« つまらない気付き「自動車」 | トップページ | 草むらで居眠りかい?ドーザの爺さん »

寒牡丹 ・・・ 當麻寺(たいまでら)/奈良県葛城市

當麻寺(たいまでら/奈良県葛城市)は天平期の二本の塔が両方現存するお寺として、ニ上山の麓で渋いたたずまいを見せています。という出だしで「冬の當麻寺3回のシリーズ」を企画していて・・・コロッと忘れたコロ助なりぃーなのです。当麻企画が忘却の彼方にあるうちに、寒牡丹もとっくにさかりを過ぎた・・・はずです。 [画像クリックで拡大表示します]

寒牡丹 ・・・ 當麻寺/葛城市
↑當麻寺の塔をバックに・・・12月23日頃の写真 (;´д`)トホ
寒牡丹 ・・・ 當麻寺/葛城市
↑霜除けの傘の下で咲く艷やかなボタン
寒牡丹 ・・・ 當麻寺/葛城市
↑タイトルには「寒牡丹」と書いたけど「寒牡丹」と「冬牡丹」は違うらしい。
寒牡丹 ・・・ 當麻寺/葛城市
↑「寒牡丹」は春秋二季咲きの変種の秋咲きを遅らせて咲かせるもの。
寒牡丹 ・・・ 當麻寺/葛城市
↑「冬牡丹」は春咲く一般の牡丹をうまく調整して冬に咲かせるものらしい。
寒牡丹 ・・・ 當麻寺/葛城市
↑春や秋なら昆虫も気候も良いけど、こんな時期に咲かさせられるのも辛いだろう
寒牡丹 ・・・ 當麻寺/葛城市
↑牡丹って、ある程度の大きさの株で買って植えたことはあるけど
寒牡丹 ・・・ 當麻寺/葛城市
↑最初はやっぱり種から曽田けるんだろうか株分けか挿し木かなぁ。

この當麻寺から1,000mぐらい先に石光寺という牡丹の名所があります。本日現在(1/11)ホームページを覗いたら「1月7日現在、寒牡丹咲き続いています」とあります・・・が、もう1月中旬、次はGW前後の牡丹を長谷寺にでも取りに行きますか(^-^;

 [画像クリック:拡大表示] PHOTO * Nikon  D90 + Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8など

|

« つまらない気付き「自動車」 | トップページ | 草むらで居眠りかい?ドーザの爺さん »

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

なんつーか、あまりコメントすること見つからないんですけど、珍しいものを見た!!
何とも微笑ましい風景です。行ったことないけどイメージ上の奈良って土地にとてもマッチしてそうです。1枚目の背景の三重?の塔との調和がいいですね。雰囲気ありありの3枚目もいいです。
ちょっと和み(^^)

投稿: テンペイ | 2010/01/11 22:15

>テンペイさん
いつもありがとうございます。冬の渋奈良もよいですよ。ってけっこう華やかだったり。ちなみに「寒牡丹」とするところを「かんびたん」の誤入力を発見。「パンビタン」って保健薬があったなぁと変なことを思い出しました。ちなみに「かんぴんたん」とはカエルが干からびたみたいにカラッカラに鳴っている様子を表す関西の一部地方の方言です。

投稿: TAAさん | 2010/01/11 22:43

当麻寺って日経に特集が出ていましたね。写経を納めに行くと面白いものが見れるそうですよ。
ところで、長谷寺って混みますよね?横暴カメラ野郎と戦うのでしょうか。。。?

投稿: James | 2010/01/14 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/32942865

この記事へのトラックバック一覧です: 寒牡丹 ・・・ 當麻寺(たいまでら)/奈良県葛城市:

» 滑る猿もいない、冬のサルスベリ ・・・ 古い塔の當麻寺(たいまでら)にて/奈良県葛城市 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
カラー写真なのにモノクロームな「冬のサルスベリと古い塔(當麻寺:たいまでら)」の [続きを読む]

受信: 2010/01/27 21:55

« つまらない気付き「自動車」 | トップページ | 草むらで居眠りかい?ドーザの爺さん »