« 「雨上がるのかなぁ」、「あがるらしいよ」的風景を拾って ・・・ 京橋OBP/大阪市城見 | トップページ | 談山神社の東大門 ・・・ 多武峰/桜井市 »

邪馬台国卑弥呼の宮殿というにはまだ早いけどメチャ楽しみ! ・・・纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市・JR巻向駅すぐ

たった二両の電車が停まったのはJR桜井線の小さな駅巻向。JRの職員も増員しての「纒向遺跡現地説明会」対応です。未明まで降った雨も上がって良かったよ*でも現地泥だらけ(T_T) なんと200年代の前半に作られた巨大建築物の遺構が見つかったのです!(気の早い人は女王卑弥呼の宮殿と言ってます) [画像クリックで拡大表示します]

纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市
JR巻向駅(桜井線) 単線で奈良・桜井方面 両方一時間に二本のローカル線。
纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市
↑おーっ!線路の西側にこの人だかり。ここが纒向遺跡166次調査現場だ。
纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市
纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市
一旦駅南西の広場に集合、資料をもらう
入場制限中。どんどん人が増えていく。
ふと南に目を向ければ278m箸墓古墳!
時期と規模から卑弥呼の墓という説も?
纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市
東は建物の背中側にあたり、JR線路が横切る。右手には三輪山が見える。
奥の山から流れる川がこの地の左右を浸食、微高地を形成したらしい。
纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市
↑西側。説明員前の太柱と水たまり向こうの三角を結ぶ延長上に複数の建物が並ぶ。
水たまり向こうの数本の黄柱が3番目の建物位置。手前が4番目で最大規模だ。
纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市
纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市
構造物が無くなった後作られた溝。
その溝から土器が発見される・・・
元の構造物は、その溝土器年代
以前ということがわかる。

何が凄いって、以前の調査で2棟の建物が、今回の調査でソレをはるかに凌ぐに大規模な2棟が発見されたわけですが、それが数十メートル一直線上に配置されているということです。それまでの地形を利用したものでも付け足しでもなく、いきなり最初からそんな大規模のものを作ろうと意図して整地したものであるということなんです。Σ(゚д゚;)

纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市
北。ここに19.2x12.4mの巨大建造物が。床高2m、屋根の頂上は奥の民家と同等。
↑上写真は左手、↓下写真では右手が建物の正面方向。正面にさらに3棟並ぶ
纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市
↑南。太い柱が屋根まで、細いのは床を支えるもの。写真正面は箸墓古墳(奥の森)

もともと上の写真奥にある278mもある箸墓古墳(はしはかこふん、3世紀中盤)も倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓と称されていますが、その時期から卑弥呼のものではという説も根強く、また邪馬台国はどこやねん論争が活発になるんでしょうか。この天理から桜井にのびる山野辺の道(やまのべのみち)あたりには、まだまだなんだかw(゚o゚)wとてつもないものが埋まっていそうな気がしますよね。

 [画像クリック:拡大表示]  PHOTO * Nikon D90 +  TAMRON SP AF 17mm-50mm/F2.8 XR DiⅡ

|

« 「雨上がるのかなぁ」、「あがるらしいよ」的風景を拾って ・・・ 京橋OBP/大阪市城見 | トップページ | 談山神社の東大門 ・・・ 多武峰/桜井市 »

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

昔、学生時代に高松塚古墳を自転車借りて見学したのを思い出します。
雨が降り、靴がドロドロになったのは九州説を唱える皆さんの呪いでしょう。
そうそう高松塚では記念切手を買いました。もう少ししてこの古墳も切手になったら買おうかな・・(ここでも物欲発揮)

投稿: naruto-hinata | 2009/11/15 22:48

そりゃぁドロドロになりますよね。説明会って言ったこと無いんですけど、どんな雰囲気なんですか?考古学マニアが一杯集まるんでしょうね。土器アップなんて見たかったですが、こんなところでしゃがみ込んだらメッチャおこられますよねぇ。
でも卑弥呼の畿内説、九州説は永遠に決着しないと思いますよ。それぞれがそれなりに根拠を持って論陣を張ってますからね。決着しない方が面白いですけどね。個人的には双方の情報がごちゃ混ぜになって魏志倭人伝に記述されているんじゃないかと考えていて卑弥呼の実在もかなり怪しいと踏んでいるですけどね。卑弥呼って何かの俗称じゃないでしょうか。だって、中華思想の国が東の海の果ての辺境の地の情報を正確に把握しようという努力をしているとは思えないもの。

投稿: James | 2009/11/15 22:59

naruto-hinataはん、Jamesはん おばんです。
しきりと連れに説明しまくる人、道端で考古学的考察を述べ合う人、写真撮りまくる人・・・。年齢層は高いですね。50以上の人がほとんど。写真に写ってるお兄さんが15分ぐらい説明してくれました。ずっと現場やってるのか顔が真っ黒でしたね。歴史は今でこそ記録するもんですが、その頃の歴史は創ってますからね。まぁわからないから好き勝手いえる楽しみがあるんでしょうなぁ。
で和光の物欲おやじは歴史のロマンなど微塵もなく・・・。記念切手はそれこそ卑弥呼でもはっきりしない限りでないでしょう。だって柱の「穴」や「溝」しかないんだもん。絵にならないっすよ。┐(´д`)┌

投稿: TAAさん | 2009/11/15 23:22

これで邪馬台国論争は一気に畿内説が勢い付きますね。
私はもともと邪馬台国九州論者だったんですが。。。

投稿: 3号佐竹 | 2009/11/16 21:27

3号佐竹さんこんばんわ。柱の穴後ひとつに大騒ぎ。アマチュア考古学者はヤッパリ持論を戦わす場所や発見を求めているようです。1700~1800年前、個人名で出てくる人はまだ少ないですが非常に楽しみな時代に思えてきました(^v^)

投稿: TAAさん | 2009/11/16 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/32225962

この記事へのトラックバック一覧です: 邪馬台国卑弥呼の宮殿というにはまだ早いけどメチャ楽しみ! ・・・纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市・JR巻向駅すぐ:

» 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(前編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
2010年1月20日の新聞発表で、「橿原考古学研究所先が奈良県御所市秋津遺跡で、 [続きを読む]

受信: 2010/01/24 23:14

« 「雨上がるのかなぁ」、「あがるらしいよ」的風景を拾って ・・・ 京橋OBP/大阪市城見 | トップページ | 談山神社の東大門 ・・・ 多武峰/桜井市 »