日本ひとり歩き~四国・中国

岩国城と城下を結ぶ日本三名橋「錦帯橋」 ・・・ 広島県岩国市

親戚の結婚式で広島へ行きましたが、その帰りチョット足を伸ばして、山口県のもっともにしに位置する岩国市にお邪魔しました。 [ 各画像はクリックすると拡大表示します ]

岩国城と城下を結ぶ日本三名橋「錦帯橋」 ・・・ 広島県岩国市
岩国市と言えばなんと言っても「錦帯橋(きんたいきょう)」でしょ。つか、ほかはよく知らないんですが(=´Д`=)ゞ。  (↓城下より岩国城へ渡る)

岩国城と城下を結ぶ日本三名橋「錦帯橋」 ・・・ 広島県岩国市
ちょっとどんより曇って色合いもイマイチなのですが、一枚目は珍しく穏やかな水面に錦帯橋が映る絵が撮れました。帰路の時はもう水が荒れて映ってませんでした。

岩国城と城下を結ぶ日本三名橋「錦帯橋」 ・・・ 広島県岩国市

↑この写真は、領主吉川(きっかわ)さんの建てた岩国城天守閣(復元)より眼下を眺めたモノ。錦川にかかる錦帯橋が見えますが、その向こうは下級武士と町民が暮らす城下になります。

岩国城と城下を結ぶ日本三名橋「錦帯橋」 ・・・ 広島県岩国市
ちょうどお昼頃、この錦帯橋の帰路では空も晴れてきました。錦川の水が透き通ってますね。この橋が出来るまでは、大雨で学校が休校するように洪水都度、下級武士は登城できず休業になったんでしょうか(^-^;

岩国城と城下を結ぶ日本三名橋「錦帯橋」 ・・・ 広島県岩国市    
ちなみにあの篤姫も江戸へ登るとき「何が何でも錦帯橋を渡りたい!」と岩国藩に要求。何のかんのと言い訳こいて迂回させようとする岩国藩を無視して、強引に渡ってしまったそうです。流石あっちゃん、やるネ(;´▽`A`` [ 各画像はクリックすると拡大表示します ] SONYαNEX-5N

| | トラックバック (0)

世界一の日本庭園 足立美術館 ADACHI MUSEUM OF ART /島根県安来市

世界一の日本庭園と米国の日本庭園専門誌(そんなんあったんかい!)である「Japanese Garden Journal」が認めたその美しさ! 足立美術館の日本庭園をご覧ください。

世界一の日本庭園 足立美術館 ADACHI MUSEUM OF ART /島根県安来市

横山大観さんのコレクションで有名ですが、個人的にはこちらの素晴らしい日本庭園とこれまた素晴らしい村松園さん、女性が描いた女性の絵。

世界一の日本庭園 足立美術館 ADACHI MUSEUM OF ART /島根県安来市

遠くの山々は借景ですがそれを設計に組入れているようで、完全に一枚の絵、一体感のある風景になっていますね。

世界一の日本庭園 足立美術館 ADACHI MUSEUM OF ART /島根県安来市

↓カメラのように切り取って額に入れてくれてます。

世界一の日本庭園 足立美術館 ADACHI MUSEUM OF ART /島根県安来市

四季それそれの表情を見せてくれるそうなので、違う季節にも訪れてみたいものです。

世界一の日本庭園 足立美術館 ADACHI MUSEUM OF ART /島根県安来市

グーグルマップでご確認ください。⇒クリック ↓奥にある滝を持つ山は国道や田んぼを挟んだお寺の敷地。でも、そこの敷地を借りて手を入れているそうですよ。

世界一の日本庭園 足立美術館 ADACHI MUSEUM OF ART /島根県安来市

島根県安来市というと関西にいてもなかなか馴染みがなく、しかもど「じょうすくい」の安来節ぐらいしか知識がありません。でも「わざわざ」行っても十分な価値があるお庭と収蔵美術品です。 島根県安来市古川町320 足立美術館 Photo:Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

| | コメント (6) | トラックバック (0)

