« 皇子達の墓標(六角墳・八角墳) ・・・ 川島皇子・草壁皇子/奈良県明日香村 | トップページ | 飛鳥の奇石「マラ石」 ・・・ 奈良県明日香村祝戸 »

神社には女性が似合ってると思うので、日本の女性はどんどん神社に参拝しましょうよ(日本神社振興協会ってないよなー) ・・・ 世界文化遺産宇治上神社/京都府宇治市

宇治上神社へやってきた(っていうか、このブログ編集しかけて一月半ほったらかしにしてました)。こういう一本道のようなところを行って、ソレを帰ってくるみたいな場所だと、けっこうずっと同じアベックや親子と一緒に流れていたりする。だいたい一カ所に止まる時間が長いTAAさんなので置いて行かれることは多いんだけど・・・。この写真も同じ親子やアベックが写ってる。  

世界文化遺産宇治上神社/京都府宇治市
↑宇治上神社の南側にある宇治神社 仁徳天皇兄さんとの皇位継承に破れた皇子が祀られているとか
世界文化遺産宇治上神社/京都府宇治市
↑こちらは宇治上神社の拝殿前。菟道稚郎子命(うじのわきのいらつこのみこと)・応神天皇・仁徳天皇
世界文化遺産宇治上神社/京都府宇治市
↑応神天皇がお父さんでうウジの・・・皇子がムスコ、仁徳さんがその兄という関係らしい。
世界文化遺産宇治上神社/京都府宇治市
↑ 「宇治七名水」のひとつ宇治上神社の桐原水(きりはらみず) 現在の水質は未確認
世界文化遺産宇治上神社/京都府宇治市
↑おっ?そういえば国宝の本殿(三社を格納)も拝殿も写っていない・・・
世界文化遺産宇治上神社/京都府宇治市
↑大股で闊歩するオバハンの力強さは不況にあえぐニッポンの支えだ。

四枚の写真に登場する母娘と二枚の写真に同じアベック。まあいいか。最近女性に妙に興味がある(ヘンな意味ではなく)が、「神社には女性がでしょ」と勝手に決めつけてしまうほど、女性が似合っている場所におもえるので・・・・・・・ある。でも、それは古い時代の偏見かも。これから女性は、男の作る時代と運命に身を委ねてちゃだめなんで(たぶん) 「あたしゃこんなふうに生きたいから、手助けしろや神さん!」ぐらいの勢いで参拝せんといかんのかもネ。  

|

« 皇子達の墓標(六角墳・八角墳) ・・・ 川島皇子・草壁皇子/奈良県明日香村 | トップページ | 飛鳥の奇石「マラ石」 ・・・ 奈良県明日香村祝戸 »

関西ひとり歩き~京都(京都市以外)」カテゴリの記事

コメント

ユーモラスを感じる数々の写真を楽しく拝見しました。
前から撮ると、だいたい人はポーズをとりますが
後ろは無防備ですので、自然な姿が見られますネ~

投稿: s/w | 2010/10/07 02:05

おっしゃる通りですね。前はあまり人が写り込まないよう気を付けていたりしましたが、最近は人がいるほうが「らしいなあ」とかんじます(*^-^)ね。

投稿: TAAさん | 2010/10/07 07:05

こんばんは!
女性の姿を撮られる時のTAAさんの優しい笑顔が伝わってきました^^
私がもしTAAさんに後ろ姿を撮られた時、1枚目~5枚目のような雰囲気でありたいと思うのが願望です。明日から歩き方にも気をつけよう~(*^_^*)

投稿: 紫陽花 | 2010/10/07 20:24

>紫陽花さん
いえいえ、気が弱いので後ろ姿しか撮れないただの盗撮オジサンです^_^; でも、カメラに気づかない、人の後ろ姿って、結構自然ですき何でですよ。(*゚ー゚*)

投稿: TAAさん | 2010/10/07 22:20

how are you!This was a really wonderful subject!
I come from itlay, I was fortunate to approach your blog in wordpress
Also I obtain a lot in your Topics really thank your very much i will come every day

投稿: bet365 | 2010/10/25 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/37109227

この記事へのトラックバック一覧です: 神社には女性が似合ってると思うので、日本の女性はどんどん神社に参拝しましょうよ(日本神社振興協会ってないよなー) ・・・ 世界文化遺産宇治上神社/京都府宇治市:

« 皇子達の墓標(六角墳・八角墳) ・・・ 川島皇子・草壁皇子/奈良県明日香村 | トップページ | 飛鳥の奇石「マラ石」 ・・・ 奈良県明日香村祝戸 »