« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

わき水が作る静かな流れと広大な木陰 糺(ただす)の森におわす女性の守り神 ・・・ 河合神社(下鴨神社摂社)/京都下鴨

暑い日が続きますが、さて久しぶりにお出かけしようかと思い立っても行く先が思い行かない・・・アタマの中には木陰とせせらぎの涼としたイメージが浮かぶばかり。それって糺の森(ただすのもり*下鴨神社)じゃん。   

わき水が作る静かな流れと広大な木陰 糺(ただす)の森におわす女性の守り神 ・・・ 河合神社(下鴨神社摂社)/京都下鴨

京阪電車出町柳駅から徒歩ちょっと、すぐにこの森に飛び込んで夏の日差しを避けます。予想通り涼やかな風とせせらぎの音。糺の森南側の入り口にはこの河合神社があります。

わき水が作る静かな流れと広大な木陰 糺(ただす)の森におわす女性の守り神 ・・・ 河合神社(下鴨神社摂社)/京都下鴨

祭神は神武天皇の御母神とありますが、よりも八咫烏神(やたがらす)の方が知名度が高いかもしれませんね。ほか境内には鴨長明の「方丈の庵」もあります。これって移動しやすいように分解組み立て式なんだそうですよ。

わき水が作る静かな流れと広大な木陰 糺(ただす)の森におわす女性の守り神 ・・・ 河合神社(下鴨神社摂社)/京都下鴨

↓八咫烏(ヤタガラス:日本代表のシンボルマーク)に絡んでか、このようにサッカーボールが奉納されています。サッカーには疎いので誰のサインなのかさっぱり分かりません(^-^;

わき水が作る静かな流れと広大な木陰 糺(ただす)の森におわす女性の守り神 ・・・ 河合神社(下鴨神社摂社)/京都下鴨

この↓シルエットはなんでしょうね。

わき水が作る静かな流れと広大な木陰 糺(ただす)の森におわす女性の守り神 ・・・ 河合神社(下鴨神社摂社)/京都下鴨

手鏡にちなんだ鏡絵馬ですね。自分の顔を手鏡に写したイメージでしょうか。

わき水が作る静かな流れと広大な木陰 糺(ただす)の森におわす女性の守り神 ・・・ 河合神社(下鴨神社摂社)/京都下鴨

そういえば、この7月に続き8月にも、本社スタッフ女性のための「縁結び神頼みツアー」が会社幹部の企画により実施されます。ある意味余計なお世話、やり過ぎるとセクハラな企画ではありますが、女子の縁結びも既に重要な経営問題になっている・・・・かどうかはあいにく分かりません(;´▽`A``

| | コメント (6) | トラックバック (1)

拝啓 ケータイのメモリーから

ケータイ(スマートフォン)のメモリーをお掃除していたときに出てきた写真。最近だけど・・・会議してるフリしてこんな写真撮ってるの? 

Lento_20110729084218

最近の会議は話を聞いて安心するものが多いような気がする。自ずとスマホで遊ぶ時間が増える?(*_*)

Lento_20110729084411

本来はコーラ派でその糖分が脳の働きを活発にしてくれるような気がするけど、さすがに歳をとったのか、コーラ一本分のカロリーを脳と筋肉で消費できなくなった? そりゃ,脳が不活性だからでしょ( ̄◆ ̄;)

Lento_20110729094005_2

窓の外には阪急電車。ジオラマの景色がお暇なボクを慰める。つか・・・電車が写ってない・・・(T_T)

[画像をクリックすると拡大表示します] 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

有楽町の朝/東京都

東京都内おなじみの有楽町の山手線ガード下の風景。なんだかいっぱいネタが詰まっていそうで何を語って良いか分からない・・・東京ってワンダーな街なんだ。 [画像をクリックすると拡大表示します] 

有楽町の朝/東京都

[画像をクリックすると拡大表示します] 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奈良公園で剥製のシカはしゃれにならんでしょう。

去年の夏もここに来て写真撮ったよなーと思いつつ、ヤッパリ今年もパシャッ!奈良市の氷室神社です。 [画像をクリックすると拡大表示します] 

奈良公園で剥製のシカはしゃれにならんでしょう。

今年は屋根の縁や鳥居下に竹の細い樋が渡してあって,この中の管から水のミストが煙のように出てました。さすがの氷室神社も↑この氷だけでは冷やしきれないのです(*_*)

奈良公園で剥製のシカはしゃれにならんでしょう。

ここもおなじみ東大寺の参道口、いつものシカ煎餅売り場の前にはシカの剥製か?(゚0゚) んな訳ないですよね。この時期の鹿の角は立派で良い剥製に・・・いや違うでしょ( ̄◆ ̄;)。

[画像をクリックすると拡大表示します] 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんなに美味いもんだったとは(*^O^*) 米子のサバシャブ

鯖というとショウガなんかで生臭さを取ったり、バッテラのように濃い味を付けて食べたり。・・・それでもあの生臭さは消えないよなーと。なので「さばしゃぶ」と聞いたとき「ええーっ!?」と思っていまいました。  [画像をクリックすると拡大表示します]   

こんなに美味いもんだったとは(*^O^*) 米子のサバシャブ

でも数時間前に水揚げされた新鮮な鯖はこういう味がするのかとビックリです。何より皿に盛られたこのスライスの鯖、そのまま食べてみるとトロ~ッとして何とも脂ののった旨い味。これだけで十分なごちそうです。

こんなに美味いもんだったとは(*^O^*) 米子のサバシャブ

↑このようにスライスのタマネギをたっぷりと入れて、少し透明になったところでしゃぶしゃぶのはじまりです。これは新鮮な鯖が手に入るところだけのスペシャル料理ですね。

こんなに美味いもんだったとは(*^O^*) 米子のサバシャブ

握り拳ほどのイワガキもついでのようにだされてますが、こちらのでっかい身とおいしさも抜群。日本って狭いようですが、やっぱり海には海の、海だけの物ってあるんですねー(゚0゚)

[画像をクリックすると拡大表示します] 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »