« 上賀茂神社前の葵家「やきもち」 ってことでもないんですが・・・ | トップページ | 禅林寺(ぜんりんじ)永観堂 ・・・ 京都市左京区 »

ミカンの大木と黒谷のホトケさん

ここに二枚の写真がある一見何の関係も無い2枚の写真だが、読者の皆さんにはこの二枚の関連性がわかるだろうか? 「オカン、なんやそのミニスカートは!?年齢考えてーや!」「ほっとき、アテかて美しーなる権利はあるんやで!」[画像クリックで拡大表示します]

京都市内住宅街のみかんの大木
民家の入口にデカイみかんの木。ゲートのよう。実は食用というより装飾のよう
浄土宗大本山金戒光明寺
金戒光明寺は幕末京都守護職会津松平家の本陣になっていた場所。

「オカン、キツイデー」「ホットケ!」 えっ?もうわかりました?「おかんきついで」「とけ」 ・・・そう!ネタが無い時のダジャレ落とし!ここまで真面目に読みたどってきたアンタのその身の不幸お察し申し上げます(^-^; あー、また何人か立ち去っていく足音がする・・・

[画像クリック:拡大表示] PHOTO * Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR (京都市浄土宗大本山金戒光明寺)

|

« 上賀茂神社前の葵家「やきもち」 ってことでもないんですが・・・ | トップページ | 禅林寺(ぜんりんじ)永観堂 ・・・ 京都市左京区 »

関西ひとり歩き~京都(京都市内)」カテゴリの記事

コメント

あまりにもアホらしいシャレを見て、思い出してしまいました。
私、中学の時から深夜ラジオにはまってました。(今でもラジオよく聞きますが、)ヤングタウンという番組があって、そこにもせっせとハガキ出してました。あるとき突然読まれましたよ。杉田二郎に・・・しかも超面白くないダシャレネタを。ご存知の方も多いでしょうが、ハガキが読まれた人はご褒美としてステッカーやタオルなどいわゆる「giveaway」ってやつがもらえるのです。
が、そのときはあまりに面白くないハガキだったので、「景品なし」でした。とほほ。それから杉田二郎は嫌いです。

投稿: naruto-hinata | 2010/02/05 23:19

>naruto-hinataさん
まあ、それと一緒にされるのはチョット心外な面がありますが・・・。あの頃ろは“ハガキ"ってものをたくさん書きましたよね。今は年賀状の時ぐらいしか使わないですね。
あー持ち帰り仕事があるのですが、なかなか起動できません。ウダウダ・・・

投稿: TAAさん | 2010/02/06 09:19

写真は2枚ともいいッスm(__)m
特に2枚目の大胆カット、仏の手印もこーして斜めから迫ると印ではなく、「オーイイネ、イイネ。ソノぱんちヒトツアレバOK、OKヨ」って日系二世のボクシングジム・トレーナーの言葉を思い起こさせてべりー・ぐーデス。

「オカンキツイデホットケ」って謎の呪文にはノーコメント!ボクは心優しい好青年ですからー!(^◇^;)

下↓の記事でnaruto-hinataさんの優しいコメントを拝見したんで、チョイとご挨拶に行って参ります(^O^)/

投稿: テンペイ | 2010/02/06 12:29

杉田二郎がわからん。テンペイさんのコメントにもついていけない。まだまだ修行が足りないということか...
そういやぁTAAさんのダジャレ、おやぢギャク、下ネタについていけないとおねぇさまがおやめになるとか...恐ろしいパワーだわ

投稿: James | 2010/02/06 18:17

>テンペイさん
日本人は手をコミュニケーションにあまり使いませんが、握手も会話のジェスチュアも大事ですよね。それよっか、女性で手の動きだけでめちゃセクシーな方おられますよね。手の動きっても握ったりとかじゃないですから勘違いしないでね。(*゚ー゚*)

投稿: TAAさん | 2010/02/06 18:42

>Jamesはん
Jamesはんは戦争を知らない子供たちなんですね。ジェネレーションギャップですか。あ、そうそうH嬢やめて地元の漁協で働くらしいです。何年か先フィッシャマンズワーフでみりん干し値切ってるときそのおばはんがH嬢だったらどうしよう・・・Σ( ̄ロ ̄lll)再開が怖い

投稿: TAAさん | 2010/02/06 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/33265061

この記事へのトラックバック一覧です: ミカンの大木と黒谷のホトケさん:

« 上賀茂神社前の葵家「やきもち」 ってことでもないんですが・・・ | トップページ | 禅林寺(ぜんりんじ)永観堂 ・・・ 京都市左京区 »