« ユウマダラエダシャク ・・・ シャクガ科エダシャク亜科 | トップページ | 地面のフタ? 昔は這いつくばって隠れるヤツと、空高く目立つヤツ ・・・ 友が島/和歌山市加太町 »

敵艦隊を紀淡海峡で封鎖せよ!要塞の島(4) ・・・ 友が島・第三砲台/和歌山市加太町・友が島

紀淡海峡を挟んで、淡路島由良-友が島-和歌山加太町ラインを防御する由良要塞。今回の第三砲台は標高110m、島の最高部に近い場所に設けられ、友が島側要塞の中でも最大級のものです。[画像クリックで拡大表示します]

由良要塞/友が島・第三砲台/和歌山市加太町・友が島

↑ここには友が島の要塞最大の28cm榴弾砲が1砲座(絵上の写真)に2門ずつ、4砲座計8門が一直線に並んでいました。その4砲座は現在も上の写真のような状態で全て残り、地上部、地下部の小さなトンネルで相互につながっています。

由良要塞/友が島・第三砲台/和歌山市加太町・友が島

↑砲座間をつなぐ地上部のトンネルは、上の写真のように一部水につかっていますが、排水路がシッカリ活きているのか2,3cm程度の深さで床面もシッカリしているので、トレッキングシューズなら問題なく通過できます。驚くのは、この砲座間のトンネルの中間からさらに下の火薬庫にいくトンネルや通路があるのですが、全く水没などせずゴミや瓦礫もなく、普通に歩行できることです。もっとも最低限ペンライトぐらいの灯りは必要ですが。[画像クリックで拡大表示]

由良要塞/友が島・第三砲台/和歌山市加太町・友が島

↑他の砲座でも見られる火薬や砲弾などを一時的に置くスペース。実戦で砲弾が飛び交ったことはないので保存状態は良好です。大砲は戦艦などのモノと違いシェイカーのようなずんぐりしたものがむき出しで回転台の上に設置されています。28cmり榴弾(りゅだん)は1発が217Kgほどあるそうで、以前活躍した横綱曙(あけぼの)が空に向かって飛んでいくイメージですね。

由良要塞/友が島・第三砲台/和歌山市加太町・友が島

↑大砲は、最大角65度で空に打ち上げられ、砲座の人達から落下点の様子が見えません。そこで、砲座上のこの高見から砲台長が着弾観測をするのです。この鍵穴から右手の海を望遠鏡で観測し砲座に方向や角度の修正を指示するんですね。鍵穴の手前は↓下写真のように深く落ち込んで、おそらくはしごがかけられていたんでしょう。

由良要塞/友が島・第三砲台/和歌山市加太町・友が島

↓そして、その下の細いトンネルは下の砲台や、さらに下の火薬庫へとつながっています。これらのトンネンルは真っ暗で目をつぶっているのと同じ暗さ。でも平坦で足下に何も落ちていないので眼をつぶってでも歩けます。まあそうしない方が望ましいとは思いますが。白い漆喰がレンガの上に塗られており、現在も残っています。

由良要塞/友が島・第三砲台/和歌山市加太町・友が島

↓下の写真は砲座のさらに下にある棲息掩蔽部(装薬庫)です。右手が入り口で地面を掘り下げた運搬用の広い道路があります。左側は庫の奥で窓のようなものが見えますが、人一人が普通に歩けるぐらいの細いトンネル通路がこれらの弾薬庫群を巻くように通っています。

由良要塞/友が島・第三砲台/和歌山市加太町・友が島

↓これが棲息掩蔽部(せいそくえんぺいぶ:装薬庫)を外側から見た写真です。手前から4連の倉庫、奥に1本の倉庫があります。ここは友が島ウォーキングの名所なので比較的ハイカーが訪れます。ライトをお持ちでない方はトンネンルに入ってこないようですが、カメラのAF補助光やケータイのライトでも目が慣れれば歩けますの是非挑戦を!

由良要塞/友が島・第三砲台/和歌山市加太町・友が島

↑この通路の先を左に曲がると、日当たりのより広場のような場所があり、そこに当時にの発電所と兵士の居住棟跡があります。銃眼がその先にある切り通しの門をにらんでいますが、まあのんびりした感じです。その門を通り抜け数百mの遊歩道を下れば、友が島ウォークの起点・船着き場に戻ります。[画像クリックで拡大表示]

[画像クリック:拡大表示] PHOTO * PHOTO *Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VRほか (和歌山県加太町友が島 

|

« ユウマダラエダシャク ・・・ シャクガ科エダシャク亜科 | トップページ | 地面のフタ? 昔は這いつくばって隠れるヤツと、空高く目立つヤツ ・・・ 友が島/和歌山市加太町 »

関西ひとり歩き~和歌山」カテゴリの記事

コメント

フタの写真を先に見ちゃったんでインパクトが薄れました(^◇^;)
こっちはこっちで古代遺跡を思わせるロマンは感じますけどワクワク感がなぁ(^◇^;)
だけど古代文明の痕跡ではなく、近代の要塞の残骸と言うことで、現地に立つとモニターでは分からない緊迫感や威圧感を感じるのだろうな、と思います。

投稿: テンペイ | 2010/05/23 21:45

>テンペイさん
むふふふ、このジットリ感が個人的には好きなんです。明治時代から昭和にかけての超近代的要塞(だった)この島が当時最新鋭の兵器や通信機材で満たされていたときのことを真っ暗なトンネルで一人想像してました。このトンネル無いでは「おかしいんちゃうか?このオヤジ」そういぶる人にもそうであいません(^-^;

投稿: TAAさん | 2010/05/23 22:03

在庫でなんとか繋いだ感が漂いますな。naruto-hinataさんみたいに雨にも負けず頑張って散策してくださいね。

投稿: James | 2010/05/24 22:03

>Jamesはん
いや在庫というか、完結してなかったんでね。友が島は第三砲台がメインなんです。でもその割に乾き物の写真じゃなくジメっとしたヤツばっかり選びました。

投稿: TAAさん | 2010/05/24 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/34831515

この記事へのトラックバック一覧です: 敵艦隊を紀淡海峡で封鎖せよ!要塞の島(4) ・・・ 友が島・第三砲台/和歌山市加太町・友が島:

» ヤブツバキ(やぶつばき) ・・・ 友が島/和歌山市 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
4月に尋ねた友が島の展望台からの風景です。島には派手な花は咲いてないのですが、森 [続きを読む]

受信: 2010/05/23 17:54

» 敵艦隊を紀淡海峡で封鎖せよ!要塞の島(1) ・・・ 友が島第五砲台(由良要塞)/和歌山市加太町・友が島 [ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行 by TAAさん]
明治時代の最大の脅威と言って良いだろうか。幕末の頃、黒船になすすべもなく開国を迫 [続きを読む]

受信: 2011/12/06 12:25

« ユウマダラエダシャク ・・・ シャクガ科エダシャク亜科 | トップページ | 地面のフタ? 昔は這いつくばって隠れるヤツと、空高く目立つヤツ ・・・ 友が島/和歌山市加太町 »