« メランポジウム(キク科一年草) 夏花壇の黄色い元気花 | トップページ | 「角大師のお札」と元三大師(がんざんたいし) ・・・ 元三大師堂・比叡山横川/滋賀県 »

近代化産業遺産「松本松本酒造」 大正11年築本社酒造場 ・・・ 京都市伏見区

まだ明けやらぬ長い梅雨に朝からもやもやっとした夕方、酒どころ京都伏見の近代化産業遺産「松本松本酒造」を見にやってきた。。案の定ゴロゴロ、ザザーッ!とひと雨来た。それでも爽やかな涼しさが残るのではなくかえって湿度100%に近いサウナのような蒸し暑さだけが残っている。   [画像クリックで拡大表示します]

Dsc_3930
↑新高瀬川の堤防から撮影 雷雨後の夕方で暗い。春なら青空と一面の黄色い花
Dsc_3967x
↑創業は寛政三年(1791年) 平成19年に近代産業遺産認定を受ける
Dsc_3917
↑兵庫の「山田錦」北陸の「五百万石」の米を原料に伏見の伏水から酒造り
Dsc_3950
↑「わが衣(きぬ)に、ふしみの桃の雫せよ(松尾芭蕉)」・・・純米吟醸「桃の滴」
ふと思う。今の産業だって100年もたてば貢献の大きなものは「産業遺産」になるかもしれない。でも、こうやって生産の場というような形として残るのだろうか。だって今、サービスやソフトウェア産業が盛んだけど何を遺産とするか?あるいはハード物なら、たとえばシャープに亀山工場が遺産として残るか?新しい「産業」はどんどん目に見えなくなっている。[画像クリック:拡大表示] PHOTO* Nikon D90 +  TAMRON SP AF 17mm-50mm/F2.8 XR DiⅡほか(京都市伏見区)

|

« メランポジウム(キク科一年草) 夏花壇の黄色い元気花 | トップページ | 「角大師のお札」と元三大師(がんざんたいし) ・・・ 元三大師堂・比叡山横川/滋賀県 »

近代遺産みてある記(産業・文化・軍事)」カテゴリの記事

関西ひとり歩き~京都(京都市内)」カテゴリの記事

コメント

ほんとに「レンガもの」、好きですね・・
最近は東京でもレンガの建造物を見るとTAAさんを思い出してしまいますよ。。全国レンガづくりマップ作成というのはどうですか?
最後にこんな日は「防湿庫」ですよ。ヤッパ。

投稿: naruto-hinata | 2009/08/02 00:06

東京、横浜も多いですよね。明治の人たちが目で見てわかる近代なんですよー。ソフトウェアやデジタルクリエイツなんて好きじゃないなー。ってそういうので食って、生活もそれ使わないと生きていけないなんて、あまりおもしろくない・・・こう申し上げる私も・・・やっぱり、古い人間でござんしょうかねぇ。(何から何まで真っ暗闇よぉ、筋の通らぬことばかりぃ~・・・)

投稿: TAAさん | 2009/08/02 12:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/30792830

この記事へのトラックバック一覧です: 近代化産業遺産「松本松本酒造」 大正11年築本社酒造場 ・・・ 京都市伏見区:

« メランポジウム(キク科一年草) 夏花壇の黄色い元気花 | トップページ | 「角大師のお札」と元三大師(がんざんたいし) ・・・ 元三大師堂・比叡山横川/滋賀県 »