« 真っ赤なサルビアが気に咲いたようなサンゴシトウ(珊瑚刺桐 別名:ヒシバデイゴ | トップページ | 「解穢の水(かいわいのみず)」 ・・・月読神社/京都市西京区 »

砂漠・乾燥地帯の植物

最近ネタが少ない。うー、偏りか?ちょっと視点を変えないと新しいものが見つかりまへん。ところが、いつも同じものを同じ角度から見る・・・これは脳のちょっと悪いクセ、逆立ちして歩けたり、地上10cmの高さに目があったり、上下左右が逆に見えたり、赤外線だけ見えたりしたら・・・世の中もすごく変わって見えることだろう。あ~、でもそんなん時々でええけど。   [画像クリックで拡大表示します]

Dsc_0276x
Dsc_0277x
Dsc_0278
Dsc_0286x2
黄色いサボテン、凄い。なんかごついオバハンがメチャ派手なでかいリボン付けてるみたいなアンバランスさがあって、怖いけど見てしまう・・・みたいな。派手な花って、なんか見たり触ったり採ったりしたくなるじゃないですか。それって、何か植物の意図に操られてるって気分・・・しませんか?
[画像クリック:拡大表示]  PHOTO* Nikon D90 + TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO 1:1 (京都府立植物園)

|

« 真っ赤なサルビアが気に咲いたようなサンゴシトウ(珊瑚刺桐 別名:ヒシバデイゴ | トップページ | 「解穢の水(かいわいのみず)」 ・・・月読神社/京都市西京区 »

園芸・菜園&ネイチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/30376562

この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠・乾燥地帯の植物:

« 真っ赤なサルビアが気に咲いたようなサンゴシトウ(珊瑚刺桐 別名:ヒシバデイゴ | トップページ | 「解穢の水(かいわいのみず)」 ・・・月読神社/京都市西京区 »