« 1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY2009 Winter ・・・ 2009/12/04大阪茶屋町 | トップページ | 山の紅葉だけが紅葉じゃない\(^O^)/近所で探せ素敵な紅葉 -その3- ・・・ 飛蚊症 »

天文・永禄・元亀・天正などの年号が並ぶ16世紀半ばの墓地 ・・・ 多武峰

多武峰(とうのみね)談山神社から飛鳥石舞台古墳に下る道を通る時、いつもここに引き寄せられる。自然歩道からほんの数m上がったところにあるかなり古い墓地、30分くらいの間に下を通るハイカーの声はすれども上がってくる人は一人もいない(あたりまえかもしれないけど) [画像クリックで拡大表示します]

天文・永禄・元亀・天正などの年号が並ぶ/多武峰
↑ハイキング道から数m上の位置にあるけど、気づかない人も多いようだ。
天文・永禄・元亀・天正などの年号が並ぶ/多武峰
↑こんな感じでお墓や石仏が並ぶ。
天文・永禄・元亀・天正などの年号が並ぶ/多武峰
↑摩耗の激しいものもあるが、はっきり文字が読めるものも多い。
天文・永禄・元亀・天正などの年号が並ぶ/多武峰
↑天文・永禄・元亀・天正などの文字。こりゃ戦国時代16世紀半ばの時代だ。
天文・永禄・元亀・天正などの年号が並ぶ/多武峰
戦国時代、この桜井のこのあたりは誰が治めていたのだろう。それとも寺領か。 
天文・永禄・元亀・天正などの年号が並ぶ/多武峰
↑名字もあるしそこそこの身分の方々だったのか。又三郎、与三郎なども名も読める

まあ、今回のテーマはお墓なんで、ここに埋められた人は当然亡くなっているはず。でも、逆に言うと、天正やら永禄という戦国時代ど真ん中!みたいな大変な時代を確かにこの人達は生きていたわけだ。時代劇などではダイナミックで変化にとんだ時代だが同時に、血みどろの闘争に明け暮れた時代でもある。あたしなんざとても生きていけないだろうって思う。そんな時代に生きていた人たちのお墓だと思うと、なんだか涙がでてくるような・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ヘンな感傷が湧きあがってくる。

 [画像クリック:拡大表示] PHOTO * Nikon  D90 + Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8Gほか (桜井市多武峰)

|

« 1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY2009 Winter ・・・ 2009/12/04大阪茶屋町 | トップページ | 山の紅葉だけが紅葉じゃない\(^O^)/近所で探せ素敵な紅葉 -その3- ・・・ 飛蚊症 »

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

これだけ固まって沢山あるんだから、夜行かないと。何かが出るんじゃ??
でも、墓地じゃなくて、墓石を捨てるに捨てれずここに集めただけっていう可能性もありますな。

投稿: James | 2009/12/05 11:56

そうだんなぁ、そういうこともおまっしゃろ。奈良なんぞのお寺には無縁さんが仰山かたまっておいとかはる所も幾つかありまっさかいなぁ。しかしこの時代にワープして、斎藤道三や織田信長なんぞみてみたいもんどすなぁ。

投稿: TAAさん | 2009/12/05 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/32491111

この記事へのトラックバック一覧です: 天文・永禄・元亀・天正などの年号が並ぶ16世紀半ばの墓地 ・・・ 多武峰:

« 1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY2009 Winter ・・・ 2009/12/04大阪茶屋町 | トップページ | 山の紅葉だけが紅葉じゃない\(^O^)/近所で探せ素敵な紅葉 -その3- ・・・ 飛蚊症 »