« 一歩進んだ帽子を、おしゃれの帽子 ・・・ 近鉄八木西口 | トップページ | 紫陽花さん、この季節にぴったりなのはピッタリこの季節に合わせて咲いてくるからなの? »

京都粟田国の「旅立ちの神」粟田神社の摂末社

京都七口の一つ粟田口、そこから東海道・中山道が西へと延びることから粟田神社は旅立ちの神としてあがめられてきたそうだ。南禅寺から青蓮院や知恩院へ下る道の途中にあるので時折覗いてみる。今回はその摂末社(せつまつしゃ)を掲載する。 [画像クリックで拡大表示します]

京都粟田国の「旅立ちの神」粟田神社の摂末社
↑摂末社(せつまつしゃ)というのは、メインの神社の敷地内にある小さい神社のこと
京都粟田国の「旅立ちの神」粟田神社の摂末社
↑多賀って、伊邪那岐命(イザナギ)・伊邪那美命(イザナミ)の2柱を祀る滋賀の多賀大社?
京都粟田国の「旅立ちの神」粟田神社の摂末社
↑これは粟田神社本殿の一部です。摂末社じゃありません・・・・
京都粟田国の「旅立ちの神」粟田神社の摂末社
↑吉兵衛明神。「明神」とは、神は仮の姿ではなく明らかな姿をもって現れているという意味である(wiki)
京都粟田国の「旅立ちの神」粟田神社の摂末社
↑北向き稲荷。北に向いているのは珍しいのであえて「北向き」と呼ぶ
京都粟田国の「旅立ちの神」粟田神社の摂末社
↑こっちは太郎兵衛大明神。こちらも神様みたいな太郎兵衛さんがおられて祀られたのだろう。
京都粟田国の「旅立ちの神」粟田神社の摂末社
↑巻物をくわえているが、そういえばウチのチビ犬もなんかをよくくわえて走り回っている。

あまり暑いのでこの神社で40分も休んでいたけどついぞ誰も現れなかった。ヒトが現れないならせめてモノノケのたぐいでも現れてはくれないかと思ったりもしたが・・・望んだときにはなかなか現れないモノである。

 [画像クリック:拡大表示]PHOTO *Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR (京都市東山区粟田口鍛冶町)

|

« 一歩進んだ帽子を、おしゃれの帽子 ・・・ 近鉄八木西口 | トップページ | 紫陽花さん、この季節にぴったりなのはピッタリこの季節に合わせて咲いてくるからなの? »

関西ひとり歩き~京都(京都市内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/35284097

この記事へのトラックバック一覧です: 京都粟田国の「旅立ちの神」粟田神社の摂末社:

« 一歩進んだ帽子を、おしゃれの帽子 ・・・ 近鉄八木西口 | トップページ | 紫陽花さん、この季節にぴったりなのはピッタリこの季節に合わせて咲いてくるからなの? »