« 元は料理旅館「舟岡楼」 国指定登録有形文化財「船岡温泉」 | トップページ | まあるい人間になれ・・・ない・・・悪いけど・・・でも、もう引っかかるトゲは失くしたなぁ »

織田信長を主祭神とする船岡山の建勲神社(たけいさおじんじゃ 通称けんくんじんじゃ)

神社は権力者を敬って神格化してお祀りしてある場所ですが、ここの神様は織田信長、後に息子の織田信忠も合祀されているそうです。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

織田信長を主祭神とする船岡山の建勲神社(たけいさおじんじゃ 通称けんくんじんじゃ)

もともとは明治時代になって「織田信長さんは偉い人や」と再評価、その子孫で天童(現天童市)の知事になっていた織田信敏の東京の屋敷内と旧領天童に祀られたらしいのです。

織田信長を主祭神とする船岡山の建勲神社(たけいさおじんじゃ 通称けんくんじんじゃ)

で、その後、京都市内船岡山に移ってきたそうです。京都は織田信長父子が命を落とした場所でもあり、後に豊臣秀吉がここ船岡山をその墓所と定めた場所でもあります。

織田信長を主祭神とする船岡山の建勲神社(たけいさおじんじゃ 通称けんくんじんじゃ)

実はTAAさん、織田信長が大好きなんです。戦乱の時代を終わらせるのは、こうしたある意味狂気じみたクールな天才(なんか変な表現)が必要なんですよ、きっと。 

織田信長を主祭神とする船岡山の建勲神社(たけいさおじんじゃ 通称けんくんじんじゃ)

でも、破壊のあとちゃんと創造と安定化が図られ太平の世が生まれたのは、後継者の豊臣秀吉や徳川家康がこれまた偉かったからですよね。

織田信長を主祭神とする船岡山の建勲神社(たけいさおじんじゃ 通称けんくんじんじゃ)

もちろん彼らは天才ですが、もひとつ大事なことは彼らが時を重ねながら同じ時代を生きているという事です。例えば家康は、巨大勢力の間で苦しみ、織田信長狂気の天下統一を見、豊臣秀吉の創造を見てきたですよね。

織田信長を主祭神とする船岡山の建勲神社(たけいさおじんじゃ 通称けんくんじんじゃ)

天才は天才に学ぶのではないでしょうか。でまた、彼らのような大天才が、歴史のそういう時には必要とされて表舞台に登場してくるもんなんですねー。再び現代の日本にも英傑が出てくるかなー(*゚▽゚)ノ
SONY α NEX-5N + E16mm F2.8 SEL16F28 + VCL-ECF1ほか [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

|

« 元は料理旅館「舟岡楼」 国指定登録有形文化財「船岡温泉」 | トップページ | まあるい人間になれ・・・ない・・・悪いけど・・・でも、もう引っかかるトゲは失くしたなぁ »

関西ひとり歩き~京都(京都市内)」カテゴリの記事

コメント

私達が知っている信長、秀吉像は徳川時代に家康を神格化するために作り上げたと、最近は感じています。日本人の本来の姿は中世にあり、それを歪めて従え易く導いたのが徳川幕府の役人たちなんではないかと。
飛び抜けた才能を持つ人は、そうじゃない多数の人に抹殺されるのですよ。

投稿: James | 2011/12/10 10:04

>Jamesはん
そやねー、必ず家系図作りや歴史書の編纂をやりますからねー。大変革の時には飛びぬけた才能が必要なんですが、変革が終わった時や変革記事ないと思われてる時は、飛びぬけは邪魔以外の何物でもないですね(^-^; Jamesはん、気を付けてください。

投稿: TAAさん | 2011/12/10 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103883/43295222

この記事へのトラックバック一覧です: 織田信長を主祭神とする船岡山の建勲神社(たけいさおじんじゃ 通称けんくんじんじゃ):

« 元は料理旅館「舟岡楼」 国指定登録有形文化財「船岡温泉」 | トップページ | まあるい人間になれ・・・ない・・・悪いけど・・・でも、もう引っかかるトゲは失くしたなぁ »