« 力士の墓?「鈴鹿山新七」「香取山礒吉」などのお名前が ・・・ 矢田寺大門坊/大和郡山市 | トップページ | 角屋もてなしの文化美術館・京都島原の揚屋「角屋(すみや)」 ・・・ 京都市 »

元禄時代の創業・京都島原の置屋「輪違屋(わちがいや)」 ・・・ 京都市

京都の花街といえば祇園ですが、その前はここ「島原」が社交界の中心でした。寛永年間18年(1641)それまで六条三筋町にあった公許の花街が急きょ移転を命じられ、現在の地(下京区西新屋敷)に移転。その様子が、あたかも少し前に起こった「島原の乱」のようであったことからこの地を「島原」という通り名で呼ぶようになったそうです。 [画像クリックで拡大表示します]

京都島原の置屋「輪違屋(わちがいや)」
「花街」と江戸吉原のような「遊郭」は区別されていて、花街は歌舞音曲や宴会などを営業する遊宴の街、遊郭はそんなことはいいからいわゆるそういう歓楽のみにふける街とされていたようです。
京都島原の置屋「輪違屋(わちがいや)」
なかなか「置屋・輪違屋」に話がいきませんね。花街は宴会にまつわるいろんな仕事を分業制でやっていたようで、「置屋(おきや)」は太夫や芸妓を「置いて」いてそこから派遣した業者。「揚屋(あげや)」は料理を作って出す宴会場。「茶屋(ちゃや)」は揚屋に似ているけど料理を作らず、必要であれば仕出し屋から料理をとる業者・・・などなど。
京都島原の置屋「輪違屋(わちがいや)」

寛永の頃には「市街地に花街があっちゃイカンやろ」ということで島原ができた訳ですが、結局後には祇園が便利だということで花街のメインそちらに移っていったようです。ちなみに「輪違屋」は現在も営業していますが、もちろんワテらのような一見はんはお断りどすぇ( ̄Д ̄;;。 [画像クリック:拡大表示]PHOTO * Nikon  D90 + Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G (京都市下京区西新屋敷)

|

« 力士の墓?「鈴鹿山新七」「香取山礒吉」などのお名前が ・・・ 矢田寺大門坊/大和郡山市 | トップページ | 角屋もてなしの文化美術館・京都島原の揚屋「角屋(すみや)」 ・・・ 京都市 »

関西ひとり歩き~京都(京都市内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/31559020

この記事へのトラックバック一覧です: 元禄時代の創業・京都島原の置屋「輪違屋(わちがいや)」 ・・・ 京都市:

» 角屋もてなしの文化美術館・京都島原の揚屋「角屋(すみや)」 ・・・ 京都市 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
京都の花街「島原」の2回目、今回は揚屋(あげや)の「角屋(すみや)」。現在では「 [続きを読む]

受信: 2009/10/02 21:40

» 元禄時代の創業・京都島原の置屋「輪違屋(わちがいや)」 ・・・ 京都市 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
京都の花街といえば祇園ですが、その前はここ「島原」が社交界の中心でした。寛永年間 [続きを読む]

受信: 2009/10/02 21:42

» 坊城通りを四条から島原まで歩く・・・新撰組壬生(みぶ)頓所~花街島原へ [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
阪急(または京福電鉄)四条大宮駅から四条通りを西へ2~300m行くと南北に細い坊 [続きを読む]

受信: 2009/10/07 21:07

» 角屋もてなしの文化美術館・京都島原の揚屋「角屋(すみや)」 ・・・ 京都市 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
京都の花街「島原」の2回目、今回は揚屋(あげや)の「角屋(すみや)」。現在では「 [続きを読む]

受信: 2009/10/07 21:09

« 力士の墓?「鈴鹿山新七」「香取山礒吉」などのお名前が ・・・ 矢田寺大門坊/大和郡山市 | トップページ | 角屋もてなしの文化美術館・京都島原の揚屋「角屋(すみや)」 ・・・ 京都市 »