« 伏見稲荷の巫女さん ・・・ 伏見稲荷/京都市伏見区 | トップページ | ウズラさんがたくさんいるネ! ・・・ 伏見稲荷の参道にて »

西国第七番・日本最初やくよけ霊場「岡寺(龍蓋寺)」 ・・・ 奈良県高市郡明日香村

岡寺は近鉄岡寺駅から行くというよりも、いつも飛鳥駅で降りて徒歩かバスで明日香巡りをしているとソコ(山の上)にある・・・という感じのお寺です。(でも今回は岡寺から歩く)。そこにあるんだけど、慌ただしく明日香を巡っているとついつい山の上まで登る気になれず「今度行こう」とやり過ごしていました。初登頂です! [画像クリックで拡大表示します]

西国第七番・日本最初やくよけ霊場「岡寺(龍蓋寺)」
麓からの参道を歩いていくと駐車場脇にサザンカの生垣。岡寺の三重塔が。
西国第七番・日本最初やくよけ霊場「岡寺(龍蓋寺)」
↑岡寺の仁王門 慶長17年(1612)建立(国重要文化財)
西国第七番・日本最初やくよけ霊場「岡寺(龍蓋寺)」
↑厄除け 寺のホームページには「日本最初やくよけ霊場」とある
西国第七番・日本最初やくよけ霊場「岡寺(龍蓋寺)」
↑開基義淵僧正の廟塔。天武天皇の皇子で27歳で早世した草壁皇子の住んだ
岡宮の跡に義淵僧正が創建したとされる(ウィキペディアより)
西国第七番・日本最初やくよけ霊場「岡寺(龍蓋寺)」
草壁皇子といえば、天武天皇と持統天皇の子だから、こりゃプレッシャ大きっしょ
西国第七番・日本最初やくよけ霊場「岡寺(龍蓋寺)」
↑岡寺の三重塔。これが明日香を歩いていると良く見えて私を誘うのよ(昭和61年)

再建された伽藍が多いですが、七世紀の創建とされています。初午(はつうま)には「厄除け護摩大般若法要ってのがあるらしく、これん時はこんなにガラガラな岡寺ではないんでしょう。初午は2月の最初の午の日、この暦は旧暦だから、新暦ではもうひと月半ぐらい後の頃。もともとは春先の行事で、今年一年の始まり、豊作を願う行事の集まった日のようです。寺子屋の入学日でもあったそうですよ。

 [画像クリック:拡大表示] PHOTO * Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR (奈良県高市郡明日香村岡)

|

« 伏見稲荷の巫女さん ・・・ 伏見稲荷/京都市伏見区 | トップページ | ウズラさんがたくさんいるネ! ・・・ 伏見稲荷の参道にて »

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

お寺で厄除けですか。初詣に行って気付いたんですが、今年は「大厄」らしいんで行ってこようかな。ところで、「昭和61年」の意味が良く分からなかったのですが...

投稿: James | 2010/01/09 09:30

>Jamnesはん
「昭和61年」はあなるほど。「文久3年」とかだったら普通にわかるんですがさすがに昭和とかくと「?」ですよね。建立年です(^-^;
岡寺のパンフには流石に厄年一覧があり、男大厄は12,25,41-43,61才とあります。これでいくと、42歳を境に前段が高値安定なら、今は安値安定期ですなぁ。( ̄○ ̄;)!

投稿: TAAさん | 2010/01/09 11:19

人が写ってないと、色合いもあいまって寂しいですね。やっぱりTAAさんは巫女さん、盗撮含みの絵が似合います。。ついでにモコジも。

投稿: naruto-hinata | 2010/01/09 11:45

>naruto-hinataさん
昔々は人をなるべく入れないようにって思ってたんですけど、今は意識して入れるようにしてるときがあります。それを(絵)心無い人は盗撮と呼んだりもするんですが・・・bleah。人を入れるときは人に向かってカメラをなるべく振らず、来るのを待つようにしてます。たまに気付いてシャッター切るのを待ってたりしてくれる人もいるんですが、空シャッター切って「ありがとうございまーす」ですが、ホントは横切ってもらたほうがありがとうございまーすなんですよ(^-^;

投稿: TAAさん | 2010/01/09 17:33

へぇ~、「日本最初やくよけ霊場」ですか。
草壁皇子の時代なら頷けますね。聖徳太子の頃には厄除けの風習はあったような気もするけど、、、うろ覚え(^◇^;)
三重の塔ってのいうのは余りお目にかかったことがありません。小さくても五重にしてるとこがほとんどで。
それをこうしてシミジミ見ると、こぢんまりした中にも風格と安定感が兼ね備わってていいですねー。
もしかして五重塔に対して「空ばっか見てたってな、空に人は住んでねーんだよ。地平から目を逸らすなよ」ってアンチテーゼ投げかけてるんでしょうか?
それとも単に技術力と資金の問題か(^^ゞ

投稿: テンペイ | 2010/01/09 20:37

>テンペイさん
実は小さい五重塔よりでっかいのが薬師寺なんかの三重塔で屋根の間にもこし(モコジは我家の愛犬)という小屋根があって六重塔にみえるのです。最近掲載したものは、當麻寺東西塔、薬師寺、安土總見寺、金剛輪寺など、何故か三重塔ばかりでした( ゚д゚) そう言えば三重五重の違いって考えたこと無かったですね。「四の五の言うな」ってなことはいわれますが、三と五は真面目に考えないといかんっすね!(^-^;

投稿: TAAさん | 2010/01/09 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/32913010

この記事へのトラックバック一覧です: 西国第七番・日本最初やくよけ霊場「岡寺(龍蓋寺)」 ・・・ 奈良県高市郡明日香村:

» 関東 東京 アルバイト募集探し求人情報 バイト【短期・日払いバイト女性】横浜・千葉・埼玉・神奈川 [関東 東京 アルバイト募集探し求人情報 バイト【短期・日払いバイト女性】横浜・千葉・埼玉・神奈川]
関東 東京 アルバイト募集探し求人情報 バイト【短期・日払いバイト女性】横浜・千葉・埼玉・神奈川 [続きを読む]

受信: 2010/01/09 13:47

« 伏見稲荷の巫女さん ・・・ 伏見稲荷/京都市伏見区 | トップページ | ウズラさんがたくさんいるネ! ・・・ 伏見稲荷の参道にて »