« 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(前編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市 | トップページ | いつもの生駒山に沈む夕日、つーか沈んだ・・・ »

1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(後編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市

2010年1月20日の新聞発表で、「橿原考古学研究所が奈良県御所市秋津遺跡で、両側に柱穴がある溝を方形に巡らせた古墳時代前期(4世紀前半)の遺構を発見した」との報道がありました。今回は「1月24日現地説明会」の後編をお届けいたします[前編はこちら]。[画像クリックで拡大表示します]

秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
まず上の写真(現地説明会のパネルを撮影 上方が北:奈良盆地の中心側)を御覧下さい。手前の道路に未発掘の方形施設2がありますが、その上方に2区画の施設が塀(緑に着色)にか囲まれてあるのがわかるでしょうか。中には立穴住居や簡易的な掘立小屋の後が残ります。柱や板など建材の出土はないようです。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
そのような施設の例を探すと上の写真のような「囲形埴輪(かこいがたはにわ)」にその類似が見られるというのは前回ご説明した通り。材木など建材が見られないのは恒久用途の施設として建てられたのではなく、ある不定期な儀式に使われ、その時だけ塀や小屋が建てられていたのではないかということなのです。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
↑しかもこの(二本柱に挟まれた板塀で囲まれた)方形施設の区画からはほとんど土器がでてこない、クリーンなゾーンなのです。土器はまとまって別の場所から出てきています。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
↑この土器は生活用ではなく儀式に使うことを目的とした高坏や丸底のツボなどです。その不定期な儀式とは、権力者交替の儀式や「もがり」ではないかということなのです。もがりとは、「死者を本葬するまでのかなり長い期間、棺に遺体を仮安置し、別れを惜しみ、死者の霊魂を畏れ、かつ慰め、死者の復活を願いつつも遺体の腐敗・白骨化などの物理的変化を確認することにより、死者の最終的な「死」を確認すること(ウィキペディア)」です。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
↑(上写真はクリックでアニメーションします) 話が前後します。二枚目の囲形埴輪を良く見てください。手前の一角に塀をずらして作ったゲートのような場所が見えるでしょ。それが上の写真↑のオレンジに先を入れた部分です。このゲートには他より太い柱穴が両サイドにあります。こういったった埴輪との類似点も見逃せませんね。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
さて、方形施設の北に目を移しましょう。ここには意図的にほられた二本の溝があり、それより北の区画と板塀のある祭儀空間とを明確に区分しています。さらにその北側には↓下写真のような柱穴の後が無数にあります。はて、祭儀の関係者の臨時施設でしょう?祭壇の陽なものなのでしょうか?調査の結果を待ちたいものです。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
そして二本の溝~無数の穴があって溝から約20m、そこには自然の流路(川)があるのですが、その縁まで来ると↓遺物(土器)が固まって廃棄されている場所があるのです。さらにその小川の向うは一般の居住区だといいます。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市

このように、おそらく祭儀であろう「ある特定の目的」のための施設であり、その利用区分が明確に分けられ、その中心部「方形区各施設」のブロックは利用後、建物や板塀を含む一切のものが綺麗に片付けられるということなのです。しかもその塀の形は、2本の柱の上部に横木を通し、板を溝にはさみ落とす独特の形式。300年代のはじめにこうした文化、そしてそれ専用の施設があったと言うことは驚きですねー。この跡の発掘が楽しみですヽ(´▽`)/    [前半はこちら]

[画像クリック:拡大表示] PHOTO * Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR (奈良県御所市池之内・條)

|

« 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(前編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市 | トップページ | いつもの生駒山に沈む夕日、つーか沈んだ・・・ »

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

TAAさんは考古学者のヒトだったか!
ボクには難しすぎる話ですが、モヘンジョダロとかアンコールワットとか見てても古代の生活様式は現代以上に秩序だった部分が垣間見えますね。カッパドキアだってホントに自然の地形なんだかどーだか、、。

>死者の復活を願いつつも遺体の腐敗・白骨化などの物理的変化を確認する

いやや(^◇^;)
俺、死んだら潔く速攻で灰になりたい(^◇^;)

投稿: テンペイ | 2010/01/27 20:15

>テンペイさん
もがりちゅうのはヤバいでしょうね。とにかく腐臭を放ち肉体が崩れて行くのを見て「あーやっぱ死んだんだ・・・生き返らないんだ・・・」って納得するわけでしょ。ちなみにもがりって一週間やそこらで終わらない。たとえば高貴な方(もがり外対象者)が100人もいたら毎年複数人もがるわけで・・・もしもがり用だったとしたらそんなに使用頻度は低くはなかったんでしょうね。そんなの居住区ではできまへんわね(^-^;

投稿: TAAさん | 2010/01/27 20:59

古墳時代って記録がないから難しいんですよね。このあとの飛鳥時代あたりの記録から推測しているんでしょうけどね。色々と推測しますが本当のところはわからんということです。これから議論百出するんじゃないでしょうか。
やっぱり宮内庁管轄の墓あばきをするともう少し見えてくるのに。

投稿: James | 2010/01/30 12:49

>Jamesはん
実は今日もそれだけに行ってきましたよ。現地説明会行くと1日1ネタなんで在庫がどんどんなくなるんだけど・・・。今日は複数の発掘がつながって秘密がひとつ解けたというはなし(*゚▽゚)ノ

投稿: TAAさん | 2010/01/30 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/33136724

この記事へのトラックバック一覧です: 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(後編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市:

» 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(前編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
2010年1月20日の新聞発表で、「橿原考古学研究所が奈良県御所市秋津遺跡で、両 [続きを読む]

受信: 2010/01/26 23:10

» 七世紀の横穴(おうけつ)墓と奈良時代のお寺、平安時代の鏡が結びついた!「女谷・荒坂横穴群 女谷D支群」現地説明会 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
このブログで遺跡現地調査の掲載は「複数棟の巨大建築物群・纒向遺跡(まきむくいせき [続きを読む]

受信: 2010/01/30 23:14

« 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(前編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市 | トップページ | いつもの生駒山に沈む夕日、つーか沈んだ・・・ »