« アカソバのそばには石舞台古墳 いや石舞台のそばにアカソバ (たで科) | トップページ | 「ぼうふら」って冠したブログなのに・・・うかつ »

秋深まる多武峰談山神社の紅葉を愛でる /奈良県桜井市

多武峰(とうのみね)談山神社(たんざんじんじゃ)。今日は身近に御不幸があったので、オチャラケ気分になれず、ただ黙々日課のように写真をアップします。何歳なら早くて何歳なら十分なんていうものは決してないですが、60歳はまだまだ早すぎると思いますね。残念です。   [画像クリックで拡大表示します]

秋深まる多武峰談山神社
↑多武峰より下って明日香を抜け大和川と合流し大阪湾に流れていく小川
秋深まる多武峰談山神社
↑何で皆モミジに群れるのか?解らないけど、秋も深まればいつもその群れの中にいる
秋深まる多武峰談山神社
↑なんか変な写りの談山神社十三重塔(重要文化財、室町時代)
秋深まる多武峰談山神社
↑山々を染める紅葉も良いが、寺社の紅葉もなぜか解らんが日本らしいと感じる。
秋深まる多武峰談山神社
↑載せちゃっていいのかな?と思いつつ、あまりに仲の良さそうなお二人なので・・・
秋は心騒ぐが何か寂しさを感じます。同じく心騒ぐ春のそれとはずいぶん違しますね。春が攻めなら秋は守り。寂しさは負の感情ではなく、寒い冬に心構えを促すために・・・違いないと思います。厳しい冬を楽しんで乗り切りましょう。

[画像クリック:拡大表示]  Nikon D90 + Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G他(奈良県明日香村)

|

« アカソバのそばには石舞台古墳 いや石舞台のそばにアカソバ (たで科) | トップページ | 「ぼうふら」って冠したブログなのに・・・うかつ »

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

最後の写真、TAAさんの10年後、いや5年後の姿と推察いたします。。。
個人的には、4枚目に一票かな・・・1枚目の柿一個にもう少しスポットが当たっていれば、それにも一票です。
ちなみに和光近辺は今週末が紅葉の旬かと思っていますが、実はちょっと足腰にトラブルを抱えてまして、土曜日は通院になりそうです。よって紅葉写真はその診断次第ということで。
最悪、皆さんの写真を楽しむのみになったりして・・・悲しい(。>0<。)

投稿: naruto-hinata | 2009/11/19 21:49

いやぁ、美しいものに言葉は要りません。ただ見とれるばかりですよ。でも、最後の写真良いですね。手前の紅葉にピントを合わせても良かったかとも思いました。

投稿: James | 2009/11/20 08:40

>naruto-hinataさん
おやおや、足腰大事ですよ。お大事にしてくださいね。あー、それで写真のフットワークが悪かったのかも・・・(^-^; まずは体が資本のオヤジです。がんばりまひょ。sun

投稿: TAAさん | 2009/11/20 18:36

>Jamesはん
まいどおおきに。今日は若狭の方にお葬式に行ってまいりました。ささやかながら故人や家族の愛情が伝わってくるような式でした。
さて、ああ、最後の写真。そのバージョンもあるんですが、失敗。ボケすぎて後ろがわからない、絞るとテブレが起こる。あの混雑の中で三脚立ててる無神経さに腹を立てながら、やっぱり三脚がいるなぁ・・・と矛盾したことを考えていました。┐(´д`)┌

投稿: TAAさん | 2009/11/20 18:40

寺社仏閣って三脚OKなんですか?一脚はOKだけど三脚はNGって聞いたことがあるんですけど。場所によるのかな?
確かに人ごみで三脚広げる人にはなりたくないですね。一脚を携行されることをお勧めします。

投稿: James | 2009/11/20 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/32266830

この記事へのトラックバック一覧です: 秋深まる多武峰談山神社の紅葉を愛でる /奈良県桜井市:

» 大化の改新談合の地「多武峰談山神社(とうのみね・たんざんじんじゃ)」/奈良県桜井市 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
「大化の改新」の基本プランはここで練られた!談山(たんざん)神社の名前の由来は「 [続きを読む]

受信: 2009/11/18 23:25

» 談山神社の東大門 ・・・ 多武峰/桜井市 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
紅葉の時期にはJR桜井駅からのバスも臨時便が増発(普段は1時間2本)されて便利で [続きを読む]

受信: 2010/01/10 08:53

« アカソバのそばには石舞台古墳 いや石舞台のそばにアカソバ (たで科) | トップページ | 「ぼうふら」って冠したブログなのに・・・うかつ »