« 寅年の虎尽くし ・・・ 信貴山朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)/信貴山 | トップページ | 琵琶湖の湖西 夏の堅田(かたた)を歩く ・・・ 滋賀県大津市 »

光と影

光と影のコントラストを強く撮った写真ですが、これほどコントラスト(光と影の差)が強いと、光と影は全く反対の性質を持つように思ってしまったりします ね。でも、ホントは暗部も明部光の強さの一状態に過ぎない。生まれたての赤ん坊と死にかけの老人を比べると生と死を対比して考えてしまうけど、もしかしたらこれも生の状態が少しだけ違うのかもしれないですね。
何かに付けコントラスト(状態の差)が強いものには、それぞれに個性的な名前が付ので全く違うモノと思いがち。でも、冬のような秋と秋のような冬は、それぞれの季節のど真ん中にあれば判別でき るけど、二つの季節の境目ならば誰も区別することはできないですねー。ん?なんのこっちゃ?(*´v゚*)ゞ [画像クリックで拡大表示します]

信貴山朝護孫子寺の千手院に並ぶ石のホトケさん
↑信貴山朝護孫子寺の千手院に並ぶ石のホトケさん。

今日は夏らしく良く晴れ上がった・・・結構暑い一日でした。少し脚を伸ばして琵琶湖(湖西)まで行ってきました。暑かったのでそんなに数は撮らなかったん ですがまだ写真の整理ができてないので掲載な次回にします。

PHOTO *Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR  (平群町信貴山朝護孫子寺) 

|

« 寅年の虎尽くし ・・・ 信貴山朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)/信貴山 | トップページ | 琵琶湖の湖西 夏の堅田(かたた)を歩く ・・・ 滋賀県大津市 »

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^^)
これは照明使った演出?それとも自然のタイミングですか?自然だとしたら貴重なタイミングをものにしましたねー@@;
ってかこーいう瞬間に巡り会う、いや引き合わされるってのは精神が次のレベルへ導かれてるのかもしれませんね。
光と闇。両極端な存在と思われがちだけど実は表裏一体のもの。その交わる僅かなスペースにボクらはひしめき合って生きていますね。そんなコトより人造人間キカイダー。

投稿: テンペイ | 2010/07/20 01:12

>テンペイさん
こんばんわ。ここは土手の急な斜面と寺院の建物に囲まれた中庭のような空間で、ちょうどホトケさんの上に雨よけのシートがかぶっています。パラパラ、シトシト・・・雨の音を聞きながら狭い空からさす雨雲越しの光で撮影しました。そんなことよりバージル、今日の装備はジェットモグラでしょ。

投稿: TAAさん | 2010/07/20 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/35814902

この記事へのトラックバック一覧です: 光と影:

« 寅年の虎尽くし ・・・ 信貴山朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)/信貴山 | トップページ | 琵琶湖の湖西 夏の堅田(かたた)を歩く ・・・ 滋賀県大津市 »