« 冷たい春の雨に打たれる庭の花(後篇) ・・・ TAA家庭園にて | トップページ | 【春の信州路】山を越え川を渡り、田舎な道景色 ・・・ 木津から塩嶺、そして上田へ »

東洋がある、西洋がある いくつもの物語がある ・・・ トルコ共和国

 ブログのタイトルはトルコ共和国大使館キャッチのぱくり・・・今回はネタも切れて、んーと言うより在庫写真が切れて、人の撮った写真とぱくりキャッチでお茶を濁そういう意図が見え見えなのだ。  [画像クリックで拡大表示します]

トルコ
↑こういうのモスクっていうのかしら、行ってないからワカラン!(ディヴリーイの大モスク?)
トルコ
↑これはモスクの中かシラン? 行ってないのでワカラン!
つぅことで、自尊心のかけらも誇りも持たないワタシはムスメの撮ってきた写真をぱくって掲載しているのである。ヤツには所得では大勝するが可分所得は率でも絶対額でも負ける(ノ_-。) しかし、ムスメの可分所得の何倍もの学費が自分の可分所得を食い尽くしていることを考えると、何かスッキリしないものを感じる。
トルコ
↑レンズに水が垂れてる・・・? いや車窓からみた市街かな。
トルコ
↑ローマがトルコを支配していたローマ時代の遺跡か・・・
こういうトルコの定番観光地を旅する我が子とその友達らの笑顔を見ていると、片手にも満たないバイトの一万円札を握って何日も野宿しながらあちこちを旅した日を思い出す。さらに自分の親の時代にはそれすらもできなかったはず。永い時間をかけて自分の子供たちがそんなことができるようになったんだと思うと、その礎をコツコツ積んできてくれた自分の親に感謝である。
トルコ
↑あっ、ローマ字・・・とは言わないなぁ。ラテン語とかいうヤツかなぁ。
トルコ
↑故知はちょっとでっかいめの劇場。グラディエータが戦うのか。
トルコ
↑温泉か?そういえばトルコって大地震あったよな。関係あるよな無いよなキムヨナ

外国って外国と言うだけで写真のネタがいっぱいありそう。二週間ぐらい取材すれば半年分ぐらいのブログネタは集められそう。いや待て、ブログのために海外に行くのか?まっ、いければそれでもいいけど( ̄▽ ̄) [画像クリック:拡大表示] PHOTO * RICOH CAPLIO GX100

|

« 冷たい春の雨に打たれる庭の花(後篇) ・・・ TAA家庭園にて | トップページ | 【春の信州路】山を越え川を渡り、田舎な道景色 ・・・ 木津から塩嶺、そして上田へ »

世界ひとり歩き~アジア」カテゴリの記事

コメント

ム、ムスメさんの写真でか!?@@;
スゲー上手いと思うんですけど。マジで。
最後の写真のまるで荒野を彷徨するイエスみたいな宗教的アートなんかモノスゲー。。。光に挟まれたシルエットが印象的。
あと3枚目の巨木。構図がいいですよねぇ。
タダモノではない娘さんをお持ちのようで(^^)

関係ないけどこのあいだビデオで「探偵物語」見てたら、やたらトルコって連呼してましたよ。深い意味はないですが。

んでは小さな旅、気をつけて行ってきてくださいねー(^^)/~~~

国宝がある、晩メシが出る、いくつかの隠し湯ががある‥‥別所温泉。笑

投稿: テンペイ | 2010/03/12 20:38

出たね。ついに!
テンペイさんのコメントにもある最後の写真はアサヒグラフのパクリかと思ってしまいましたよ。
可分所得率で勝った負けたなんて、甘い甘い!はっきり言って写真も負けてますよ。。
当然、カッパドキアへは行ったのでしょ?
見たい!「上手な写真」。

投稿: naruto-hinata | 2010/03/13 00:07

とうとう禁断のお嬢様の作品を使いましたね。私も皆さんと同じ感想でして、お嬢様はうめぇ。とんびが鷹?あの親にしてこの子あり?なんだか良く分かりませんが、素晴らしい。
でも、海外行くとブログネタは困りません。私もたった一日の観光ですが30回近くは引っ張れそうですし。半年も行くとネタを考えるのにかえって困るかも。

投稿: James | 2010/03/13 22:10

>テンペイさん
いやいや行ってきました。片道500Km超えの一泊二日はがたの来始めてるからだにはこたえました。ようやくうだうだとPCに向かい始めました。(^-^;

投稿: TAAさん | 2010/03/14 20:46

>naruto-hinataさん
カッパドキアの写真もありましたが、ちょっとレベル行ってなかったのでボツにしました。写真撮ろうとしたみたいなんですが、「なに?ちょっとアレ。中井貴一の横にいるヤツ。そこのカッパ、じゃまだからドキやがれ! カッパドキヤッ!」みたいなトラブルがあったみたいです。

投稿: TAAさん | 2010/03/14 20:49

>Jamesはん
えっ!?エゲレスは30回も引っ張るんですか?間に野球挟みながら・・・。あたしゃ間にトイプー挟みますけど(^-^;

投稿: TAAさん | 2010/03/14 20:50

>ちょっとレベル行ってなかったのでボツ・・
惜しいな・・そんなこと言ってたら、嫌われまっせ。家でも、会社みたいに。

私は昔から行きたいところが有りまして、、、
・イースター島
(二十数年前に東京のイースター島展でほんもののモアイを見てはまりましたね。)
・アンコールワット
こりゃ圧巻でしよう・・・
・そして最後はナスカ
こいつは飛行機チャーター必須?
どこも遠くて今のところ諦めてます。。

投稿: naruto-hinata | 2010/03/14 22:31

あたしゃローマですね。塩野さんの本読んで是非行ってみたいと思いましたよ。寂しくグーグルで上空を飛行したり通りをドライブしたり・・・(^-^;

投稿: TAAさん | 2010/03/14 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/33732318

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋がある、西洋がある いくつもの物語がある ・・・ トルコ共和国:

« 冷たい春の雨に打たれる庭の花(後篇) ・・・ TAA家庭園にて | トップページ | 【春の信州路】山を越え川を渡り、田舎な道景色 ・・・ 木津から塩嶺、そして上田へ »