« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

法華寺から秋篠寺 佐紀路を行く 「冬の彩り?春の兆し?」 /奈良市

えっ?今、見えたっけ見えなかったっけ? そうなのよ~チャイナドレスみたいに見せチラじゃないからね、「見えるかなー」と期待して待ってるとクソ寒い冬しか応対に出てくれないのであります。

Akishino10004

事実、こんな暖かい日曜日があったのに以降二週間ずっと極寒の日々じゃあーりませんか。

法華寺から秋篠寺 佐紀路を行く 「冬の彩り?春の兆し?」 /奈良市

お化粧が済んでないからもうちょっとまっててね、って楽屋に引っ込んじまいましたかい? ちょっといい香りがしたんでありますが。

法華寺から秋篠寺 佐紀路を行く 「冬の彩り?春の兆し?」 /奈良市

↑このピンクのね「ギョリュウバイ」。可愛そうな花で、ギョリュウという植物に葉っぱが似ていて花が梅に似てるからそう名前が付いた・・・で、あんたのアイデンティティっていったい何?

法華寺から秋篠寺 佐紀路を行く 「冬の彩り?春の兆し?」 /奈良市

ともあれ春が待ち遠しいよね。昨日の日曜日、京都の町はずぅっとチラチラ雪が舞ってましたよ。で、京都ってなんであんなに底冷えするの。

法華寺から秋篠寺 佐紀路を行く 「冬の彩り?春の兆し?」 /奈良市

ちなみに「底冷え」とは体の芯まで冷えることですが、カラダってバケツじゃないから底はないんじゃないの?と思ったけど「底」とは形状よりも一番深いところの事を言うらしい。

法華寺から秋篠寺 佐紀路を行く 「冬の彩り?春の兆し?」 /奈良市

↑ノキシノブとウメノキゴケのチークダンスですな-。キモイ?モノを知らんこの小娘がっ!「小娘」とは成長しきらない娘さんのことですがちょっと軽蔑の意味がこもってます。成熟した娘さんは・・・むふふっふ、尊敬してますよー・・・って尊敬の意味が大きく誤っているような・・・
(Photo: SONYαNEX-5N  +  NIKON AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朱の鳥居トンネルを抜けるとそこは? ・・・ 千本鳥居・伏見稲荷大社/京都市伏見区

「トンネルの先はいつも同じ場所なのか?」トンネルをくぐっている時そんなことを考えませんか?

伏見稲荷大社/京都市伏見区

ジブリ作品の「となりのトトロ」や「千と千尋の・・」などもトンネルの先が異空間につながりますよね。

伏見稲荷大社千本鳥居/京都市伏見区

浅田次郎の「地下鉄に乗って」は30年前につながっていましたね。川端康成の「雪国」も全く違う世界への扉はトンネルでした。

伏見稲荷大社千本鳥居/京都市伏見区

千本鳥居のトンネルから上を見上げると枕木に覆われて空は余りよく見えないんですよね。向かう方向はふたつ、行くか戻るか・・・。深夜,アルプスの真っ暗な素掘トンネルの中に立ったことがありますが・・・これが、怖くて振り向けない・・・ 先に行くしかない。

伏見稲荷大社千本鳥居/京都市伏見区

みんな誘われるように奥に向かって歩いて行くけど、ここを歩いている間は意外に頭の中が単調になってぼぉっとしてしまいます。

伏見稲荷大社千本鳥居/京都市伏見区

時折ハッと我に返って「おーヤバいヤバい、どっかへ引きずり込まれるとこだった」みたいな気分に。

伏見稲荷大社千本鳥居/京都市伏見区

↑こうした「ただの石」が寄ってたかって何か語りかけてくるような。↓ただの池に何かいるような、ソコへの入り口がまたどっかでぽっかり空くような・・・

伏見稲荷大社千本鳥居/京都市伏見区

信心のない私でもそんな妙な、吸い込まれる様な気分になる空間があります。
でも、参道に戻って、ケツからアタマの串刺しウズラが飴色の丸焼きで並んでいるのに再会すると、途端に人間界の方が恐怖と簡単の驚きの対象に(≧∇≦)

伏見稲荷大社千本鳥居/京都市伏見区

今日は京都で陰陽道(おんみょうどう)の安倍晴明(あべのせいめい)さんでもお参りしてこよう( ̄▽ ̄)
Photo: SONYαNEX-5N 18-55mmZoom, 16mm + 魚眼コンバータ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

