« ハーベストな手芸作品 ・・・ 魚、大根、そしてトウガラシ | トップページ | 草むらの赤い宝石!ヘビイチゴ 厭な名前でソンしてるかも・・・ »

修験道ってなんなのさ? 山伏ってなんなのさぁ? ・・・ 吉野山金峯山寺

あまりそのヘンでは見かけない装束だ。時代劇とかで出てくる。「山の中をいつも歩き続けている山伏だからスパイ・連絡役としてうってつけじゃ」みたいな役どころが多かったりする。彼らはスパイか? そうではない「山へ籠もって厳しい修行を行う事により、様々な「験」(しるし)を得る事を目的とする日本独特の混淆宗教(ウィキペディア)」とあり「修験道の実践者を修験者または山伏という(同)」と書かれている。修行の旅をし経験値を積むサトシのポケモンを思い出してしまった。失礼(;´▽`A`` ※各写真は、クリックすると画像が拡大表示されます。

Dsc_0659x
↑開祖は役行者(えんのぎょうじゃ)さん 八犬伝で登場した?
Dsc_0657x
↑山岳信仰と仏教、道教、陰陽道などが習合して確立した日本独特の宗教(wiki)
Dsc_0671x
↑ホラ貝の音も聞こえていた。この日は高祖会大法要で正装
Dsc_0675
↑腰の毛皮は寒い高山では必需品でしょ。カイロなどは使うんですかね。

昔は山伏のことを「山にいる武士」かと信じていた。牛若丸や烏天狗とごっちゃになっていた。山々を巡りあんまり一般人の生活とかかわってこないから、その実態が我々にはピンとこないのだろう。ま、でも・・・いったん出てきたら、このスタイルは都会ではかなり存在感を発揮するやろなぁ。 [画像クリックで拡大表示]  PHOTO* Nikon D60 +  AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (吉野蔵王堂~高祖会大法要にて)

|

« ハーベストな手芸作品 ・・・ 魚、大根、そしてトウガラシ | トップページ | 草むらの赤い宝石!ヘビイチゴ 厭な名前でソンしてるかも・・・ »

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/29994345

この記事へのトラックバック一覧です: 修験道ってなんなのさ? 山伏ってなんなのさぁ? ・・・ 吉野山金峯山寺:

» ドクダミの花じゅうたん ・・・ 威徳天満宮/吉野山 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
ドクダミの白い花が、梅雨の走りか少し曇った空の下に清く咲いています。威徳天満宮の [続きを読む]

受信: 2009/06/17 06:02

» 韋駄天山から吉野朝宮跡を望む ・・・ 吉野 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
後醍醐天皇に始まる南北朝時代、南朝の宮があったところ(↓写真、塔が建っているとこ [続きを読む]

受信: 2009/06/19 00:02

» 高祖会大法要が終わって ・・・ 吉野・金峯山寺 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
役の行者(えんのぎょうじゃ)さんの年1回の法要「高祖会大法要」にたまたまあたった [続きを読む]

受信: 2009/06/24 00:06

« ハーベストな手芸作品 ・・・ 魚、大根、そしてトウガラシ | トップページ | 草むらの赤い宝石!ヘビイチゴ 厭な名前でソンしてるかも・・・ »