« おもしろきこともなき絵をおもしろく by 高過新作 / SONYαNEX-5N「絵画調HDR」で歩く奈良東大寺 | トップページ | 鹿の角きり ・・・ 奈良公園秋の行事/春日大社境鹿苑角きり場 »

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園 ・・・ 簡単に撮れてうれしいです

SONYαNEX-5Nを手に入れて初のお出かけなので、いろいろと試してみたいと思います。これまではNikon D90とレンズ3本持ってのお散歩だったのが、数百グラムのαNEX-5Nで楽しめれば腰痛がひどい時でも・・・えっ、NEXは腰痛対策だったのか・・・

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(素人レポート)

↑春日大社の参道にある茶店の前で。ピクチャーエフェクト「ソフトフォーカス(中)」。あー夢の中にいるみたい。彼氏とツーショットご希望の方はありませんか?

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(素人レポート)

↑東大寺大仏殿の前で。ピクチャーエフェクト「ハイコントラスト・モノクロ」。正面の頭の薄いおじさんが妙にHiコントラスト( ̄Д ̄;;。

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(素人レポート)2

↑大仏殿の虚空蔵菩薩像。好みもあると思いますがニコンのD90のAWB(オートホワイトバランス)は眠く色が出るような気がしてあまり好きじゃなかったんです。NEX-5NのAWBはシッカリ自然で、これでいいじゃんと思いました。ISO1250 f4.5 1/60 AWB -0.7補正

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(素人レポート)

↑東大寺盧舎那仏像(大仏)。NikonD90の1200万画素センサーは当時評判の良かったものでSONY製だったはず。でも現在のNEX-5Nの1600万画素はISO3200の高感度撮影でもD90の1600より綺麗に見える気がします。いや、やっぱ綺麗。ISO2000 f4.5 1/60秒 AWB -0.7補正

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(素人レポート)1

↑大仏殿前のびんずるさん。いつみてもちょっと不気味で夢に出てきそう・・・。DRO(ダイナミックレンジオプティマイザ)の効きが良くて、手前の明るい手元から奥の暗い屋根のひさしまで潰れずに出ています。DRO-AUTO

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(素人レポート)

↑春日大社の森にいるシカ。パンケーキレンズのE 16mm F2.8(24mm相当)。24mmというとかなり広角っぽくなるのでもう少し標準に近い方が扱いやすいかなとは思うけど、適当に撮れば適当にピントが合って適当に後ろがぼけ適当にヘンな写真が撮れるので楽しいです。踏み込むことさえ忘れなければ。

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(ミラーレス)

↑手向山八幡宮。16mmとDRO。広角で結構ロー&ハイライトが飛び込んできても何とかしてくれそうなDRO(AUTO)。

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(ミラーレス)

↑二月堂の御手洗にいる龍。ピクチャーエフェクトの「ソフトフォーカス(中)」。もう少しハイライトがあると面白くなるのかな?

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(ミラーレス)

自宅に帰ってPCでモノクロにするんじゃなくてその場でモノクロで撮りたい(帰るとモノクロっぽい気持ちを忘れるから)。NEX-5Nは、ピクチャーエフェクトで「リッチトーンモノクロ」「ハイコントラストモノクロ」の2つとクリエイティブスタイルの「モノクロ(B/W)」があって、とっさにどれを選択ぅ・・・早く慣れよっと。

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(ミラーレス)

↑二月堂の古い木造の休憩所。HDRオートで撮影。通常、明るい屋外がちゃんと見える状態なら屋内は真っ黒のはずが大丈夫。ただ、右端のおっちゃんの輪郭が二重になっているように、シャシャシャっと撮る複数のデータを合成するんで、動きがあるものが混ざるとお化けのようになります。

Sony_nex5n010003

↑二月堂下のザクロ。E 18-55mm F3.5-5.6 OSSだけど「プレシジョンデジタルズーム」という機能を使用。コンピュータがドットを補完して見かけ上光学性能以上に望遠化しているデジタルズームというやつ。この写真では2.5倍くらいに拡大している。意外に自然っぽく頑張っていてこの機能は意外に使えるかもと思いました。