越冬!スズバチの巣 ただ寝てるだけじゃなく子育ても / スズバチ(ドロバチの仲間)

散歩中に見つけた(たぶん)スズバチの巣。割ってみたい!という衝動押さえ難しなのですが、厳寒の時期に親子寒空に放り出すのも忍びなく外からしばし眺めておりました。

越冬!スズバチの巣 ただ寝てるだけじゃなく子育ても / スズバチ(ドロバチの仲間)

中には複数の部屋があって捕まえた蛾の幼虫とそれを餌にする幼虫がセットで入ってるらしい。あの映画エイリアンのパターンですね。はっと気づいたら暗い穴蔵にぐーぐー寝ているスズバチの幼虫と一緒にいた。こういう場合はすぐに土壁掘って逃げましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬の森の中で

森の中は、特に冬は何もないような気がしていたけど行ってみれば「何も無い]という場所などどこにもないのだ。 [ 画像はクリックすると拡大表示します ]

冬の森の中で/秋篠寺(奈良市)

↑冬らしくないというか、妙に綺麗な色をした葉っぱとか・・・

冬の森の中で/秋篠寺(奈良市)

↑何となく元気そうなシダの葉っぱや・・・

冬の森の中で/秋篠寺(奈良市)

↑誰かのいたずらか、ドングリのいっぱい詰まった木の洞とか。フッ、空っぽなのはオレのハードだけか・・・といつものように拗ねてみるが・・・相変わらず、ちっとも可愛くないε-( ̄ヘ ̄)┌ [ 画像はクリックすると拡大表示します ] (Photo: SONYαNEX-5N  +  NIKON AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G )

| | コメント (6) | トラックバック (0)

来てるんですよ、ほらさぁ、そこまで

すっごいさぶいし、そいでもって決算期だ来期計画だぁって落ち着かないけど (ああ、こういうノリどっかで書いたなぁ) 着実に来るモノは来てるんですよ。いや、だからぁ、加齢じゃないって。 [ 画像をクリックすると拡大表示します ]

来てるんですよ、ほらさぁ、そこまで

そうそう請求書、違うって。足音が聞こえるでしょ。ネズミ?って今時の家で天井裏をネズミってかなりレアになってきてません? いや、話が逸れとる。まぁなんやかんやで来てるんでスわー。  [ 画像をクリックすると拡大表示します ] SONY αNEX-5N + E18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855

| | コメント (5) | トラックバック (0)

霧の朝 のち 結構あったかい昼下がりでおましたなあ(^∇^)

朝のワンコ散歩は↓こんなふうな霧が降りて空気がしっぽりと湿ってました。その分気温は高めで手袋がいらないくらいでした。(日曜日の京都南部)

霧の朝のち結構あった高い昼下がり

↓こんな穂のある枯れ草もしっぽり、じゃけっともしっぽり・・・・。こんな日にカメラを持ち出したくないのでスマートフォンで冬枯れの殺風景を撮っておきましょ。

霧の朝のち結構あった高い昼下がり

でも、昼前からは霧も晴れて時折日差しがさぁっとさす気持ちの良い昼下がりになりましたよ。

霧の朝のち結構あった高い昼下がり

今日は奈良の佐保、佐紀という地域を歩いてきましたが、その話はまた後で。今日はなんだか眠いのであります。夕方もワンコたちと散歩に行って今日はオシマイ。(Softbank Smart Phone 最近スマホで済ますことが多いなぁ・・・)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

冬来たりなば春遠からじ If winter comes, can spring be far behind?

「大寒」の21日早朝、山口県防府市の春日神社(佐伯博祥宮司)で冷水に入って身を清める「大寒みそぎ」があった(asahi.com)って記事が。今日は大寒かぁ。そういえば来週はもう若草山の山焼き(奈良)ですなぁ。アレ裏の公園から見えるんですよ。

冬来たりなば春遠からじ If winter comes, can spring be far behind?

受験シーズンも真っ盛りで冬たけなわですが、大寒のこの辺りから厳しい寒さの中にホワッと優しげな春が結構顔を出し始めるのでありますねぇ。

冬来たりなば春遠からじ If winter comes, can spring be far behind?

