« 山辺の道早春風情2011 (万葉歴史街道) | トップページ | あるだけでうれしい・・・ある自転車屋/京都府伏見区・龍馬通り »

ちょっと酔っ払いながら歴史を考える ・・・ 伏見のお酒「月桂冠」/京都市伏見区大倉酒造記念館

予約をしておけば酒蔵見学ができるということで伏見の月桂冠大倉記念館に行ってきました。見学は無料で入館料300円、でも180mlのアルミ缶純米月桂冠が付いているので結構お得感も。ん?結構いけますよコノ純米酒(゚▽゚*)。

↓1637年(寛永14年)、初代・大倉治右衛門が京都府南部の笠置町(現在の相楽郡笠置町)から城下町、宿場町としてにぎわっていた京都伏見に出て来て創業。屋号を「笠置屋」、酒銘を「玉の泉」と称しました。(同社ホームページより)
伏見のお酒「月桂冠」/京都市伏見区大倉酒造記念館

↓明治時代に、伏見酒は全国へ広がります。11代目当主・大倉恒吉の時代、1905年(明治38年)に「月桂冠」を採用、当時、目新しい酒銘と認識されるようになりました。(同社ホームページより)
伏見のお酒「月桂冠」/京都市伏見区大倉酒造記念館

↓さて、大倉記念館の中にこんな三角棚があって、そこをぼんやり眺めていたら、説明員お方が「偽物にお気づきになりましたか?」と聞いてこられましたよ
Σ(゚д゚;)
伏見のお酒「月桂冠」/京都市伏見区大倉酒造記念館

↓「偽物」とはこれかぁ。わかりますか?ホンモノと偽物。
 ホンモノは右端の一本、ニッケイカンとゲッカカン。当時は月桂冠のブランド力は強力で高級品として認識されていたようです。
伏見のお酒「月桂冠」/京都市伏見区大倉酒造記念館

↓さあてコレは?
「関東軍/酒保品」の文字が。「酒保」は酒から拡大して、軍隊の中で日用品や飲食物を扱う売店のことのようです。そいうところで流通していた酒瓶なんですね。関東軍とはもちろん日本軍のことですが、当時中央から離れ暴走して満州事変のきっかけを作ったと言われています。
伏見のお酒「月桂冠」/京都市伏見区大倉酒造記念館

↓さてこれはどこが問題?なんでしょうね。ラベルの一番下に注目してください。
伏見のお酒「月桂冠」/京都市伏見区大倉酒造記念館

↑戦前から日本酒のおいしさは世界で知られ輸出品として高い評価を得ていましたが、戦後間もないこの頃でも重要な輸出品でした。ところが「Made in Japan」ではなく「Made in Occupied Japan」ですよね。大きいおっぱいを見たら頭がそのことでいっぱいに、つまり占領されますよね。つまりオッキィオッパイ≒Occupiyとは占領する。ラベルは「被占領国日本製」という意味になります。
伏見のお酒「月桂冠」/京都市伏見区大倉酒造記念館

いろんな時代を経ても、日本酒は相変わらず私たちの生活の中で楽しい場と時間の演出に欠かせないものです。こんなおいしいモンですからどうせならいつも楽しい世相の中でいただきたいもんですねo(*^▽^*)o PHOTO *Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR ほか(京都市伏見区/月桂冠大倉記念館) 

|

« 山辺の道早春風情2011 (万葉歴史街道) | トップページ | あるだけでうれしい・・・ある自転車屋/京都府伏見区・龍馬通り »

関西ひとり歩き~京都(京都市内)」カテゴリの記事

コメント

日桂冠は知りませんでしたよ。。

今度、伏見に行ったら「豊祝」を飲んでみて下さい。知り合いの実家です。
私は酒を飲みませんので、応援のしようがありませんので・・・。

投稿: naruto-hinata | 2011/02/27 22:32

>naruto-hinataさん
「豊祝」ですかぁ。調べてみると近鉄奈良駅の構内に直営店があるとか。あれ?ちゃうちゃう、これ奈良の豊祝ですなー。「いねみのり 國も豊よ 祝ひ酒」最近どのお酒もほとんど飲まないので、たまに飲むと旨いです(^_^)

投稿: TAAさん | 2011/02/27 23:05

お酒の好きな方にとって酒造見学は、いいでしょうね。そしてファンになったりして^^;

投稿: s/w | 2011/02/28 17:51

>s/wさん
月桂冠というとチョットつんとくる辛口のイメージがあったんですが、お土産にもらったアルミ缶の純米酒はまろやかでなんともよいお味。旅先の地酒売り場なんか瓶見てるだけで楽しいですo(*^▽^*)o

投稿: TAAさん | 2011/02/28 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/39039065

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと酔っ払いながら歴史を考える ・・・ 伏見のお酒「月桂冠」/京都市伏見区大倉酒造記念館:

« 山辺の道早春風情2011 (万葉歴史街道) | トップページ | あるだけでうれしい・・・ある自転車屋/京都府伏見区・龍馬通り »