おみくじ 神様のメッセージ ・・・ 出雲大社/島根県出雲市

だいたい素直じゃないのでおみくじなんぞ引いたためしがないし、むしろ↓こうやって結んであるおみくじを開いて読んでいる不心得者だ。 [各画像をクリックすると拡大表示します] 

島根県出雲市 出雲大社

そのくせ、そうやって開いたおみくじはフムフムと結構読み込んでいる自分がおかしい。

島根県出雲市 出雲大社

人はめったに「髪のお言葉」なんぞ聴けるものではない。神の声というのは、ホントは自分の冷静でピュアな声だと思っている。なので、普段は絶対聞けないし永遠に聞けない人だって多いんじゃないか。

島根県出雲市 出雲大社

おみくじは神の声とは思わないけれど、神さんを拝んでお御籤引けばちっとは神妙な気持ちになって、素直にその文面が読め受け入れられる。その文面を口語訳をすれば、昨日オヤジや先生が言ってた言葉そのまんまだったとしても。 島根県出雲市 出雲大社 Nikon D90 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

| | コメント (6) | トラックバック (1)

伯耆大山(ほうきだいせん)大山寺散策 ・・・ 1,729m/鳥取県大山町

↓ もともと訪れる前は100%に近い降雨確率。にも関わらず大山(だいせん 1729m)に引っかかる雲もポカッと口を開け山頂を見せてくれた。

伯耆大山(ほうきだいせん)大山寺散策 ・・・ 1,729m/鳥取県大山町

珍しく鳥取出張、そのまま自費宿泊して大山の懐を散策。そのあと境港の水木しげるロードへ行く予定。考えてみれば今年三回目の鬼太郎でどうやら妖怪に憑かれたか?

伯耆大山(ほうきだいせん)大山寺散策 ・・・ 1,729m/鳥取県大山町

↑朝の大山寺を散策する女性方のお尻について急な大山寺の石段を登る。

伯耆大山(ほうきだいせん)大山寺散策 ・・・ 1,729m/鳥取県大山町

↓↑大山はすそ野が広いので陽が昇っても下界の喧騒も伝わることなく、神話の太古からそこにずっといたかのような、霊気を蓄える空気が静かに横たわっている。 

伯耆大山(ほうきだいせん)大山寺散策 ・・・ 1,729m/鳥取県大山町

↓ 針葉樹の大木の間から緑を湛えた大山の尾根が姿を現す。 

伯耆大山(ほうきだいせん)大山寺散策 ・・・ 1,729m/鳥取県大山町

大山寺のあたりを散策するのは30年ぶりぐらい?若さいっぱいのTAA青年は古寺の雰囲気なんぞこれっぽっちも味わうことなく山頂を目指したっけ。(4年連続4回登頂) 

伯耆大山(ほうきだいせん)大山寺散策 ・・・ 1,729m/鳥取県大山町

特急「やくも」の車窓より。山陰を後に、さあてにぎやかな現実世界に戻りますか ( ̄ー ̄)v Panasonic Lumix LX3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんなに美味いもんだったとは(*^O^*) 米子のサバシャブ

鯖というとショウガなんかで生臭さを取ったり、バッテラのように濃い味を付けて食べたり。・・・それでもあの生臭さは消えないよなーと。なので「さばしゃぶ」と聞いたとき「ええーっ!?」と思っていまいました。  [画像をクリックすると拡大表示します]   

こんなに美味いもんだったとは(*^O^*) 米子のサバシャブ

でも数時間前に水揚げされた新鮮な鯖はこういう味がするのかとビックリです。何より皿に盛られたこのスライスの鯖、そのまま食べてみるとトロ~ッとして何とも脂ののった旨い味。これだけで十分なごちそうです。

こんなに美味いもんだったとは(*^O^*) 米子のサバシャブ

↑このようにスライスのタマネギをたっぷりと入れて、少し透明になったところでしゃぶしゃぶのはじまりです。これは新鮮な鯖が手に入るところだけのスペシャル料理ですね。

こんなに美味いもんだったとは(*^O^*) 米子のサバシャブ

握り拳ほどのイワガキもついでのようにだされてますが、こちらのでっかい身とおいしさも抜群。日本って狭いようですが、やっぱり海には海の、海だけの物ってあるんですねー(゚0゚)