そんな季節にはまだ寒い野山を歩き兆しを楽しみたいモノですが、この季節特有の忙しさとインフルエンザで大騒ぎしているウチに通り過ぎ「あれっ?春になったじゃん」ってことも多いですね。

冬来たりなば春遠からじ If winter comes, can spring be far behind?

厳しさと優しさ、期待と不安の入り交じったこの季節、体調管理に十分気をつけながら楽しみたいものでございます ( ̄▽ ̄)
最近はスマホ写真続きでおますなぁ~ Pixlr-o-matic (Smart Phone)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スマートフォン写真をスマホで特殊効果~電車の中はアートスタジオ 【facebookにアップした写真ギャラリー(2/2)】

でしつこく二回目。全部これまでfacebookに掲載したモノです。.?

facebookにアップした写真ギャラリー(iPhone)

なんか、てきとーにやってて偶然みたいな所もあります。↑勝手に彩度とコントラストが上がる「効果」にモヤモヤとした「効果」を重ねたらこんなのが。計算してやった訳じゃないけど結構お気に入り。

facebookにアップした写真ギャラリー(iPhone)

↑お散歩中の公園のサザンカ。もっさりぼんやり風に。

facebookにアップした写真ギャラリー(iPhone)

↑昼休みに弁当のおこぼれをもらおうと寄ってきた鳩さん。メモに字を書いたモノを重ねるアプリもある。

facebookにアップした写真ギャラリー(iPhone)

そこらに転がっているモノを集めて。こんな風にレイアウトしてくれるアプリもある。

facebookにアップした写真ギャラリー(iPhone)

↑さらに全体に「効果」をかけて。最近こういう古くさい感の出る効果がお好き。

facebookにアップした写真ギャラリー(iPhone)

↑朝の居酒屋。モノクロでざらざらみたいな「効果」をかけて、赤い光を入れる。赤の光は場所が決まっているので、たまたまこれはうまい場所に光がはまった。どれも2~3分クッキングでできるので大重宝( ̄▽ ̄)
 Pixlr-o-matic , Finger Focus, Photo Power, Toy SLR & Built-in-Camera

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スマートフォン写真をスマホで特殊効果~電車の中はアートスタジオ 【facebookにアップした写真ギャラリー(1/2)】

残業の合間に窓から眺めた大阪北ヤードの工事現場も、スマホアプリでシャカシャカいじくると2,3分でこんなドラマティックな絵に。流星雨か小惑星群か、地球滅亡の危機!?

スマートフォン写真をスマホで特殊効果~電車の中はアートスタジオ

このアプリでこうしてこうしてこうすると・・・こうなりますみたいなこと書こうかと思ったけど、何か適当にいじくっていると出来てしまうので説明できないです。

スマートフォン写真をスマホで特殊効果~電車の中はアートスタジオ

↑町の掲示板に貼ってあった素っ気ないポスターも、ぐちゃぐちゃいじってると↓こんなふうになっちゃいます。チットは・・・味があるでしょ。古いガラスをこすったようなのも効果なんですよ( ̄▽ ̄)V

スマートフォン写真をスマホで特殊効果~電車の中はアートスタジオ

↓レストランの前にいつも座っているこの仏像。一眼カメラのように背景がボケているのも、一眼カメラ風に加工するソフトで前処理、その上に別アプリで効果をかぶせています。

スマートフォン写真をスマホで特殊効果~電車の中はアートスタジオ

その一眼カメラぼかしを↓もう少し絞って使うと.こんな風に。

スマートフォン写真をスマホで特殊効果~電車の中はアートスタジオ

近鉄鶴橋駅の電車待ち、あんまり天井向けてカメラを構えるのも「天井が崩れてくるんちゃうか?」みたいな不安を与えますね。目の高さでフロントカメラで撮影。電車待ちの間に加工して写真投稿サイトにアップです。

スマートフォン写真をスマホで特殊効果~電車の中はアートスタジオ

最近はこのパターンで朝夕の通勤中の写真をFacebookやPicplzにアップすることがほとんど。なんだか便利な(つか、どんな生産的な意義があるのかとは思いますが)世の中になってきたもんだと、年寄りにはすべてが驚きの毎日です。
 Pixlr-o-matic , Finger Focus, Photo Power, Toy SLR & Built-in-Camera

| | コメント (5) | トラックバック (0)

伏見稲荷大社で鳥居の奉納! ( したんじゃなくて、されたのを見ただけですが )

ご存じ伏見稲荷大社の有名な千本鳥居、あるいはそのほかの鳥居もあわせるとくぐれるモノだけでも三千基以上と言われています。千本鳥居の所は登り下り二本のトンネルで、それぞれ人が二人並んで歩けるほど。

伏見稲荷大社で鳥居の奉納!

