« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

やっぱり凄いぞっ!東京スカイツリー ・・・ 東京都墨田区押上

地下鉄押上の駅から地上に上がると・・・おおっ!息をのむほど圧倒されるこの存在感!
ここは5月22日の開業を控えたスカイツリー特集でしょう!

やっぱり凄いぞっ!東京スカイツリー ・・・ 東京都墨田区押上
こののしかかってくるような巨大な塔。634mの構造物なんぞ地上じゃ橋以外そうお目にかかれる代物じゃない。
やっぱり凄いぞっ!東京スカイツリー ・・・ 東京都墨田区押上
あああこういうの、どう撮ったらいいのさ? とりあえず全部フレームに入れてみる。入らない・・・

やっぱり凄いぞっ!東京スカイツリー ・・・ 東京都墨田区押上
すみだ水族館にコニカのプラネタリウムも付いてるよー。せっかくだから1日楽しめる方がいいよね。

やっぱり凄いぞっ!東京スカイツリー ・・・ 東京都墨田区押上
だいたい、↑こんな風に撮ったら神戸ポートタワーと同じような感じにも見えるけど、ポートタワーは108m、スカイツリーの1/6の背丈しかないですじゃ。あの↑下のデッキでも350mだっせ。

やっぱり凄いぞっ!東京スカイツリー ・・・ 東京都墨田区押上
このデカさはどう表現すればええんじゃろうか? ↑これは隅田川リバーサイドに建つビル(アサヒビール本社)の壁面に映ったスカイツリー。

やっぱり凄いぞっ!東京スカイツリー ・・・ 東京都墨田区押上
もちろん川にも映っている。だからどうなのって? いいじゃん。映ってるんだから。

やっぱり凄いぞっ!東京スカイツリー ・・・ 東京都墨田区押上

黄昏れる隅田川を浅草方面から見る。墨田区役所(左)とアサヒビール本社の間に立っている様に見えるスカイツリー。しかしスカイツリーは600m以上向こうにあるのです。あっ!もしスカイツリーがぶっ倒れたら、先っちょは隅田川に達するの!? Σ( ̄ロ ̄lll)
PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DNほか

| | コメント (12) | トラックバック (0)

浅草三社祭(浅草神社例大祭) ・・・ 浅草神社/東京都台東区浅草

今日は秘密結社「城山写真倶楽部」の半年ぶりの活動で浅草へやってきました。会社終わってからなのでもちろん夜です。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

浅草三社祭(浅草神社例大祭) ・・・ 浅草神社/東京都台東区浅草

仕事の関係でスカイツリー方面からテキトーに歩いてきたので、待ち合わせの雷門を通過できず、いきなり新仲見世通り、仲見世通りと横に突っ切って浅草寺へ抜けたワタシ(^_^;)

浅草三社祭(浅草神社例大祭) ・・・ 浅草神社/東京都台東区浅草

ところが浅草駅を過ぎるとなにやらチンコロチンコロと小気味よいリズムとかけ声が![ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

浅草三社祭(浅草神社例大祭) ・・・ 浅草神社/東京都台東区浅草
はあっ、コレが有名な三社祭か・・・。はっぴ姿のお兄ぃさん方、ふんどし姿もありますね。

浅草三社祭(浅草神社例大祭) ・・・ 浅草神社/東京都台東区浅草
仲見世通りがいっぱいになるほどの担ぎ手や周りの衆が次々と浅草寺門前を通り浅草神社へ。

浅草三社祭(浅草神社例大祭) ・・・ 浅草神社/東京都台東区浅草
もちろん御輿はただ運ぶだけじゃないのです。かけ声とともにワッサワッサと揺さぶるんですが・・・えっと、こういうパフォーマンスの意味はよく分かりません。てやんでぇっ!祭りだからアタリメェなんだよバカヤロウ![ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

