« モコジの災難 ・・・ モコジ(トイプードル・1歳半) | トップページ | アイボに愛慕、ボールに戯れるだけでなんでこんなに可愛いの? ・・・ RoboCup Open2010 OSAKA (その1) »

暗い沼

実家の裏にずーっとある暗い沼。この時期、ウシガエルが不気味な鳴き声で夜通し鳴き続ける。嵐の夜はザワザワ沼の木々が騒ぐ。近くを歩くと、何かがゾワゾワっと、ただでさえ濁ってる水にドロの渦を作る。昔は、沼の生物が怯えているという感覚じゃなく、水底から「おまえを見てるぞ」というメッセージのように感じた。 [画像クリックで拡大表示します]

暗い沼
↑ノッタリした黒い水面に傾きかけた陽を映す。
暗い沼
↑この沼でもっとも大きな存在感。その声は不気味でおおきく、雨の夜は陸上をさまよう。
暗い沼
↑カモが七羽、今年出来た家族のよう。それすら湖面の影模様のように映る

それでもこの沼が嫌いじゃない。この沼の暗さや不気味さも、時折ビックリするほどの数の白鷺に埋め尽くされる周囲の木々も、沈んだ自転車も、でかいウシガエルのオタマジャクシのうごめきも・・・幼い頃から自分のすぐ側にあったこの沼は、実は自分の精神世界の投影のように見えるからだ。この沼は、あきらかに・・・「私」、である・・・ 
って、ここからガーッ!と新たな太宰文学が始まるのかぁっ! 100年早いわッ! [画像クリック:拡大表示]  PHOTO *Nikon D90 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF) (三重県亀山市 1,3枚目カラー写真、2枚目はバランスが悪いので彩度を落としました)

|

« モコジの災難 ・・・ モコジ(トイプードル・1歳半) | トップページ | アイボに愛慕、ボールに戯れるだけでなんでこんなに可愛いの? ・・・ RoboCup Open2010 OSAKA (その1) »

オヤジのつぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

ブンガク的です。思いっきり彩度を無くした沼、覗き込むだけでヒトを鬱々とさせるオーラを発散してます。ヒトの足とか浮かんでても違和感ないし、河童が躍り出ても驚かない。むしろ出ない方が驚く。
妖怪って本来八百万の亜種であるはずなのに神扱いされないのは、こーいう沼に住んでそうなイメージがあるからなんでしょうねぇ。
オッサンがこの沼に飛び込んでサンショウウオになる話とか期待しておりますm(__)m

投稿: テンペイ | 2010/05/05 10:17

沼ってヌマッとした感じがあってあまり入りたくない雰囲気ですよね。沼は推進5m以下を言うらしいですが、5m程度しか見えないというのが正しいのではないでしょうか?水底が暗いんですよね。あーやだやだ沼の主にはなりたくねぇー( ̄◆ ̄;)

投稿: TAAさん | 2010/05/05 12:22

沼がTAAさんの原点とは...衝撃のあまり声も出ません。なんともネトッ、ヌメッって感じが、気持ち悪い。素晴らしい写真です

投稿: James | 2010/05/07 22:27

>Jamesはん
けけけけっ!ヌメって感じのココロのヒダを持つTAAさんです。オレは暗い沼の底で生きるんじゃぁ。( ̄◆ ̄)

投稿: TAAさん | 2010/05/08 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/34523819

この記事へのトラックバック一覧です: 暗い沼:

« モコジの災難 ・・・ モコジ(トイプードル・1歳半) | トップページ | アイボに愛慕、ボールに戯れるだけでなんでこんなに可愛いの? ・・・ RoboCup Open2010 OSAKA (その1) »