そのサイズが5号鳥居といい柱の直径が15cmだそうです。これが伏見稲荷のホームページでは初穂料17万5千円、最大の10号ともなれば130万円強なんだそうです。

伏見稲荷大社で鳥居の奉納!

千本鳥居のトンネルを抜け、もう少し上まで上がると↑いつもたくさんのろうそくがともされている新池の拝所(熊鷹大神)がありますが、その周囲には上下の写真のような全体の大きさが数十cm旧の小型鳥居が、設置前なんでしょうか並んでいます。

伏見稲荷大社で鳥居の奉納!

この初穂料を調べるの忘れたな。千本鳥居の奥の売店にはもっと小型で手のひらサイズのもありますね。

伏見稲荷大社で鳥居の奉納!

この初穂料を調べるの忘れたな。拝殿周辺や千本鳥居の奥の売店にはもっと小型で手のひらサイズのもありますね。↓あー、これこれ。もっと違う種類のもありました。

伏見稲荷大社で鳥居の奉納!

赤(朱)っていろは元気が良くっていいですよね。「魔力に対抗する色」という意味があるのと、この色を作る[水銀+丹」というのが腐食防止剤にもなると同社のホームページにあります。

Fushimi_inari0003

それでも老朽化した鳥居は撤去され新しいモノに差替えられていくわけですが、ちょうど年末年始近くの人が多い時期のせいなんでしょうか、以前来た時はよく見かけられた倒れそうな鳥居がほとんどありませんでした。それとも、不景気だけど奉納者が増えているんでしょうか。
Photo: SONYαNEX-5N 18-55mmZoom, 16mm + 魚眼コンバータ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神様のおつかいなんですけど、あなたの家にお邪魔しても好いですか? ・・・ 伏見稲荷大社/京都市伏見区

キツネってそこらであまり見かけませんけどきっとどっかけっこういるんでしょうね.前にもどこかで書きましたが全国4万社(詳細不明)と言われる稲荷神社の総本宮、伏見の伏見稲荷大社にやってきました。[ 画像はクリックすると拡大表示します ]

 伏見稲荷大社/京都市伏見区
千本鳥居の赤いトンネルで有名ですが、そりゃまた後にして、境内に山ほどいるキツネさんをスケッチそてその一部をご紹介しましょう。実は千本鳥居などを避けて横道を歩く方がキツネさんにはたくさんお目にかかれます。

 伏見稲荷大社/京都市伏見区
冬空に大きな雲が飛ぶ日だったので、雲の影が差すとすぐに薄暗く不気味な雰囲気になったりします。

 伏見稲荷大社/京都市伏見区
↑こういうミニチュアサイズのキツネさんもおいでですよ。オヂサンの小さな祈りを聞いてくれるかい? [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

 伏見稲荷大社/京都市伏見区
「美人広報さぁ~ん、ぼくねぇ、ぼくねぇ、フェイスブックはじめたんだよっ!」「フン、どーせ、アンタのブログなんざぁ、ワンコの写真しか載ってねぇジコマンのカスブログなんだよっ!」パシッ!「あっ」

 伏見稲荷大社/京都市伏見区
オフィスの床に散らばった書類を涙をこらえて集めながらオヂサンは誓った。「辞めてやりる・・・絶対辞めてやる・・・定年になったら。」 TAAジイの決意は固い。キツネさんボクを守って。

伏見稲荷大社/京都市伏見区
↑「ってオレキツネじゃないし・・・(アムロ)」  おいおいアムロ、シッコするならよその家でやってこい(´ρ`) やっぱフェイスブックの方はワンコお散歩ブログにしよっかなぁ。
Photo: SONYαNEX-5N [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (2) | トラックバック (1)

スマートフォンやデジカメで近くにピントが合わない場合

これらの写真のように、スマホ程度のカメラでも、被写体にかなり寄りついてやれば背景はなんとかボケて立体感のある絵になります。ところが、手前が↓下のサザンカやナンテンの写真のようにスカスカな被写体の場合、何度やってもピントがその先の遠景の方へ行って手前に戻ってこない場合があります。※一眼レフはそうなりませんが、自分のスマホとSONYαNEX-5Nはコレがよく起こります。

