« 天平の双塔遠景 ・・・ 當麻寺(たいまでら当麻寺)双塔(国宝)/奈良県葛城市 | トップページ | 冬の彩り »

関西では「ヨシ」関東では「アシ」と呼ばれる湿地でお馴染みの植物/イネ科

何もなさそうなところへ行って冬っぽい景色でも見つけてみるか、と、木津川の川原にやってきた。木津川の川原と書いたが、この付近は、立派な堤防とその先に畑や茶畑、さらにその向こうに芦原と、そう簡単に水辺へのアクセスを許してくれない。が、まいっか。 [画像クリックで拡大表示します]

関西では「ヨシ」関東では「アシ」と呼ばれる湿地でお馴染みの植物/イネ科
↑川の出口の普段は絶対水に浸からない場所にあって、いざという時用なんでしょうか。
関西では「ヨシ」関東では「アシ」と呼ばれる湿地でお馴染みの植物/イネ科
↑すすきじゃなくてヨシ。良し(ヨシ)悪し(アシ)で、関西は縁起技の良さそうな方を選んだ
関西では「ヨシ」関東では「アシ」と呼ばれる湿地でお馴染みの植物/イネ科
↑あのセイタカアワダチソウも冬は結構可愛い・・・っくないか・・・
関西では「ヨシ」関東では「アシ」と呼ばれる湿地でお馴染みの植物/イネ科
ヨシのブッシュを漕いでうろうろしてみたけど、いわゆる川原という場所には着けず
関西では「ヨシ」関東では「アシ」と呼ばれる湿地でお馴染みの植物/イネ科
↑難波潟 みじかき蘆の ふしの間も  逢はでこの世を 過ぐしてよとや
関西では「ヨシ」関東では「アシ」と呼ばれる湿地でお馴染みの植物/イネ科
葦と格闘している間に迫る夕暮。なんと陽が落ちるのが早いことか・・・

二枚上の写真のキャプションに、唐突に百人一首の歌を載せてますが、このアシを見て「チョットの間も逢われへんのイヤッ!」って気持ちを映す人もあるかと思えば、「火攻めじゃ!」と高ぶる人もあり、また「課税したら儲かるやん」って考えた石田三成のように賢い人もある。一時間もアシと格闘してツマラン写真撮って帰るオヤジだっている・・・よ、ついでに言っとくけど。 (^-^;

 [画像クリック:拡大表示] PHOTO * Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR ほか(木津川/木津市)

|

« 天平の双塔遠景 ・・・ 當麻寺(たいまでら当麻寺)双塔(国宝)/奈良県葛城市 | トップページ | 冬の彩り »

園芸・菜園&ネイチャー」カテゴリの記事

コメント

「難波江の  芦のかり寝の ひと夜ゆゑ みをつくしてや 恋わたるべき」なんてのもありますねぇ。「あし」って語呂もいいので結構組み込まれていますよね。万葉集にも良く出てきますので、古代から人々の生活に深くかかわってきた植物の一つでなんでしょうね。

わたしゃ、アレルギー性鼻炎の天敵なんでそんな感傷的な気持ちには慣れませんが...

投稿: James | 2009/12/29 09:49

>Jamesはん
えっ、葦もアレルギー出るんですか?残念、新春歌会始を淀川の葦原で企画しようかと思ってたのに・・・。ちなみに「あおによし」というのは、「青・丹・ヨシ」で青・赤の彩りに葦ということらしいです。難波も奈良も葦だらけですなぁ┐(´-`)┌

投稿: TAAさん | 2009/12/29 10:59

今回はえらく地味に写りますが、年のせい?気分のせい?
まぁとにかく地味だけど、キラリと光る人生だったと思いたいかも・・・

投稿: naruto-hinata | 2009/12/29 22:31

> naruto-hinataさん
いちおう全部演出なしのカラー写真なんですけど、色合いは地味になりますなぁ。ここはやっぱり渋い色合いでしょう。 大丈夫!naruto-hinataはキラリじゃなくてテカテカ光ってますから(>。<)ま、まぶしいです!

投稿: TAAさん | 2009/12/30 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/32770944

この記事へのトラックバック一覧です: 関西では「ヨシ」関東では「アシ」と呼ばれる湿地でお馴染みの植物/イネ科:

« 天平の双塔遠景 ・・・ 當麻寺(たいまでら当麻寺)双塔(国宝)/奈良県葛城市 | トップページ | 冬の彩り »