[画像をクリックすると拡大表示します] 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

まあ「なんでもあり」ちゅうことですよ ・・・ 水木しげるロード/ゲゲゲの鬼太郎境港市

妖怪づくし、鬼太郎ずづくしの境港は水木しげるロード。トイレのピクトグラムだって↓この通り。鬼太郎、ネコ娘、目玉オヤジに子泣き爺なのだ(;;;´Д`)  [画像クリックで拡大表示します]

まあ「なんでもあり」ちゅうことですよ ・・・ 水木しげるロード/ゲゲゲの鬼太郎境港市

↓そんな訳で、当然食い物だって怪しく・・・ん?「妖怪食品研究所」???
まあ「なんでもあり」ちゅうことですよ ・・・ 水木しげるロード/ゲゲゲの鬼太郎境港市

↓あ~,やっぱんそんなきがしたんだよな。おっちゃん、味よりセンスが問題か?
まあ「なんでもあり」ちゅうことですよ ・・・ 水木しげるロード/ゲゲゲの鬼太郎境港市

↓気を取り直して、おーっ!ポスターはなんだかおもしろそうだ。
 
まあ「なんでもあり」ちゅうことですよ ・・・ 水木しげるロード/ゲゲゲの鬼太郎境港市

↓でもヤッパリ目玉か・・・。つか、目玉オヤジってまんじゅうにしやすい体型なんだ。
まあ「なんでもあり」ちゅうことですよ ・・・ 水木しげるロード/ゲゲゲの鬼太郎境港市

↓そいでパン屋。私的にはどう見てもおいしくかぶりつけそうもないが、話のネタに?
まあ「なんでもあり」ちゅうことですよ ・・・ 水木しげるロード/ゲゲゲの鬼太郎境港市

上のパン屋のパン、私は左端の・・・残念、どっかのガキんちょの頭で隠れているが、シンプルな一反木綿とネズミ男が結構秀逸だと思いました。あとはチョットグロいんです(^_^;)    [画像クリックで拡大表示します]
  PHOTO* Nikon D90 + Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED

| | コメント (2) | トラックバック (0)

境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その2)

某写真倶楽部の女子部長のことを妖怪と呼ぶ輩もいるが、水木しげるロードで様々な妖怪の説明を読みながら歩いていると、やはり妖怪というのは人間の心のことだと思う。恨み憎しみ系のヤバいヤツからイタズラ系、あるいは気持ち悪いけど何もしない系まで。幼い水木しげるに「のんのんばあ」が語ったのは、妖怪という姿を借りた「生き方」であったり「戒め」であったり「人の醜さ」だったのだろう。  [画像クリックで拡大表示します]

境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その2)

↑サラリーマン山田君 妖怪に翻弄される普通の人。たくさんいる

境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その2)

↑ご存じ子泣きじじい。最大重量50貫188Kg 幕内力士では把瑠都(ばると) 級

境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その2)

↑鬼太郎
 しかしここはタイガース色のちゃんちゃんこにこだわってほしかった

境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その2)

↑妖怪神社。この目玉は立派な御影石なのですが水の上でくるくる回るのが不思議

境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その2)

↑自分はゲゲゲ妖怪で最高のキャラだと思っているねずみ男。これぞ妖怪!

境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その2)

大人になると妖怪がオバケが見えなくなるという。そりゃ自分自身が様々な妖怪に姿を変えてしまうから。「カアちゃん、顔がヘンだよ」「まー、嫌な子だねー。歳とりゃ誰でもこうなるんだよっ!」「ふ~ぅん・・・」 って、案外子供には違うモノが見えていたりして。ちなみに、そういう人間妖怪が見て妖怪に見えるヒトって・・・大妖怪・・・ちゅうことかぁ・・・。   [画像クリックで拡大表示します]
  PHOTO* Nikon D90 + Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED

| | コメント (4) | トラックバック (2)

境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その1)