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(ミラーレス)

↑二月堂から大仏殿方面へ下る道。前回の記事で散々やった「絵画調HDR」。やわらかくかければ平凡な絵にメリハリがついて面白くクセになりそうです。

SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園(ミラーレス)1

↑ピクチャーエフェクト「トイカメラ(ノーマル)」 周辺が光量落ちしてるだけじゃん・・・なのになんだか面白いんですよねー。連休初日はこうしてSONYαNEX-5Nをとにかく慣れるためにいろいろ試し撮りしてみました。

連休最終日はNEXとNikonD90をぶら下げて「鹿の角きり」という行事を見に行きました。NEXはフォーカス速度が速くなったとはいえ、まだ動きのあるシカさんにフォーカスしながら連写するには難ありで一眼レフ(D90)に軍配が。操作性も一眼レフのD90は改めて良くできていると思います。しかし、ややこしいメニューをほじくり返していろいろ試したいなーと思わせる、そんな魅力をSONYαNEX-5Nは持っていると実感したうららかな秋の休日でありました。(ん?「うららか」は春の季語や)  Photo:SONY α NEX-5N + E 16mm F2.8、E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

|

« おもしろきこともなき絵をおもしろく by 高過新作 / SONYαNEX-5N「絵画調HDR」で歩く奈良東大寺 | トップページ | 鹿の角きり ・・・ 奈良公園秋の行事/春日大社境鹿苑角きり場 »

素人デジカメ奮闘の記録」カテゴリの記事

関西ひとり歩き~奈良」カテゴリの記事

コメント

NEXのレポートお疲れ様。小型一眼に慣れるともうNIKONの出番は激減ですよ。禁断の実を食べましたね〜。
私は今日、実家から有馬温泉まで歩いて行き、温泉街を4時間ブラブラ歩きました。明日からボチボチとアップします。

投稿: naruto-hinata | 2011/10/10 22:30

カメラを購入されて、ウキウキ気分が伝わってきました。
春日大社の森からでてきた、鹿が可愛いですね。

投稿: | 2011/10/11 06:41

HDRも進化しましたよねぇ。楽しげに撮っている写真が続いているので、見ていて楽しいですね。やっぱり新しいおもちゃを手に入れるとわくわくしますね

投稿: James | 2011/10/11 21:14

>naruto-hinataさん
はあNEXはかなりのポテンシャルがあるのでNikon D90のかなりのシーンをカバーできそうです。といいながら次回の「鹿の角きり」はやっぱりNikonの出番でしたが。それにしてもNEX-5Nファインダーはほしいなぁ・・・。

投稿: TAAさん | 2011/10/11 22:20

>s/wさん?
奈良公園はこの三カ月で4回も訪れました。その日の散歩気分と天候でいろんな違うものが見えます。まったく面白い景色なし!みたいな時もあり、やっぱ気分なんですよねー。

投稿: TAAさん | 2011/10/11 22:23

>Jamesはん
レンズ収差や歪みの補正なども当たり前に処理し、HDRや様々なエフェクトもこなし、動画もサポート。コンピュータフル稼働のいまどきカメラですよねー。この先職人技のレンズづくりや超絶カメラテク、それにボケや様々のレンズシミュレーションなんかも普通に安物のコンデジがやってしまうようになりますよ。きっと。

投稿: TAAさん | 2011/10/11 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/42410048

この記事へのトラックバック一覧です: SONYαNEX-5Nで撮り歩く奈良公園 ・・・ 簡単に撮れてうれしいです:

« おもしろきこともなき絵をおもしろく by 高過新作 / SONYαNEX-5N「絵画調HDR」で歩く奈良東大寺 | トップページ | 鹿の角きり ・・・ 奈良公園秋の行事/春日大社境鹿苑角きり場 »