浅草三社祭(浅草神社例大祭) ・・・ 浅草神社/東京都台東区浅草
濃密で濃厚で高人口密度が御輿の信条です。
浅草三社祭(浅草神社例大祭) ・・・ 浅草神社/東京都台東区浅草
浅草寺本堂前のパフォーマンス。なんか呼び名があるのでしょうね。ここで波のよう押し込んでから右手の浅草神社方面へ移動していきます。

浅草三社祭(浅草神社例大祭) ・・・ 浅草神社/東京都台東区浅草
東の夜空には、開業を目前にした東京スカイツリーのシルエットが浮かび上がるのです。飯も食わずに帰りの新幹線に急ぎました。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  PHOTO: SONY αNEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DN

| | コメント (6) | トラックバック (0)

伏見の堀も初夏の装い 酒蔵の堀を往く十石船・・・ 京都市伏見区

5月に撮った写真を6月にアップすると、ひと月の季節の移り変わりをシッカリ感じます。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]
伏見の堀も初夏の装い・十石舟 ・・・ 京都市伏見区

五月中旬の伏見は,堀の柳の新芽も淡い緑で,爽やかな風にそよそよと (^_^;)

伏見の堀も初夏の装い・十石舟 ・・・ 京都市伏見区

そうですよ、水面も穏やかで・・・あっ,臭いもしない(^-^; [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

伏見の堀も初夏の装い・十石舟 ・・・ 京都市伏見区
伏見って真夏に行くと超蒸し暑いところというイメージがあって、雷雨にあったときなんぞ、カメラだ黙ってても曇りまくる湿度100%の蒸し風呂みたいなときがある。
伏見の堀も初夏の装い・十石舟 ・・・ 京都市伏見区
でもね、そんな蒸し暑さもこんな爽やかさも自然のくれた宝モノですよね。 最近歳のせいか、四季というのはありがたいもんだと思うんですよ。

伏見の堀も初夏の装い・十石舟 ・・・ 京都市伏見区

もちろん季節の恵みもそうですが、1年という時間にメリハリが付く。自分を中心にして何となく一年が流れて行ってしまうのではなく、季節の中で生きてるんだと、時折気づく機会を与えてもらえるからです。
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  PHOTO: SONY αNEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DN

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都水族館の人気者 キモ可愛いオオサンショウウオさん

連休最終日に訪れた京都水族館へ、今度は何故かお仕事関係で訪れました。 TAAさんが訪れた5月6日で1万4千人、ピークはなんと2万4千人だそうです。えっ!?

このキモ可愛いオオサンショウウオ(ビッグ・サラマンダー)さんがケッコウ人気で、一番でっかいのを買うと「アリガトーゴザイマース!でっかいぬいぐるみお買い上げーっ!」みたいな店員さんの大声を頂戴できます。

京都水族館の人気者 キモ可愛いオオサンショウウオさん

ええ・・・、仕事関係でありながら、わたくしもこの一番小さい750円のぬいぐるみを会社PCのお守りとして購入。さっそく名前を「オオ・サンショウウオ太郎」と名付けました。なんて可愛いの (^Д^)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

京都梅小路 新幹線を見ながらイルカが飛んでいるッ! ・・・ 京都水族館

ヤッパリ混んでるんだろうなーと思いつつ、行くところもないので3月14日にオープンしたばかりの京都水族館にやってきました。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

京都梅小路 新幹線を見ながらイルカガ飛んでいるッ! ・・・ 京都水族館

えー結果、すごく混んでました(^_^;)。思ったより館内が狭く一方通行の通路も狭い目。気の短いおっさんは左右水槽にヒトデのように貼付く観光客の皆さんの間に出来た狭い通路を、ただ前に向かってあるくのでした。

京都梅小路 新幹線を見ながらイルカガ飛んでいるッ! ・・・ 京都水族館

夏休みに来てもし節電とか停電とかなったらきっと死ぬだろうなと感じました(^_^;) 。大阪海遊館とかイメージしてきたらかなり小ぶりなので丁寧にユックリ見たいモノです。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

京都梅小路 新幹線を見ながらイルカガ飛んでいるッ! ・・・ 京都水族館

館内展示はいつかゆっくりみてやろう!ということで水槽見物はそこそこに、ヒトの流れのままに階上のイルカプールへ。もちろん後方立見席です。

京都梅小路 新幹線を見ながらイルカガ飛んでいるッ! ・・・ 京都水族館
いるいる!トレーナーのおねいさん達。いやちゃうやろ、イルカですよイルカ。

京都梅小路 新幹線を見ながらイルカガ飛んでいるッ! ・・・ 京都水族館
まあ、イルカ芸にちょっとうるさいTAAさんに言わせると、まだまだ練度が低いかなという感じ。えっと、こないだ見たな-。そうそうコレも内陸型の品川エプソン水族館のイルカさんたちの方が濃くてハイレベルな芸をやってように思います。これも時間が解決することでしょう。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]


京都梅小路 新幹線を見ながらイルカガ飛んでいるッ! ・・・ 京都水族館
飛びます!飛びます!イルカさんたち。でもイルカの潜在能力はこの程度じゃないので、秋にゆっくり見に来るからソン時までに鍛えといてね。

京都梅小路 新幹線を見ながらイルカガ飛んでいるッ! ・・・ 京都水族館 京都水族館は京都駅からチョット離れているんですが、余裕のある人はこの公園を横切って徒歩でのんびり京都駅に歩いてもいいかもしれません。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  PHOTO: Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR  16-85mm F3.5-4.5G ED

| | コメント (3) | トラックバック (0)

高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて

高取の町からキトラ古墳~高松塚~飛鳥駅のコースは数Kmほどの距離で高低差もそんなに無く、また農村と畑の中を行くのんびりした道です。時折パラッと雨が降りますが気にせず進みましょう。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて

この季畑の風景に節彩りを添える野の花でも愛でながら歩くのが楽しいです。湿気を含んだ南風の香りが夏のハイキングを思い起こさせますね-。

高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて

この花多分ハルジオン(春紫苑)。実はヒメジオンという見分けの付きにくい花が、この花の後に暑い夏のさなかまで咲いているので、同じ花が何ヶ月も咲いているように見えるそうです。うん、確かにそう。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて

↑おっと、説明の途中でクリムゾンクローバ。ストロベリーキャンドルという呼び名の方がハッピーなイメージがわきますよね。もちろん外来種。

高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて
ハルジオンとヒメジオンの見分け方は「つぼみの時にお辞儀している」のが5月にピークを迎えるハルジオンらしいです。

高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて
おっと、畑道からこんな↑村の道に入りました。この坂の右奥がGPSが指すキトラ古墳、高松塚同様壁画で有名な古墳ですが・・・。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]


高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて
↑じゃーん!これがキトラ古墳です。こんな生命維持装置みたいなのに守られていわゆる「古墳」ぽさは全くありません。発掘後の湿気やカビによる壁画の損傷でこんな大げさなことになってしまったようです。

高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて
あ・そうでっかぁ、ということで、明日香歴史公園の高松塚古墳を目指します。↑この黄色いのはご存じキンポウゲ。赤や黄色の八重咲きが園芸種として出回ってるラナンキュラスというのが洋名だそうですが、rana(ラナ)はカエルを意味し、カエルの飛び出てきそうなじめっとしたところに生えてることからそう呼ばれるそうです。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて キトラ古墳はもう明日香側で、なだらかな丘を降りていくと老人ホームあまがし苑、そこからまた緩やかな丘陵を登っていくと↑飛鳥歴史公園の南端「文武天皇陵」がレンゲ畑の向こうに見えてきます。

高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて
女帝持統天皇のお孫さん文武天皇(683-707)のお墓を回り込むと↑こんな道標が。高松塚古墳も時代は持統天皇の頃(藤原京時代)と言われています。あの極彩色の壁画で有名ですね。

高取町から明日香に向かう(2) ・・・ 畑道添いに咲く花を愛でながらにて といっても、現物はこの山を見るだけなんですが、この塚から降りていくと高松塚壁画館があって、南壁(朱雀側)の盗掘抗から石棺の中を覗けるレプリカや、壁画を再現した壁の展示があり、具体的なサイズや色彩など埋葬状態をよく理解することが出来ます。
PHOTO: Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G、AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高取町から明日香に向かう(1) ・・・ 奈良県高取町(近鉄壷阪山駅より))

近鉄飛鳥駅からもう一駅南に壷阪山駅があります。ここからは日本有数の山城「高取城趾」へのハイキングコース、眼病封じ西国霊場「壷阪寺」などへ向かう起点になっています。 

高取町から明日香に向かう ・・・ 奈良県高取町(近鉄壷阪山駅より))

高取町は三月のひな祭りに訪問すると、家々に昔から伝わるひな人形を飾り観光客にオープンする「高取町のひな祭り」も有名。なにせ太古から中世にかけて栄えに栄えた町だけにひな人形もまた価値の高いモノが多いのです。

高取町から明日香に向かう ・・・ 奈良県高取町(近鉄壷阪山駅より))

でも、たとえGWであっても普段やってくるとこんな風にガラァ~ンとした町で、人にそんなに会うわけでもなく、狭い道を時折クルマがブイーンと通り過ぎて行くぐらいなのであります。[ 横長画像はクリックすると拡大表示します ]

高取町から明日香に向かう ・・・ 奈良県高取町(近鉄壷阪山駅より))

陀羅尼助(だらにすけ)とは日本古来の民間薬で、かの役行者(えんのぎょうじゃ)が開発した・・・らしい。なんとその頃から今日まで下痢止め、胃腸薬として延々と庶民に重宝されているロングセラーなのです。

高取町から明日香に向かう ・・・ 奈良県高取町(近鉄壷阪山駅より))
↑そういうクスリの町とは何の関係もないナショナル看板の住宅建材系のお店。もうナショナル看板もだいぶん珍しくなってきましたが、ついつい木枠のガラス戸と古看板のセットにはレンズを向けてしまいます。

高取町から明日香に向かう ・・・ 奈良県高取町(近鉄壷阪山駅より))
以前にもこのブログで紹介した高取町の石川医院。もともと高取藩の代々藩主を見るような格の高いお医者さんであったとか。この門は明治政府になってから、解体された下屋敷の門をもらい受けたモノらしいです。[ 横長画像はクリックすると拡大表示します ]


高取町から明日香に向かう ・・・ 奈良県高取町(近鉄壷阪山駅より))
↑この門の上んとこにこんなモノを発見。ネコの食べかけではなくて、門守(魔除け)の柊イワシですかね。

高取町から明日香に向かう ・・・ 奈良県高取町(近鉄壷阪山駅より))
さてそんな高取町の町中を一通り散策して「キトラ古墳」「高松塚古墳」とたどって飛鳥駅に向かうことに。さすがスマートフォンのGoogleマップを「徒歩」で経路検索すると↑こんな畑の中の畑道、先は単車一台通れる踏み道を指示。スゲェ!無事最短距離で目的地へ向かうことが出来ました。
PHOTO: Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

| | コメント (2) | トラックバック (2)

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂[天然色編] ・・・ 滋賀県信楽町

信楽関係の記事は本ブログこの記事で14本目なんですが、こんな過ごしやすい季節に来たのは初めてです。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]  

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂[天然色編] ・・・ 滋賀県信楽町

信楽の冬の寒さはこの辺りでも有数なので、やはり寒い厳しい風景が信楽らしいと思ってました。

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂[天然色編] ・・・ 滋賀県信楽町

でも、こういう季節は日本国中何処行っても良いですよね。[ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂[天然色編] ・・・ 滋賀県信楽町

↑この辺り、いつもモノクロの風景しか無いと思ってましたが、ヤッパリ信楽も春には春の装いになりますね。

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂[天然色編] ・・・ 滋賀県信楽町
道ばたで見かける陶器も冬と変わっているわけではないのに、何か表情が柔らかくなっているように思えたり。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

