« 公園の秋風景を重ねて | トップページ | 木枯らし一号あけて放射冷却! 吹きさらしの田んぼで去る秋を追う »

恐怖!雨の当たらない軒下にたくさんある地獄への入り口? ・・・アリジゴク/ウスバカゲロウの幼虫

お寺の軒下で雨が当たらないいつも乾いたようになっている土の上に幾つもすり鉢状の穴があいている。ちょっとかき出してみれば石ころと見間違うような薄茶色の塊が転がり出てくる。即死んだふりなのでガサゴソ動かないから乱暴にかき混ぜると石ころとしか思わないかも。 [画像クリックで拡大表示します]

アリジゴク/ウスバカゲロウの幼虫
↑直径1~2cmのすり鉢状の穴。ご存じアリジゴクの巣だ。(ヘタな撮り方)
アリジゴク/ウスバカゲロウの幼虫
↑掘り出してみればこんなヤツが出てくる。極めておとなしい・・・いや死んだふり
アリジゴク/ウスバカゲロウの幼虫
↑ひっくり返して観察。足が六本、意外に毛が多い・・・やはり死んだふり

少しの砂と一緒に手のひらに乗せてジッとしているとやがてガサゴソ動き出す。といっても動く方向は「後ずさり」。尻をごそごそしながら手のひらの砂の中へ潜ろうとする。昔はその動きを何度も何度も眺めていたものだけど今日はたった一回。アリジゴクの死んだふりが長時間化したのか、それとも・・・私が大人になって時間に追われているからなのか・・・。そういえば土にしゃがんでアリジゴクとたわむれるのも何十年振りか(*^.^*)。 [画像クリック:拡大表示]PHOTO* Nikon D90 + TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO 1:1(京都府精華町) 

|

« 公園の秋風景を重ねて | トップページ | 木枯らし一号あけて放射冷却! 吹きさらしの田んぼで去る秋を追う »

園芸・菜園&ネイチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/32047517

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖!雨の当たらない軒下にたくさんある地獄への入り口? ・・・アリジゴク/ウスバカゲロウの幼虫:

« 公園の秋風景を重ねて | トップページ | 木枯らし一号あけて放射冷却! 吹きさらしの田んぼで去る秋を追う »