« 下村彦右衛門が厚く崇敬した瀧尾神社(たきおじんじゃ) ・・・ 京都市東山区本町 | トップページ | 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(後編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市 »

1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(前編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市

2010年1月20日の新聞発表で、「橿原考古学研究所が奈良県御所市秋津遺跡で、両側に柱穴がある溝を方形に巡らせた古墳時代前期(4世紀前半)の遺構を発見した」との報道がありました。併せて「1月24日に現地説明会を開催する」とのことだったので早速行ってきました。前編はまずその雰囲気をお知らせします。[画像クリックで拡大表示します]

秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
JR和歌山線玉出駅南西徒歩30分、けっこう距離を歩きましたが要所要所に道案内の方を出してくれていたので難なく到着↑上の写真で、左手の山が金剛山(その裏側は楠木正成の千早赤阪村)、右手が葛城山。中間の水越峠を超えれば大阪の富田林PL学園の本拠です(いやPLの本拠と言った方が適切だ)
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
見学用に盛られた台。ここから北を眺めれば目の前には今回発掘された区画(↓)が、さらに先を見れば非常になだらかに奈良盆地の中心部に向けて広大な平地が広がっています。昨年末卑弥呼との関係で話題になった桜井市の纒向遺跡(まきむくいせき)は北東方向に十数kmのところにあるります。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
↑ちょうどこの区画上を北(上写真の向こう側)から南(背中)に向け高速道路が引かれる計画で、そのために道路の真下に当たる場所を発掘調査しているとのことです。すでに発見された遺跡群からみて、遺跡の少なさそうなところで道路計画の線引きがされたようですが大当たり!2年ぐらいは調査することになるそうです。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
↑研究員の方がパネルをつかって丁寧な説明を。ボードの左下に、過去に出土した「囲形埴輪(かこいがたはにわ)」の写真があります。出土はこの遺跡よりずっと後になるのですが、この遺跡の特徴である「二本の柱に挟まれた板塀」構造の類似例を探すとこの囲形埴輪になるんだだそうです。上の写真を良く見てください。家の塀の左手下に給(排水)口のようなものが見えるでしょう。もともと囲形埴輪は「水を使った祭事のための施設をモデルにしている」と考えられていたようです。今回の秋津遺跡には、この給排水口のような導水設備は無いようですが、ここも祭事に強く関わる施設であると推測されているようです。(その理由は後編で)
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
↑目を南に移すと何百もの小古墳が群立する巨勢山(こせやま:巨勢山古墳群)があり、古くからこの葛城の地域が古代文明と勢力を育んでいた場所であることがわかります。その右手(写真の外)には240m級の宮山古墳(5世紀前半、葛城氏の始祖)がありますが、この祭事を主催したクラスの王墓はこの近所ではそれに当たるものがないそうですよ。ちなみに↑写真の盛土の辺りにインターチェンジが取り付けられるそうで、数年先にココを訪れたらずいぶん景観も変わっていることでしょうね。山をいくつか超えると吉野川にあたり(約10Km先)やがて紀の川として太平洋に流れ出ます。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市
上の写真のように、溝(板をはめるため)の両脇に支柱用の穴が掘ってあります。だけどその板塀の中には纒向遺跡のように高床式のガッチリした構造物があったかと言うとそうではないようです。板といっても山からリフトで運んで製材所でビーンって電鋸で斬るわけじゃないので、分厚く大型の細板を一千枚も使うような事ってそんなに簡単にはできなかったはずなんですが・・・何ために・・・?。
秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市

板塀を含め作られた施設には何故か恒久性が無い・・・。ここで行われた祭事は、しょっちゅうやる、あるいは定期的にやるようなもの、ではなかったのではないか・・・・。だったらなんなんでしょうね。(後編に続く) →[後半はこちら

[画像クリック:拡大表示] PHOTO * Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR (奈良県御所市池之内・條)

|

« 下村彦右衛門が厚く崇敬した瀧尾神社(たきおじんじゃ) ・・・ 京都市東山区本町 | トップページ | 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(後編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市 »

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

現地説明会参加ご苦労様です。だんだん古代史を追いかける考古学親父のようになってきましたね。年相応ってところなのでしょうか?ブログ形式ではなく年表とマップでまとめたサイトにしていただけると私のようなグータラにはうれしいのですが如何ですか?

投稿: James | 2010/01/25 18:21

今からでも遅くないですよ、考古学への道。
ちょっと時代は違うけど、或る「小倉日記」伝TAAさん版なんかもいいかも。。。
不遇な人があることに没頭する、結果は兎も角。
あれれ、、不遇、結果が出ない、、ボクのこと?

投稿: naruto-hinata | 2010/01/25 22:26

>Jamesはん
ふうむ、奈良を歩いているとだんだん古代史の点がつながっていくような気がします。気がするだけですが。でも、だんだんわかるようになってくると知識の関連付けもできてきて興味もわくし、なにやら加速してくるかもしれません。

投稿: TAAさん | 2010/01/26 21:55

>naruto-hinataさん
或る「小倉日記」伝・・・って知らんのですが、松本清張も20年ぐらい読んでいないので早速暇つぶしに読んでみることにします。アマゾンの古本でポチしときましたよ。
>あれれ、、不遇、結果が出ない、、ボクのこと?
仕事はいざ知らず、お得意の写真で結果を出してください!

投稿: TAAさん | 2010/01/26 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/33111815

この記事へのトラックバック一覧です: 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(前編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市:

» 邪馬台国卑弥呼の宮殿というにはまだ早いけどメチャ楽しみ! ・・・纒向遺跡(まきむくいせき)現地説明会/奈良県桜井市・JR巻向駅すぐ [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
たった二両の電車が停まったのはJR桜井線の小さな駅巻向。JRの職員も増員しての「 [続きを読む]

受信: 2010/01/24 23:16

» 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(後編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
2010年1月20日の新聞発表で、「橿原考古学研究所が奈良県御所市秋津遺跡で、両 [続きを読む]

受信: 2010/01/26 23:09

» 七世紀の横穴(おうけつ)墓と奈良時代のお寺、平安時代の鏡が結びついた!「女谷・荒坂横穴群 女谷D支群」現地説明会 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
このブログで遺跡現地調査の掲載は「複数棟の巨大建築物群・纒向遺跡(まきむくいせき [続きを読む]

受信: 2010/01/31 11:34

« 下村彦右衛門が厚く崇敬した瀧尾神社(たきおじんじゃ) ・・・ 京都市東山区本町 | トップページ | 1700年前ここで何が行われたか?方形区各施設の謎(後編) ・・・ 秋津遺跡現地説明会/奈良県御所市 »