スマートフォンやデジカメで近くにピントが合わない場合
最近のデジカメは、ピントを速く合わせるために、実はカメラを構える前からカメラが勝手にフォーカスをチラ見してるようです。そんな関係もあるのか、一度「こいつはここを撮るつもりだろう」と勝手に遠くに目星を付けてたらソレが最後、間違いに気付かないAF(自動焦点)もいるんです。

そこで、「お前は間違っている!」と言う事をハッキリ教えてやる必要があります。カメラのピントが何度やっても先の景色でウロウロしてる・・・そんな時は「俺の手を見ろ!」ってピントをあわせたい場所に差し伸べてやるんです。

スマートフォンやデジカメで近くにピントが合わない場合
そうすればガンコなアホAFでも間違いに気付くのです。一度ピントが近くに戻れば、↑ほらちゃんとこんな小さな実でも合焦するでしょ。「いいんだよ、間違いは誰にでもあるさ。お前は堀北真希や渡辺謙じゃないけどさ俺の愛機じゃないか。これからも一緒にやって行こうぜ」 (T_T)\(^-^ )
Photo:いずれもスマートフォンで撮影

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旧東海道の亀山宿に上がる河岸段丘の登り口にある古刹 高野山真言宗・石上寺(せきじょうじ)/亀山市

正月2日の夕方、旧東海道沿いに今も残る石上寺(せきじょうじ)に訪れた。TAA少年が幼い頃にはこの石段も寺の前の坂道(東海道)もずいぶん長く大きく感じたものだ。[ 画像はクリックすると拡大表示します ]

旧東海道の亀山宿に上がる河岸段丘の登り口にある古刹 高野山真言宗・石上寺(せきじょうじ)/亀山市
亀山はかの安藤広重(歌川広重が描いた「東海道五十三次」の浮世絵では雪晴の坂道。亀山という所は鈴鹿川が削り取った河岸段丘の上に立つ宿場なのだ。

旧東海道の亀山宿に上がる河岸段丘の登り口にある古刹 高野山真言宗・石上寺(せきじょうじ)/亀山市
その絵の場所ではないが、この石上寺も(45番目の庄野の宿を南下し46番・亀山宿へ向かう)坂道の一つに寄り添うようにたたずんでいる。ちなみに、亀山を越えると関宿、坂下宿(現在はいずれも亀山市内)と過ぎてその先は天下の険鈴鹿峠が立ち塞がっている。

旧東海道の亀山宿に上がる河岸段丘の登り口にある古刹 高野山真言宗・石上寺(せきじょうじ)/亀山市
8世紀にその源を持つ寺院で中世までは壮大な寺院が展開されていたようだが織田信長の侵攻で焼かれてしまったらしい。江戸の時代はどうだったんだろう。この坂の上には東海道の一里塚の跡もある。

旧東海道の亀山宿に上がる河岸段丘の登り口にある古刹 高野山真言宗・石上寺(せきじょうじ)/亀山市
そうそう、その一里塚跡の道の反対側にはTAAさんが釣餌のミミズを取りに行っていたブタ小屋があり、自転車を押す酷暑の夏に日差しを遮ってくれる桜の並木があった・・・はず。夏の木登りでガツッとつかんだ枝と一緒に毛虫の群れをツブして悲鳴を上げて落下した幼い日の、あの愛らしくも聡明で快活なTAA少年は今どこに・・・
Photo: SONYαNEX-5N [ 画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なぜか絵になるオシャレな自転車 京都三条通

みぞれも舞う小寒い京都の街でしたがこんな華も咲いてました。オシャレな店の前に自転車が止めてあるのをよく見かけますけどママチャリなんか止まってる事なんかなくて、こじゃれた自転車が、たぶんわざと置いてあったりします。

なぜか絵になるオシャレな自転車 京都三条通

なんか自転車やバイクは動きや活発さを連想させていいですね。

なぜか絵になるオシャレな自転車 京都三条通

会社近所にあるコンビニ前にテキトーに駐輪してるバカ自転車のとは真逆な印象!

なぜか絵になるオシャレな自転車 京都三条通

↑これはコンビニに近い利用者の自転車。でも邪魔になってないし似合ってるから許せるのです。

なぜか絵になるオシャレな自転車 京都三条通

色もタイプもいろいろあるんですね-。

なぜか絵になるオシャレな自転車 京都三条通

乗りたいなー。昔、自転車をバラしてバッグに詰め輪行ってのを楽しんでいた時代がありまして、ソン時は独身寮の部屋にサイクリング車(ランドナー)を置いて「君、綺麗だね-。機能美ってやつかなー」なんて見とれていたモノです。

なぜか絵になるオシャレな自転車 京都三条通

今は会社の女子に見とれていても「キモイ」扱いされるだけだし、もいっかい自転車買って転がそうかなーなどと春に向け新たな物欲の芽が息吹く今日この頃なのです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

オシャレな黄色い愛車達 どちらがセカンドカー?

さて連休、何処にでも行けるし今朝は天気もいいけど・・・さて・・・うだうだしてても時間が過ぎるだけなので駅に行ってから考えよう。[ 画像はクリックすると拡大表示します ]

Second_car0001_2
たまにはこんなクルマでドライブしたいなー。あっ、もちろん左側の方ですけどね( ̄○ ̄;)!
Photo: スマホで撮影&スマホアプリで加工 [ 画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の鳩 ・・・ 大阪市北区茶屋町

オフィスの入っているビルの前、昼時には鳩がえさを求めてやってくる。それなりに過酷な生活をしているのかもしれないけど、食うには困らないんじゃないかな。[ 画像はクリックすると拡大表示します ]

冬の鳩
大阪でも最高気温が10度を下回り、冬の弱い日差しが長い木立のカゲを作る昼下がりでした。
Photo: スマホで撮影&スマホアプリで加工 [ 画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モコジとアムロの初詣 おっちゃんとの散歩がサイコー!だってかぁ?

って、タイトルとは裏腹に、全くおめでたさも華やかさもない写真が一枚。クルマで途中までやってきて村の小さな祠に詣でました。はて誰がお祀りされているのやら。[ 画像はクリックすると拡大表示します ]

モコジとアムロの初詣 @乾谷
この連休は何処にも遠出をしなかったのでコヤツらとはたっぷりお散歩できました。アムロ(左)、モコジ(右)、今年もおっちゃんとたっぷり散歩しような![ 画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スマホの写真はイヂって遊ぶ ・・・ 長岡稲荷大明神 /長岡京市

年末年始これと言ったイベントもなく、何年かぶりに全く動かない正月を過ごしています。

長岡稲荷大明神 /長岡京市

そういうことでカメラもスマートフォン以外もたずにそこいらをブラブラということも多いんですが、スマホだって結構バカにしたもんじゃないなーと最近感じます。

長岡稲荷大明神 /長岡京市

テキトーに撮って、テキトーなアプリで、テキトーにいぢくると、なんだかテキトーな写真が出来上がる。今年はテキトーとスローで1年乗り切ろう!(ん?毎年そうか?)

PHOTO:Autodesk Pixlr-maticで加工

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今更ながらのfacebookとTwitter

特に年始だからという記事でもないけど、年末に風邪をひいて寝込んでいた時、巷にはツイッターやfacebookと呼ばれるコミュニケーションが以前から普及していると知った。

京都東山清水坂の界隈

ジイも頭が枯れ尽きないうちにこういう・・・SNS?にも触れておかねばならんのではないかと。先だった戦友たちへの土産話にもなろうかとはじめてみることにした。

京都東山清水坂の界隈

facebookって何?ネットで引くと「世界でつかわれている」「ツイッターと連携できる」「スマホで使える」「アプリが使える」とある。これでわかれば天才じゃろぉが。分かってもらおうと思って書いてない、つぅか、わからねぇヤツは使うな!とでもいいいかっ!この若造がっ!

京都東山清水坂の界隈

まあ、なんだかわからんので、写真SNSのpicplzやココログ(これ)に投稿したらfacebookとTwitterに、facebookで日常リアル投稿したらTwitterに連携するようにセットしてみた。これはそのテスト記事。どれも長続きしないような気がするが2012年さあ発信!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年!新年あけましておめでとうございます!

2012年!新年あけましておめでとうございます!
どうか皆様本年もよろしくお願い申し上げます![ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

2012年!新年あけましておめでとうございます!TAAさん「ぼうふらオヤヂの関西きまぐれ紀行」
どうか皆様にとってより一層幸多い年でありますように!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »