« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂[モノクロ編] ・・・ 滋賀県信楽町

毎年お邪魔して毎年同じようにぶらついてます。

Bw_shigaraki_dsc01794
信楽は谷沿いの広い範囲に観光ポイントが点在しているので、効率的に回ろうとすればやはりクルマということになるでしょう。

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂 ・・・ 滋賀県信楽町

が、やっぱり歩かないと見えないモノや感じられないモノがあるので、

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂 ・・・ 滋賀県信楽町

できればしばらくクルマを降りて、足で回るのもお薦めです。

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂 ・・・ 滋賀県信楽町

信楽駅前から、登り窯の遺構が多数見られる西側の斜面に向けて

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂 ・・・ 滋賀県信楽町

ろくろ坂や窯場坂、ひいろ壺坂などの散策道が狭い町中の道にセットされています。

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂 ・・・ 滋賀県信楽町

斜面と行ってもそんなに急さかではないし、クルマのほとんど通らないので

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂 ・・・ 滋賀県信楽町

ゆっくり静かに楽しむことが出来ます。

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂 ・・・ 滋賀県信楽町

買い物好きでやたら買ってしまう人は、ものが焼き物だけに要注意ですね。

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂 ・・・ 滋賀県信楽町

なんだか常滑の散策路にも似てますね。土と板塀が妙にマッチします。

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂 ・・・ 滋賀県信楽町
登り窯が何十本もある頃は薪を燃やす煙でスモッグの町だったんでしょうね。今でもガスではなく時折薪を使うときには煙害を気にされるそうです。
PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DNほか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

信楽高原鉄道(しがらきこうげんてつどう:SKR) ・・・ 滋賀県甲賀郡信楽町

山や畑の中をゆぅっくり走る信楽高原鉄道は、そのまんまで鉄道模型を眺めているみたいでなんだか楽しい。つか、鉄道模型眺めるよりホンモノの方が楽しいでしょう。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

信楽高原鉄道(しがらきこうげんてつどう:SKR) ・・・ 滋賀県甲賀郡信楽町

終点信楽駅手前の鉄橋を渡る列車

自分は古い人間なので、しかも中学校までSLが走っていた路線の近くに住んでいたので、古い記憶の鉄道風景に全く電車というモノがないのです。

信楽高原鉄道(しがらきこうげんてつどう:SKR) ・・・ 滋賀県甲賀郡信楽町

信楽駅(右手)から数百mの踏切を通過する信楽行き

どちらかというと、電車は未来の乗り物でしたね。大げさに言うと大都会の夢というか。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

信楽高原鉄道(しがらきこうげんてつどう:SKR) ・・・ 滋賀県甲賀郡信楽町

信楽高原鐵道SKR310形気動車

いやいや、当時モノクロテレビで時折紹介された山手線の殺人的ラッシュアワーと電車というのが結びついていたかな・・・。

信楽高原鉄道(しがらきこうげんてつどう:SKR) ・・・ 滋賀県甲賀郡信楽町

信楽高原鐵道「勅旨駅(ちょくしえき:無人)」に停車中

一時間に一本。ちゃんと狙って駅に行かないと電車がずぅ~っと来ない。ソレが普通だった。そうそうSLの客車は静かだったけど,ディーゼルになったガガァーッというやかましい音がするようになったね。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

信楽高原鉄道(しがらきこうげんてつどう:SKR) ・・・ 滋賀県甲賀郡信楽町

信楽方面から勅旨駅に迫る貴生川行き

でも最新型の電車はまたずいぶん静かになっていますね。でもその乗り心地の良さを楽しむ余裕もない日常の単なる交通手段なのは残念。信楽高原鉄道はガガーッと走る。

信楽高原鉄道(しがらきこうげんてつどう:SKR) ・・・ 滋賀県甲賀郡信楽町

貴生川駅停車中(ここでJR草津線に乗り換える)

ただ列車に乗るだけでなんだか違う気分になれるので、ここ信楽高原鉄道はスキなんですよ。
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ] PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DNほか

| | コメント (0) | トラックバック (1)

街路樹や公園のハナミズキが咲きました

桜(ソメイヨシノ)が終わって今近所の街路樹は八重桜が満開です、が、まだやや少ない目ではあるけど5月の代表花ハナミズキが存在感をぐっと増してきました。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

街路樹や公園のハナミズキが咲きました

ハナミズキはデジカメおじさん泣かせですね。遠くから見ると美しいのですが、近づくにつれ花を下から見るカタチになります。

街路樹や公園のハナミズキが咲きました

しかも花の咲き始めが背の低いおじさんの頭の上辺り。そこから木のてっぺんへ向けて空に向けて花が咲く。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

街路樹や公園のハナミズキが咲きました

街路樹のハナミズキは「綺麗だな」と思って近づけば様相が変わってしまうのです。

街路樹や公園のハナミズキが咲きました
仕方ないのでほとんどこうして花を光に空かして撮る形が多くなってしまいます。なのでバックの空が今日みたいに青い時がホンマきれいですね ヽ(´▽`)/
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ] PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DNほか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都の新名所 京都水族館 Kyoto Aquarium ・・・ 京都市下京区 梅小路公園内

すでにこの3月22日にオープンしている京都水族館(Kyoto Aquarium)。連休中に行ってみようかなと思うけど、大混雑が予想されるので躊躇しています。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

京都の新名所 京都水族館 Kyoto Aquarium ・・・ 京都市下京区 梅小路公園内

京都駅から歩くと1,000m15分ぐらいかかる。JR丹波口からも同程度。

近くまで行ったので中には入りませんでしたが平日の外観を撮ってきました。

京都の新名所 京都水族館 Kyoto Aquarium ・・・ 京都市下京区 梅小路公園内

京都駅~水族館~丹波口のシャトルバスが10~15分間隔で運行。

一見人影がまばらっぽいのですが、一般客ではなく実はひっきりなしに修学旅行やツアーの団体さんがぞろぞろ入場していきます。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

京都の新名所 京都水族館 Kyoto Aquarium ・・・ 京都市下京区 梅小路公園内

入館料は大人2000円、年間パスポートは4000円。写真入りパスを別カウンターで作成

ゴールンウィーク中は一般客の比率がぐっと上昇するのでしょう。団体さんはチケットカウンターを通らないのでコチラのステーションはがらがら。

京都の新名所 京都水族館 Kyoto Aquarium ・・・ 京都市下京区 梅小路公園内

GW中は年パス発行が一時中止され、年パス扱いにはなるが5月7日以降手続き要。

年間パスポートが4000円/年で二回来場で元が取れます。ゴールデンウィーク中は混雑で年パス発行が中止(年パス扱いにはなる)。あー、こんときついでに作っときゃよかったなぁ ( ̄○ ̄;)!
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ] PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DN

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通りは八重桜が満開です ・・・ ヤエザクラ

八重桜はソメイヨシノが散った後から咲き始め、ちょうど今が満開の見頃です。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

通りは八重桜が満開です ・・・ ヤエザクラ

花びらがソメイヨシノより濃いピンクをしているので、遠くから見ると樹全体がピンク、花の下まで行って見ると、花が密集している関係でやや暗くなりますから、写真を撮る時はプラス補正されたほうがよいでしょう。

通りは八重桜が満開です ・・・ ヤエザクラ

八重桜はソメイヨシノと違って、花と葉っぱが同時につきます。ソメイヨシノが盛んにその美しさをアピールしている時期はまるで枯れ木のようなんですが、この時期初夏の訪れを告げる女神のように華やかに登場するのです。

通りは八重桜が満開です ・・・ ヤエザクラ

ウチの近所には子の並木が300mほど続いていますが、年々樹の生長とともに,この豪華さが増していくのかなーと楽しみにしています。 ヽ(´▽`)/
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ] PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DNほか

| | コメント (4) | トラックバック (0)

與喜天満神社(よきじんじゃ) ・・・ 奈良県桜井市初瀬/長谷寺門前

この季節ちょうど今頃から長谷寺(奈良県桜井市)は回廊の周囲に色とりどりの大輪の牡丹が咲き乱れ観光客で多いに賑わいます。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

與喜天満神社(よきじんじゃ) ・・・ 奈良県桜井市初瀬/長谷寺門前

自分も長谷寺はそういう季節を含め数回訪れたけど、その長谷寺の山門からそう遠く離れていない與喜天満神社(よきじんじゃ)に訪れるのは今回が初めてです。

與喜天満神社(よきじんじゃ) ・・・ 奈良県桜井市初瀬/長谷寺門前

境内はよく手入れされ、京都市内の神社のような派手さはなくむしろベーシックな色と静けさに包まれた落ち着いた神社ですね。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

與喜天満神社(よきじんじゃ) ・・・ 奈良県桜井市初瀬/長谷寺門前

↑ヤッパリこの写真がトップかな。厳しいお顔の菅原道真公は與喜天満神社の「木造天神坐像」(国重要文化財)。

與喜天満神社(よきじんじゃ) ・・・ 奈良県桜井市初瀬/長谷寺門前
もともと菅原道真の祖先はこの地に土師氏(はじし)として住んだそうで、與喜天満神社は「わが国最古の天神信仰のお宮です(同社ホームページより)」なんだそうですよ。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

與喜天満神社(よきじんじゃ) ・・・ 奈良県桜井市初瀬/長谷寺門前

↑これは当時のイベントを描いた絵らしいのですが、左下長谷寺山門前では能楽が、上に目をやると「連歌」の席が設けられ、そして上部右には與喜天満神社のお社がありますね。

與喜天満神社(よきじんじゃ) ・・・ 奈良県桜井市初瀬/長谷寺門前
↑その連歌の道場はこの石の背中側に明治の初めまで建っていたそうです。ちなみにこの岩も神様です。ここは天照大神が最初に地上に降り立った場所だそうです。ここらは神聖な地(良い土地→よき→與喜)で樹木の伐採も禁じられています。

與喜天満神社(よきじんじゃ) ・・・ 奈良県桜井市初瀬/長谷寺門前

で、これは徳川家光寄進の手水。かの俳人松尾芭蕉もこの地を訪れた記録がしっかりありますので、おそらくこの手水を使ったはずです。しばし石に手をやって芭蕉の記憶を共有できないかと・・・できない。;
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ] PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DNほか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モコジとアムロの定点観測 / トイプードル♂

愛犬モコジとアムロ(トイプードル雄)は本ブログの大事なテーマでもある。最近チョット掲載を忘れていたので載せておこうかな。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

モコジとアムロの定点観測 / トイプードル♂

アムロ(左)はアホ犬・ブス犬と言われてるけど、ぼさぼさの毛の奥には可愛らしいお目々を持っている。ぼさぼさなのは飼い主さんの怠慢に他ならない。

モコジとアムロの定点観測 / トイプードル♂

モコジ(右)は三歳半でアムロの一年先輩。チョット神経質だけどオッチャンが大好き。オッチャンとの散歩と、おっちゃんがDVD見てるときに優しく抱かれて昼寝をするのが大好きなのだ。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

モコジとアムロの定点観測 / トイプードル♂

↑オトボケ犬アムロのアップ。奥まった目になかなかピントがあってくれない。

モコジとアムロの定点観測 / トイプードル♂
↑モコジのアップ。散歩中はまぶしいので目が細めになるけど、玄関先ではまん丸お目々でキュートなのだ。このお目々にジット見つめられてついついいろいろさせられる。トイプーはアタマが良いのだ(^-^;
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ] PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある春模様~主のいなくなった古い公園

田舎の町の小さな公園。そういえば何度か来たけど周辺でも遊ぶ子供を見ません。ウチの近所の公園もあと20年もすればこうなるんだろうなあ。

ある春模様~主のいなくなった古い公園 NEX-5N + SIGMA19mm

修理される雰囲気もなく使用禁止の遊具

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相楽神社(さがなか) ・・・ 京都府木津市

木津市も町村合併する前は現相楽郡の一員でした。で相楽郡は「そうらくぐん」と読むのですが、ここらの古い地名は「相楽(さがなか)」なのです。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

相楽神社(さがなか)京都府木津市

「相」は関東などで相模という地名もあるので「さが」というのはまあよいとして「楽」が何故「なか」なの。辞書を引いても「らく」「がく」などはあるけど・・・。

相楽神社(さがなか)京都府木津市

木津市は田舎とバカにするなー。まあ今でこそ田舎やけど、世が世なら文化や統治の中心地にほど近く、有名貴族や武家が行き交った場所なのです。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

相楽神社(さがなか)京都府木津市

そういえば近くに祝園駅というJR/近鉄の駅があるのですが「ほうその」と読めますかね。

相楽神社(さがなか)京都府木津市
この駅名を見たときは「なんて幸福感のある地名なんだろう」と思いましたが、いくつかのブログには「ほふりのその」のなまり替え字とあります。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

相楽神社(さがなか)京都府木津市

大昔、調停に反乱を起こした人がここで「屠られた=攻め殺す、皆殺しにする」という「ことのようです。

相楽神社(さがなか)京都府木津市
あれあれ祝園ってお祝い事や催事にちなんだ名前じゃなかったんだぁ。まあ、京都や奈良など大昔から人がたくさんいて栄えたところなんぞ、こんな話が山ほどありますよね。

相楽神社(さがなか)京都府木津市

田舎なんぞ良くも悪くも振れ幅はしれてるけど、大都会など人のエネルギーの集中するところは壮大な栄華とその対局の悪や醜さの振れ幅も大きくなるもんなんでしょうね。
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ] PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DNほか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木津市ふれあい公園で名残の桜ツーリング ・・・ 京都府木津市

最後のサクラを眺めようと木津町(京都府相楽郡)のふれあい公園にバイクでやってきました。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

木津市ふれあい公園で名残の桜ツーリング

もうこんなふうにサクラもガクの赤色や出始めた葉っぱの薄緑色が混ざってきてますね。

木津市ふれあい公園で名残の桜ツーリング

しだれ桜の下はまるで花笠の宴会場。

木津市ふれあい公園で名残の桜ツーリング

今時のもう一人の主役菜の花も強烈な香りとミツバチの羽音に満ちています。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

木津市ふれあい公園で名残の桜ツーリング
今日はバイクを走らせてもあまり寒くもなく気持ちの良い春のミニ・ツーリングでした。

木津市ふれあい公園で名残の桜ツーリング
この後木津川堤防でうたた寝をして帰りました。昼寝と言えば能動的ですが、ぼぉっとしてたらいつの間にかウトウト爺さん。やっぱりうたた寝です(*´Д`*)
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (6) | トラックバック (0)

桜の季節にさよならの雨?

雨の土曜日でした。せっかく開花が遅かったこの近所の桜も週末の暖かさで予想通り花が進み、満開を十分堪能しないうちにに雨に散る桜を見るビジネスマンの悲しさか。

桜の季節にさよならの雨?

もっとも「好きなときに昼間桜を楽んでくれたらいいよ」と肩を叩かれる現実が普通に転がってるので、季節は暖かくなったとはいえ中高年には肌寒い春なのです。

[ Photo:Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8 ]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春の嵐の後で

ここんとこの雨風で、ろくに満開の花もじっくり見れないまま、桜の花も地面をピンクに染めております。 が、地面に花を落とすのは桜ばかりではないようです。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

ある女子大学の庭で [ Photo:Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR / 岡山市内 ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

亀山城跡 亀山神社と真澄児童公園

亀山城と言っても、遺構はそんなに残っていないのだけれど、青春時代彼女と未来を語り合った城跡の景色を見たくてここへやってきた。(歳をとると妄想で新たに創られる記憶もある・・・) [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

亀山城跡 亀山神社と真澄児童公園

下に中学校のグラウンドを見下ろす高い石垣の上に多聞矢倉という遺構があるんだけど、なんとこういうときに限って修理工事の最中・・・ちょっとがっかり。

亀山城跡 亀山神社と真澄児童公園

由緒も何にも知らないけれど自分が子供の頃からある亀山神社をぼぉっと眺め・・・
細い道路を挟んだ向こう側、ますみ児童公園へ降りてみる。

亀山城跡 亀山神社と真澄児童公園

↑この遊具、つかどの遊具も、自分が50年近く前に遊び、何十年か前幼い娘を遊ばせた時と全く変わっていないことに改めて驚く。半ズボンのパンツの中に入ってきた砂の感触とか、友達の半ズボンから覗くイナリ寿司の絵が克明にフラッシュバック。

亀山城跡 亀山神社と真澄児童公園
この飛行機は自分たちが現役公園児童だった頃から少し後に設置されたもののように思うけど、それでも40年ぐらいは経っているかなあ。それにしても少年の夢は古ぼけたというより醜くすらなってしまった・・・今は、二度と空を飛ぶことはないんだと言うことを20世紀少年に伝えているようにすら思える ´∩`
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二分咲きだろうが三分咲きだろうが桜が咲いて嬉しいんだよっ! ・・・ 玉水川の桜堤/京都府井手町

ホント、桜の花と花火の音があれば、ソワソワじっとしていられなくなるのが江戸っ子てぇももんでぇ。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

Tamamizu_sakura_idecho0001

つか、江戸っ子じゃないけど、やっぱ日本人は桜への反応がDNAしてるでしょって感じです。

Tamamizu_sakura_idecho0002

まだ三分くらいしか花が着いていない京都南部ですが・・・

Tamamizu_sakura_idecho0003

まだ次の週末辺りでも十分つぅか、そこいらがちょうどいいくらいなのに花が気になって気になって仕方がないってとこ。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

Tamamizu_sakura_idecho0004
いってみりゃぁ花火もそうなんだけど、ドーンって音がして、見えるところまで移動中にもう一発、目を上げようとしてもう一発。「じゃあ次の花火を」って待ってるとコレが打ち止め( ̄◆ ̄;)

Tamamizu_sakura_idecho0006
「明日もきっと桜はある」なんて誰も考えてない。今日満開で見事に咲いてても明日の風で地面をピンクに染める。ソレが桜さね。

Tamamizu_sakura_idecho0005
だもんでさぁ、自分が見たときが見頃ってもんさ。なぁに、一度見ときゃぁ安心、今年の桜はちゃんと見物したってね・・・・・・でも、たぶん来週も見に来るけどね(*゚▽゚)ノ いいじゃない、桜なんだから。

[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012京都さくらよさこい ・・・ 京都市役所前会場

去年に続き今年も「京都さくらよさこい」へやってきました。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

サクヨサ.com | 京都さくらよさこい1

何で舞踊ってこう楽しいんですかねー。

サクヨサ.com | 京都さくらよさこい

パンチの効いたサウンドと元気の良い動き、踊り子さんの表情。ええなぁ。

サクヨサ.com | 京都さくらよさこい

たまにこういう可愛いダンサーもいて・・・[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

サクヨサ.com | 京都さくらよさこい
カラダの中に置き忘れてるパワーを想い出すってかんじですねー。

サクヨサ.com | 京都さくらよさこい
前にも書きましたが、食うだけなら困らなくなってる人が多いんで、ハングリーさと背中合わせに本来皆が持ってる生きる活力みたいなモノをついつい忘れしまう現代人なのではないかと。

サクヨサ.com | 京都さくらよさこい
いろんな所から集まって踊っていただいたダンサーの皆さん、本当にありがとうございました!お疲れ様でした。
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ytv系「秘密のケンミンSHOW」で紹介された富士市のカツドン

出張先でのお昼ご飯。我が社の美人広報さんがこまめに下調べしてくれたご当地グルメのお店。新幹線新富士駅の中にあって新幹線乗務員の姿も見える。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

新幹線新富士駅の桜エビどんぶり

↓どどーん、見かけもケッコウスゴイ。上にかけてあるモノがカレーなら素直にカツカレーと言える形態の食い物。美人広報さんは「メチャ甘い」といっておられた。飯に甘い物をかけて食うのは苦手だ。

ytv系「秘密のケンミンSHOW」で紹介された富士市のカツドン

↓こっちは自分がオーダーした「桜エビどんぶり」。で、甘~い桜エビの天ぷらがざっくりぶっかけてある。飯に甘い物をかけて食うのは苦手だ。ケチ付けてるようだがコレは好みなので仕方ない。

新幹線新富士駅の桜エビどんぶり

それにしてもケンミンSHOWでは、なんと出演者が「スゴイモノを発見した!こんな美味いのも生まれて初めて食った!!!」的ノリで試食しているけど・・・さすがプロだなぁと思う。素直に評論してたんじゃあの番組は成り立たない。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士川近くの富士見る桜 ・・・ 静岡県富士市

出張の合間に撮ったサクラの写真、最近ちょっとブログもご無沙汰気味ですが、旬なので早速アップします。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

富士川近くの富士見る桜 ・・・ 静岡県富士市1

場所は静岡県富士市、今の季節地元京都な橳葉あまり桜が咲いていませんが、東へ行くほど桜の開花が早いようです。

富士川近くの富士見る桜 ・・・ 静岡県富士市

もう東京で満開だそうですね。4月7~8日辺りはお花見ですね。

富士川近くの富士見る桜 ・・・ 静岡県富士市

富士の裾野に広がる町、そういう言葉がぴったりの富士市。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

富士川近くの富士見る桜 ・・・ 静岡県富士市

全体に非常に緩い緩斜面が海に向かって伸びた広くて平らな町でした。

富士川近くの富士見る桜 ・・・ 静岡県富士市1

この日は晴れていたのですが冷たい強風と白い空で、富士山も雲がかかりややかすみ気味。しかし満開を待つサクラは強風に散ることもなく枝を揺らしていました。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »