« 夕景七葉 | トップページ | おいなりさんのキツネ ・・・伏見稲荷大社/伏見区 »

勝運、学問、そして馬の神社 藤森神社(ふじのもりじんじゃ)・・・京都市伏見区

京阪電車藤森駅から徒歩数分のところに「藤森神社(ふじのもり)」がある。「神社もお寺もどこも同じでしょ」という方もおられるが、同じ神社なんてひとつもないですよ。でも同じだと思ってる人にとっては、日本国中同じだから安心できるってメリットがあるんじゃないですかねぇ。異国語不案内な私はUSへ言ったとき黄色いMのマークにホッとしてついついチーズバーガーをオーダ、そんな自分が嫌になったりして・・・人の事は言えんわね。 [画像クリックで拡大表示します]

勝運、学問、そして馬の神社 藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
↑「大将軍社」方位の吉凶を司る。藤森神社は京都の南方を守護する大将軍神社
勝運、学問、そして馬の神社 藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
↑中央部に通路を持つ拝殿。この拝殿は提灯に配電する回路を持つ。
勝運、学問、そして馬の神社 藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
勝運、学問、そして馬の神社 藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
↑不二の水(伏見の銘水)
↑七福神のオバサン弁天様
勝運、学問、そして馬の神社 藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
↑今年のサザンカはやっぱり例年より色鮮やかな気がする・・・んだけど気のせい?
勝運、学問、そして馬の神社 藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
↑手水社 龍の口から子bれ出た水が冬の陽にキラキラ輝いていた。
勝運、学問、そして馬の神社 藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
↑御籤は引かない。根本的に信じてないし「凶」だったら気分悪い。信じてるじゃん!
勝運、学問、そして馬の神社 藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
↑「善男善女」がやってくる・・・残念それは仏法に帰依した人の呼び名(^-^;

ところで、自分では無宗教と言いながら別に反宗教者ではないです。んで、こういう所へくるのはそれなりに好きです。いや、むしろシッカリした異宗教者だったらこういうとこへは来ないかぁ┐(´-`)┌ 本を読んでもよくわ解らないんで無宗教のままですが、この先、立派な宗教家に出会えば入信して空中浮遊なんかを楽しんでいるかもしれないって気はしますね。 大川隆法さんの理論って「なるほど、ああそういう霊の世界ってありだよねー」とわりと自分には受入れ易かったりするんですがね。 変にもったいぶって形式的な儀式を全部取っ払って、真に「人はなぜこの世にあるか」という問題に付いて真剣に語りかけてくれる宗教家に出会いたいなぁ・・・shine

 [画像クリック:拡大表示] PHOTO * Nikon  D90 + Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8ほか (京都市伏見区)

|

« 夕景七葉 | トップページ | おいなりさんのキツネ ・・・伏見稲荷大社/伏見区 »

関西ひとり歩き~京都(京都市内)」カテゴリの記事

コメント

寺社がどこもいっしょって感覚は、若い子がみんな同じ顔に見えるってのと同じだと思いますよ。
さて、宗教って文化を創りますからね。宗教観を表現するために絵や建物があり、それをより良い物にしていくための寄付も集まります。お金があればそれを目当てにした芸術家や技術屋、建築屋も自然に集まりますね。日本もヨーロッパも金融業が寺院を拠点にスタートしたのも分かるような気がします。

投稿: James | 2010/01/16 09:17

>Jamesはん
アライアンスとか部分ソーシングとか複数企業や団体が寄り集まって一体化して事業活動をするパターンがありますけど、学級活動でもクラブ活動でもそうかと思うんですが、リーダシップはそのきかっけかもしれないですが、渦の中心に向かって皆がなだれ込むような場?雰囲気?・・・なんかそういうものが必要な気がしますね。こういう場所は、たとえば一揆とか雨乞いとか戦勝祈願とか、大団結の場になってきたんでしょうね。オヂサンは一人ボッチなので、団結の雰囲気が懐かしいですよ(´-`)

投稿: TAAさん | 2010/01/16 11:31

渦の中心に向かって真っ先に飛び込める人、そしてその人を全面的に支援できる参謀役がいませんね。会社でも地域でも政治家でも。。。みんな様子見して自分のリスクテイクばっかり考えています。自分だけ頑張ってもねって思っちゃいますよ。このあたりが閉塞感につながるんですよね。

投稿: James | 2010/01/16 17:21

皆様の難しいお話はともかく、一番下の写真がいいです。こどもの動きもいいタイミング。。。
大昔、写真に凝っているおっちゃんにお寺や神社の門の手前から向こう側を撮るのが難しいやと言われたことがありますよ。当時は当然デジカメなんか無いので本当にテクニックが必要だったのですね。。
早く撮影のための外出をしたい・・・。

投稿: naruto-hinata | 2010/01/16 20:16

>naruto-hinataさん
こういう明暗差の大きい場面ではNikonで言うアクティブDライティングというダイナミックレンジを圧縮して記録する機能がありがたいですね。以前使っていたD60にもあったのですが、D60はそれでも白飛びに黒ツブレに相当気を使っていたけど、D90は自然にかつ必要な時強力に効く気がします。撮ってみると何か違うなぁと思うときは逆に人間の視神経のできの良さを痛感しますね

投稿: TAAさん | 2010/01/16 22:58

K-7にも「HDR」という伝家の宝刀がありますが、三脚必須なのでシャドー補正、ハイライト補正なんかでお茶を濁しますね。
今度、”夕日と富士”をテーマにHDR撮影してみます。

投稿: naruto-hinata | 2010/01/16 23:17

あーHDR専用ソフトのあるヤツでK7は自分HDRができるんですよねー。ぜひぜひ「信じられねー!」ような一発をお願いしますよヽ(´▽`)/

投稿: TAAさん | 2010/01/16 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/32988379

この記事へのトラックバック一覧です: 勝運、学問、そして馬の神社 藤森神社(ふじのもりじんじゃ)・・・京都市伏見区:

» 藤森神社(ふじのもりじんじゃ) その2 ・・・ 伏見区 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
歳を重ねますます老いた骨身に寒さが堪える今日この頃、皆様にはますます御健勝のこと [続きを読む]

受信: 2010/01/29 21:14

« 夕景七葉 | トップページ | おいなりさんのキツネ ・・・伏見稲荷大社/伏見区 »