« 愛犬モコジ(もこじろう)三歳のお誕生日記念! オレたちの背中を見て大きくなれっ!(^◇^) | トップページ | 雨の隙間お散歩 モコジとアムロのお散歩風景~秋 »

城山写真倶楽部「秋・鎌倉の旅」 その5 ~ 長谷観音&鎌倉大仏 (最終章:yukkosan部長への愛と感謝をこめて)

※心臓などに持病のある方、妊娠中の方などは閲覧をお控えになることをお奨めします。
城山写真倶楽部の鎌倉撮影旅行も今回で最終章。今日は、何かと秘密が多いものの我々男子部員の羨望と尊敬を集めてやまない城山写真倶楽部長yukkosanについて語ろう・・・と思ったけど語りきれる自信は・・・ない。

冬迫る晩秋の夜に心が凍る恐怖の物語を・・・

証言1:N 「部長は砂かけババアと比較されるのが嫌いなようですよ」
と証言するのは城山写真倶楽部の某部員。もともと彼も、「ゲゲゲの鬼太郎」では鬼太郎の仇役として妖怪軍団の総帥であったぬらりひょんの血を引く男。物欲の業火に焼かれ妖怪化した。

鎌倉長谷寺の巨大な百日紅(さるすべり)の木

彼の証言から、部長の「そんじょそこらの3~400年級妖怪と一緒にしないでほしい」という大妖怪としてのプライドの高さがうかがえる。
冬迫る晩秋の夜に心が凍る恐怖の物語を・・・

証言2:J「彼女はかねがね妖怪は顔じゃないって言いますね。」
そう証言するのは顔の怖さで定評がある某男子部員だ。赤くデカイ怖顔をもった「朱の盤(しゅのばん)」という妖怪の末裔だ。ゲゲゲの鬼太郎では、朱の盤はぬらりひょんに仕えており、かねがねその怖い顔でしか人間を驚かせられないことにコンプレックスを抱いている。
冬迫る晩秋の夜に心が凍る恐怖の物語を・・・

そうなのだ部長は、Jのような顔で怖がらせるタイプの妖怪ではないということなのだ。声も出せず心臓が止まりそうな程震え上がらせえう超怖い妖怪とは・・・?
冬迫る晩秋の夜に心が凍る恐怖の物語を・・・
証言3:J「彼女は入社したてのころから今とそう変わらない感じ。そう、歳をとってないですよね。」
聴けばJは部長yukkosanと同期だという。以来ん十年、昔から色白のヴぃ、うっ、舌噛んだ・・・美人で全く歳をとらないようなの。そもそも妖怪と疑われ始めた所以はそこにある。

冬迫る晩秋の夜に心が凍る恐怖の物語を・・・

証言4:N「彼女って駅伝選手だったとかで今でも結構速く走るらしいですよ。」
部員Nは、吹雪の雪原で背後からサササササァーッと快速で迫る何者かに襲われる悪夢に悩まされ続けているという。 
冬迫る晩秋の夜に心が凍る恐怖の物語を・・・

彼らの証言を総合するに、また部長のハンドルネーム、および部員たちの自慢話に冷気を吹きかけるような辛辣なコメントなどなど・・・から推察するに、彼女の正体は、そうアレだ。だがここでそれを語ることはできない。正体を知ったものはなんびとたりとも生きては帰れず、ただ白い氷柱となる運命を受け入れることになる。 

冬迫る晩秋の夜に心が凍る恐怖の物語を・・・

ハリーポッタで言うなら「名前を言ってはいけないあの人」状態。しかし「あたしゃ闇の魔法使いじゃなく大妖怪じゃ!ウケケケケケッ!」と激昂するyukkosanが見えるようだ。さあ、季節も11月に入りyukkosanの大好きな駅伝シーズンいや冬の到来となる。彼女のますますのご発展と我々ひ弱な男子部員どもを力強くお導き下さり続けることを祈念し結びとしたい。
( そう言えばあの城山にはもう一人冬が大好きな大妖怪がいたと記憶している。がここでは言及を避けよう。テーマがぼけるし、新たなる災禍を招き入れることにもなりかねない・・・ )

|

« 愛犬モコジ(もこじろう)三歳のお誕生日記念! オレたちの背中を見て大きくなれっ!(^◇^) | トップページ | 雨の隙間お散歩 モコジとアムロのお散歩風景~秋 »

日本ひとり歩き~関東編」カテゴリの記事

コメント

なんだか、すっかりとおかしな方向へキャラ付けされてしまった部長。若干の責任を感じつつ、この先はどのように発展していくんじゃろうか?

投稿: James | 2011/11/06 09:38

>Jmaesはん
部長は素晴らしいわれらのリーダーです。若頭のJamesはんも部長を盛り上げて大いに組の、いや倶楽部の隆盛をはかりましょう!

投稿: TAAさん | 2011/11/06 11:00

またまた、飛躍したコメントの数々‥
たぶん、部長の呪いはTAAさんに降りかかるでしょう。戦力外部員の私は、静観するのみです。

投稿: naruto-hinata | 2011/11/06 22:26

>naruto-honataさん
戦力外? そりゃどっかの会社あーなった時のためにとっておきましょうや(シャレにならんけど) 最近渋めの写真で頑張ってますね。それもPEN効果ですか?

投稿: TAAさん | 2011/11/06 23:10

すっかり妖怪キャラ定着してしもうたやないですかcoldsweats02

そんなに誰かを凍らせたことあったっけ?
・・・・思い当たるような当たらないような・・・。
「毒舌」と言われた事はあった気がするけど、TAAさんの足元にも及ばないしナー。

・・・ま、いっか。
じゃ、妖怪部員の皆さん、気合入れてまいりましょー。(何の気合だろ?少なくとも仕事ではない)

投稿: yukkohan | 2011/11/06 23:58

>yukkosan様
そうねーサブい冗談はあたしも得意だけどね。いずれにせよ、ひな壇妖怪はまずキャラ作りから。焦らずゆっくり頑張りましょう。なあに、yukkosanならできるよ!
って、何励まされてるんでしょうねぇ( ̄○ ̄;)!

投稿: TAAさん | 2011/11/07 21:28

こんばんは!
私は残念ながら今年も秋の鎌倉(江ノ島)に行けませんでしたが、TAAさん方のお写真を見させて頂いて自分も参加した気になってとても楽しかったです^^
最後の大仏の写真に見惚れました。
益々の活動を期待してます(^^)

投稿: 紫陽花 | 2011/11/08 21:27

>紫陽花さん
こんばんわ。いつもありがとうございます。
逆に自分は箱根が来年度計画になりました。^_^; 実は箱根はもう三十数年前にいったきり。紫陽花さんの写真を見ても「懐かしい」という記憶すら吹っ飛んでました。ぜひ訪れたいですね。

投稿: TAAさん | 2011/11/08 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/42879366

この記事へのトラックバック一覧です: 城山写真倶楽部「秋・鎌倉の旅」 その5 ~ 長谷観音&鎌倉大仏 (最終章:yukkosan部長への愛と感謝をこめて):

« 愛犬モコジ(もこじろう)三歳のお誕生日記念! オレたちの背中を見て大きくなれっ!(^◇^) | トップページ | 雨の隙間お散歩 モコジとアムロのお散歩風景~秋 »