 信楽点景 ろくろ坂~窯場坂[天然色編] ・・・ 滋賀県信楽町
結局いい季節はいい気分、自分の心情が見るモノすべてに乗っかるのですべてが華やいで見える。写真撮っても楽しい気分で被写体が眺められる。

信楽点景 ろくろ坂~窯場坂[天然色編] ・・・ 滋賀県信楽町
せっかくいい気分でおじさん写真撮ってたのに、これらを撮ったレンズが故障。最近のレンズはコンピュータが入っていてカメラと連携してAFしたり、オレこれだけ歪むタチやから画像にするとき補正してね・・・みたいな複雑な通信をするようになってます。TAAさんのレンズ君はカメラさんから「アンタと合体しても何も感じないの」ってエラーを突きつけられています ┐(´д`)┌
[ 各画像はクリックすると拡大表示します ] PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DNほか

| | コメント (4) | トラックバック (1)

鉄人28号!巨大モニュメントに酔う ・・・ 神戸市長田区・若松公園

TAAさんは、横山光輝氏のアニメ「鉄人28号」をモノクロTV放送(1963~)でリアルタイム聴視していた世代なのだ。えっ?だからどうした? [ 横長の画像はクリックすると拡大表示します ]鉄人28号!巨大モニュメントに酔う ・・・ 神戸市長田区・若松公園

モノクロで見ていたので、このカラーリングがどうかと言われても困るが(誰も言ってないし) あのドラえもん(本来は黄色)と同じ青紺系なので問題無いでしょ。 (誰も問題視してないけど)

鉄人28号!巨大モニュメントに酔う ・・・ 神戸市長田区・若松公園

だいたい鉄人は旧帝国陸軍の秘密兵器。それを戦後怪しい覆面の集団が完成させたモノ。そうそう悪モンの兵器として完成したのだ。Tetsujin28dsc02004x

「ビルの街にガオーッ!夜のハイウェイにガオーッ!」で始まる「鉄人28号」の主題歌には「良いも悪いもリモコン次第」という一節がある。そう、コヤツはモビルスーツ同様意志を持たないのだ。鉄人28号!巨大モニュメントに酔う ・・・ 神戸市長田区・若松公園

これは現代的に言うと「良い仕事も悪い仕事も上司次第」という「(能力はあっても)意志を持たないサラリーマン」という風に言い換えられる(・・・のか?)。[ 横長の画像はクリックすると拡大表示します ]

鉄人28号!巨大モニュメントに酔う ・・・ 神戸市長田区・若松公園

上の写真は波動砲を空に向かって撃つ鉄人だ。と言いたいが、自分の知ってる鉄人には飛び道具がない。ミサイルもブレストファイアーもロケットパンチも無い。

Tetsujin28dsc02031

殴る蹴る、あるいは対当たり等のきわめて原始的な攻撃が主体。移動は徒歩。だいたい空を飛ぶためのロケットも後になって悪の軍団が取り付けたモノ。
鉄人28号!巨大モニュメントに酔う ・・・ 神戸市長田区・若松公園
第一次世界大戦ぐらいまでなら秘密兵器だと思うけど・・・。まあ戦後すぐここまでもってきた科学力に乾杯。これが高度成長へつながる原動力だったんだよなー。
鉄人28号!巨大モニュメントに酔う ・・・ 神戸市長田区・若松公園
ところでこの頃ぼくら20世紀少年60'Sにとって欠かせないTV番組は、サイボーグの「ビッグX」「エイトマン」、知性と感情のある正義ロボット「鉄腕アトム」と多彩なキャラが並ぶ。「科学」と「正義」 んー、コレがキーワードだったねぇ~。
[ 横長画像はクリックすると拡大表示します ] PHOTO: SONY NEX-5N + SIGMA 19mm F2.8 EX DNほか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »