« 【信州の旅】やはり野に咲け福寿草(フクジュソウ) / キンポウゲ科 | トップページ | 【春の信濃路】郷土のB級グルメ「おやき」 ・・・ 松本市 »

不思議な少女とお参りする山上の大観音 ・・・ 壺阪寺/高市郡高取町壷阪

高取町の壺阪寺には「天竺渡来」の石仏が何体があります。詳しいコトはわからないけれどインドとの交流事業と関係あるよう。最近作られたほとけさんに、最初は正直そんなに興味はなかったんですが、実際に目にしてみればちょっと「おっ!」という感じ。美しさ、気品、優しさのようなものをこの白い石の造形に感じてしまいます。[画像クリックで拡大表示します]

西国霊場第六番壺阪寺
↑境内に入るとこの不思議な少女にまず出会う。「ナニしにきたの?」「はい、写真撮影です」
西国霊場第六番壺阪寺
↑十一面千手観音菩薩像 身丈3.3m 台座1.5m、奥は身丈11mの大釈迦如来石像
西国霊場第六番壺阪寺
↑十一面千手観音菩薩像。観音菩薩は「慈悲」を表すらしい。
西国霊場第六番壺阪寺
↑ここにも不思議な少女が。後ろは天竺渡来大観音石像20m1200t
西国霊場第六番壺阪寺
↑「今日は暖かいね-」てなコトを会話しながら遠く葛城山の方を眺めている
西国霊場第六番壺阪寺
↑「あ、ども。またきてね」 天竺渡来大涅槃石像 8m

壺阪寺は、こうした「インドとの奉仕事業がご縁で始まった交流(同寺ホームページ)」に関わる石像が多数ありますが、もちろんそういう新しいものばかりではなく、平安や室町時代の建造物も保存されています。そうした建物も別の記事で紹介したいと思います。 [画像クリック:拡大表示] PHOTO * Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR (奈良県高取町、西国霊場第六番壺阪寺 

|

« 【信州の旅】やはり野に咲け福寿草(フクジュソウ) / キンポウゲ科 | トップページ | 【春の信濃路】郷土のB級グルメ「おやき」 ・・・ 松本市 »

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

おおー@@;
こーいうの(1、4、5)初めて見ますが、何かとてつもなくいいオーラ感じますね!
石仏っていうよりもっと穏やかで無邪気で、こちらも引き込まれそうな笑みですね。
仏像に特有の柔和の中にも厳しさを感じさせる側面がないからかなぁ。とても安らぎを感じています(^^)

あれ?信州は終わったの?(笑)

投稿: テンペイ | 2010/03/20 23:22

>テンペイさん
雨戸の外は大荒れの天気、春の嵐です。昨夜は1~2カ月に一回程度に激減した久しぶりの飲酒機会。今日は日中ぽかぽか陽気だというのに寝てばっかしでカメラは湿気っておりました(;´д`) 古い写真からネタ探ししてウダウダしてますが、さて、そろそろ別所温泉シリーズに取り掛かりますか。( ̄ー+ ̄)

投稿: TAAさん | 2010/03/20 23:36

最後の涅槃ですね。いいのは。
昔「涅槃で待つ」と言って、あの世にいった人が居ましたが、人生万事、涅槃かな??

投稿: naruto-hinata | 2010/03/21 00:28

壺阪寺って10数年前に行きましたけど、あんまり記憶に残っていないですね~。札所巡りを久々にしようかな~。実は朱印集めるのも趣味なんですよね。

投稿: James | 2010/03/21 18:16

>aruto-hinataさん
はー、あのチッチとサリーのサリー、スコッチ刑事のあのお方ですか・・・。「涅槃で待つ」、涅槃って入滅のことだけではなく、あらゆる煩悩から解き放された世界という意味で言ってるのですね。narutoさんにはこの境地が必要か?いや「らしさ」が無くなるか?

投稿: TAAさん | 2010/03/21 18:29

>Jamesはん
人の楽しみをとやかくいうつもりは無いですが御朱印集めが趣味とはいささか顔(^_^メ)に似合わんですなー。実は自分も独身寮時代にハイキングできたっきりなので・・・うっ、四半世紀前・・・。あるものは同じでも自分が変化してるから全く違うものに見えますよ(*゚▽゚)ノ

投稿: TAAさん | 2010/03/21 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/33859454

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な少女とお参りする山上の大観音 ・・・ 壺阪寺/高市郡高取町壷阪:

» 仁王像・傷みが激しいがパワフルさは衰えを知らず ・・・ 壺阪寺/奈良県高取町 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
そういえば、今日会社でまじめにお仕事をしていたら、美人広報さんがやってきて「ニコ [続きを読む]

受信: 2010/03/26 23:30

« 【信州の旅】やはり野に咲け福寿草(フクジュソウ) / キンポウゲ科 | トップページ | 【春の信濃路】郷土のB級グルメ「おやき」 ・・・ 松本市 »