« 薪神社(たきぎじんじゃ)日没の頃に ・・・ 京田辺市薪里ノ内 | トップページ | 対武田戦の最前線、苗木城(遠山氏)その1 ・・・ 岐阜県中津川市 »

昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市

一休宗純が無くなるまでの25年を過ごした恩酬庵(一休寺)はJR京田辺駅から1.2Km。その道の半ばあたりにこの棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)があります。奈良京都の神社ってひっそりとしていても意外に由緒があったりするので、いつもとりあえず(?)覗いて行くことにしています。今回もそんなノリでたまたま立ち寄りました。

昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市
↑府道22号線に平行する坂道を上がる。一段低い庭のような場所の向こうに拝殿が。
昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市
↑夏は蝉も暑さもノイジーだけど、秋って静かなんだぁ・・・と、改めて思う
昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市
↑このドライベジタブルで装飾されているのが瑞饋神輿(ずいきみこし)だ
昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市
↑ もちろん担ぐときはもう少しみずみずしいんじゃないでしょうか
昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市
↑これは子供御輿の屋根。さあズイキの意味がわかりましたね。
昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市
昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市
↑左はおそらく中断前、右は復活後数年昭和57年の1,2年生稚児さん達
↑上の二枚はクリックすると拡大表示ます
昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市
↑これは子供御輿の鳳凰。大人御輿の鳳凰はソテツの翼、大きいので外してあった
昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市
↑子供御輿の装飾。米や小豆などでびっしりと飾ってあります!

五枚目の写真が一番わかると思いますが、この御輿の屋根を葺いているのがズイキ(芋茎)です。幼い頃オフクロさんが芋茎を炊いたのを時折作りましたが、あのトロッとした食感はあまり好きじゃありませんでした。京都・北野天満宮の瑞饋神輿を手本にして作成されたようです。収穫の喜びが力強くも楽しくも伝わってくる御輿ですね。 

|

« 薪神社(たきぎじんじゃ)日没の頃に ・・・ 京田辺市薪里ノ内 | トップページ | 対武田戦の最前線、苗木城(遠山氏)その1 ・・・ 岐阜県中津川市 »

関西ひとり歩き~京都(京都市以外)」カテゴリの記事

コメント

変わった神輿ですね・・・「ベジタリアン神輿」。見たこと無いです。
周りに小バエとかは飛んでませんでしたか?

投稿: naruto-hinata | 2010/11/07 22:02

ズイキ(芋茎)は、母が茹でて胡麻和えにして山盛り持って来てくれるのですが、実は私もあまり好きではなくて、家族も余り食べないので困ったものだと思いながらも、断れず捨てられず最後まで何とか食べきる人であります^^;
昔は何でも食べ物は貴重だったんだよと、母の話を聞くと、むやみに食べ物を捨ててしまうと罰が当たるとか思ってしまいます^^;
だから痩せられないと言いわけにもなるのかしら(^^ゞ

投稿: 紫陽花 | 2010/11/08 20:41

〉naruto-hinataさん
原形は北野天満宮と言いますがそっちは見たことがありません。色を残して上手く乾燥させてますなあ。

投稿: TAAさん | 2010/11/09 19:49

〉紫陽花さん
カメラ退院おめでとうございます。
この芋茎やさつま芋のツル、大根の葉っぱ…まだまだ食べられるものをたくさん捨てているんでしょうね。あふくろは昔を懐かしんでスイトンを作ったりしますが、これも好きじゃなかった…(゚ー゚;

投稿: TAAさん | 2010/11/09 19:54

芋茎って食べたこと無いなぁ。ってか見たこともない。
野菜が乗っかった神輿なんて見たこと無いですね。まぁ、祭りってのは地元の人が楽しむためのものですからね

投稿: James | 2010/11/13 17:40

>Jamesはん
もちろんと言うかおそらく芋茎は売ってないから、農家で分けてもらうか自家栽培するしかないですね。確かにあの無駄にデカイ茎や葉っぱを食えないかと普通思いますよね(^q^)

投稿: TAAさん | 2010/11/17 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/37568519

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和51年に47年ぶりに復活した瑞饋神輿(ずいきみこし) ・・・棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)/京田辺市:

« 薪神社(たきぎじんじゃ)日没の頃に ・・・ 京田辺市薪里ノ内 | トップページ | 対武田戦の最前線、苗木城(遠山氏)その1 ・・・ 岐阜県中津川市 »