« 錦天満宮 ・・・ 京都市中京区錦小路通 | トップページ | アムロ 行きまぁーす! モコジ兄はちょいビビリ ・・・ トイプードル1ヶ月半と14ヶ月 »

唐木イブキ ・・・ 臨済宗大本山 東福寺/京都市東山区

「洪基を東大に亜(つ)ぎ、盛業を興福に取る」 奈良の大寺にあやかって東福寺の名前が付けられたそうです。言ってみれば羽柴秀吉(丹羽長秀+柴田勝家)みたいなもんでしょうか。この洛南の大寺「東福寺」に説明板の付された古樹が一本あります。昔「唐木」とよばれた「イブキ」がそうです。 [画像クリックで拡大表示します]

唐木イブキ ・・・ 臨済宗大本山 東福寺
↑1405年建立・1425年の再建。現存する禅寺の三門としては日本最古(国宝)
唐木イブキ ・・・ 臨済宗大本山 東福寺
↑明治14年焼失した仏殿(本殿) その南(写真左側)に炎の形をした古樹がある。
実はこの樹、その火災の時に仏殿側の枝を焼き北側に多くの切断痕があるよう
唐木イブキ ・・・ 臨済宗大本山 東福寺
唐木イブキ ・・・ 臨済宗大本山 東福寺
↑「都名所図会(1780)」にも「唐木」として.
開山の高僧宋国より携え来たりと伝わる
↑炎の形とイブキは関係が?
唐木イブキ ・・・ 臨済宗大本山 東福寺
↑イブキの周りには、礎石らしきものをつかってサークルが作られている
唐木イブキ ・・・ 臨済宗大本山 東福寺
↑こういう方達の不断のご努力で文化財が守られているのですねー。

「イブキという樹は、樹形が炎のようなのでイブキという」様なことを昔聞いた覚えがあるけど、なぜ炎をイブキと言うんだっけ? 百人一首の枕詞のように「伊吹山→薬草→百草(もぐさ)→火」の連想?もし、伊吹山で「鉄や銅」が採れるなら製錬の火とか?でもあそこは石灰岩であまり火は関係ないか。伊吹山と関係なく元々炎のことをイブキと呼んだのか??? うーん、なんだかワカンないけど1月26日は「文化財防火デー」。火には気を付けましょう!(*゚▽゚)ノ

 [画像クリック:拡大表示] PHOTO * Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR (京都市東山区/東福寺)

|

« 錦天満宮 ・・・ 京都市中京区錦小路通 | トップページ | アムロ 行きまぁーす! モコジ兄はちょいビビリ ・・・ トイプードル1ヶ月半と14ヶ月 »

関西ひとり歩き~京都(京都市内)」カテゴリの記事

コメント

炎←→イブキ、確かタタラの神に関係合ったんじゃないですっけ?製鉄つながり、フイゴが取りもつ縁、みたいな?(笑)
それにしても開山の時からあるとするると樹齢600年、この木はどんな思いで時代の流れを見てきたんでしょうね。。
でも千年のツルや万年のカメにはまだ勝てないな(^^ゞ
1枚目の門柱はもの凄く立派ですね。寺というより神殿ぽい見事さですね@@;

投稿: テンペイ | 2010/01/17 22:04

>テンペイさん
フイゴに空気を吹き込むというような意味でしょうか。庭木でカイヅカイブキというのを良く見かけますが、こんなデカイのはそうそうお目にかかれないのでは。
ところで、樹に記憶があればこれはホントすごいことがわかると思うんですがねぇ。残念なことに記憶も目も耳も、そして口も無い・・・┐( ̄ヘ ̄)┌

投稿: TAAさん | 2010/01/17 22:33

禅宗の寺って立派なものが多いですよね。権力者と密接につながっていたという証拠なんだろうと思います。

投稿: James | 2010/01/19 20:46

>Jamesはん
京都市内でも特に全集の各寺はデ、デカイ・・・。武家時代の影響が大きいですね。そこが奈良の大寺との違いでしょうか。こっちは皇族貴族の庇護ですよね。

投稿: TAAさん | 2010/01/20 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/33020678

この記事へのトラックバック一覧です: 唐木イブキ ・・・ 臨済宗大本山 東福寺/京都市東山区:

« 錦天満宮 ・・・ 京都市中京区錦小路通 | トップページ | アムロ 行きまぁーす! モコジ兄はちょいビビリ ・・・ トイプードル1ヶ月半と14ヶ月 »