京都(京都市内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/30260848

この記事へのトラックバック一覧です: 応仁の乱の戦火も潜り抜けた、京都最古の木造建築物 醍醐寺五重塔/京都市伏見区:

» ちょっと痛々しい仁王さん ・・・ 世界遺産 京都・醍醐寺仁王門より [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
世界遺産「醍醐寺」(京都市伏見区)の仁王門(西大門)、ここには立派な仁王さんが仁 [続きを読む]

受信: 2009/06/25 06:04

» 雨が降りそうな降らなさそうな秋の休日に ・・・ 上醍醐寺の登山口にて [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
前の記事に「五大の餅上げ(醍醐寺)」を書いたので「そうだ、醍醐寺へ行こう」とやっ [続きを読む]

受信: 2009/10/31 11:31

« 高祖会大法要が終わって ・・・ 吉野・金峯山寺 | トップページ | 黄色も良いけどピンクもかわいい ・・・ ムラサキカタバミ »