城山写真倶楽部という怪しげな団体の女性部長は妖怪だという噂をきいたが「陽気」の聴き間違いだったか?いや妖気を発していると言うことか・・・。そんなこんなで、今夜は水木しげるロードでみた妖怪達(その1)をお送りしたい。  [画像クリックで拡大表示します]

境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その1)

↑ご存じ焼き餅焼きな性格がチャーミングなネコ娘・・・
境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その1)

↑憑いてほしくないヤツ死に神。でもここの死に神は一人で災難をしょってくれるらしい。
境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その1)

↑鬼太郎の強敵ぬらりひょん
。日本妖怪の総理大臣みたいだな立場のヤツ
境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その1)

↑妖怪神社。この目玉は立派な御影石なのですが水の上でくるくる回るのが不思議
境港・水木しげるロードの住人達 そりゃもちろん妖怪でしょ(その1)

最後の写真は水木しげる記念館の前で。像は左がのんのんばあ(景山ふさ)、で左が子供のしげる。しげるはこののんのんばあにいろいろな妖怪や地獄のことを教えてもらったそうで彼の一生を決める人になったそうだ。もしかしたら妖怪だったのかも。ん?この写真の女性、何か・・・ぽくないか? 失礼(;´▽`A``   [画像クリックで拡大表示します]
  PHOTO* Nikon D90 + Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED

| | コメント (2) | トラックバック (1)

鬼太郎列車で連れてって!妖怪ワールド境港 ・・・ JR米子~境港/JR境港線

水木しげるロードで139体もの妖怪が迎えてくれる山陰の妖怪ワールド境港への入り口はここ、JR米子駅のゼロ番ホームだ。むふふふ、なにか不気味なモノに出会えそうな気がしてきたぞっo(*^▽^*)o  [画像クリックで拡大表示します]

鬼太郎列車で行く妖怪ワールド境港 ・・・ JR米子~境港/JR境港線

↓JR境港線18Kmの16の駅にはみな妖怪の名前が付いている。ここ米子は「ねずみ男駅」
おっと、向こうに見えるのは・・・ 普通のオレンジのディーゼル先にはピンクのネコ娘トレイン
鬼太郎列車で行く妖怪ワールド境港 ・・・ JR米子~境港/JR境港線

↓なんてチャーミングなんだ!ネコ娘
ヽ(´▽`)/
鬼太郎列車で行く妖怪ワールド境港 ・・・ JR米子~境港/JR境港線

↓内装だってこうなんです。田中麗奈のネコ娘も可愛かったぞ
(゚▽゚*)
鬼太郎列車で行く妖怪ワールド境港 ・・・ JR米子~境港/JR境港線

↓ここ大篠津町駅は「砂かけばばあ駅」、こういう妖怪解説板が必ず設置されている
鬼太郎列車で行く妖怪ワールド境港 ・・・ JR米子~境港/JR境港線

ネズミ男トレインや鬼太郎トレインも乗りたいね!一日では無理ですよね・・・
鬼太郎列車で行く妖怪ワールド境港 ・・・ JR米子~境港/JR境港線

↓さあ、復路はこれだ!もちろん・・・
鬼太郎列車で行く妖怪ワールド境港 ・・・ JR米子~境港/JR境港線

↓目玉オヤジトレインでございまーす!
o(*^▽^*)o
鬼太郎列車で行く妖怪ワールド境港 ・・・ JR米子~境港/JR境港線

やるときゃ徹底してやりましょ!って感じで、たかだか18kmを46分もかけてトロトロ走るただのローカル線がなんて楽しいんでしょ。いやぁ、高校生のムスコと行きましたがオヤジの方がはしゃいでしまいました(^_^;)   [画像クリックで拡大表示します]
  PHOTO* Nikon D90 + Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED(島根県米子市~境港市・JR境港線)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の愛した風景 その3 ・・・ 松江藩主松平家の歴代藩主が眠り強大亀が夜な夜な遊ぶ月照寺(げっしょうじ)/松江市

さて、美人広報三部作も最終回、ってそんな企画だったのか? しかしここへ来て美人広報ネタも切れ、無理に書くと誹謗中傷ゴシップの世界に・・・ん?今まではそうじゃなかったのか。ともあれ、美人広報さんはポテポテと廊下を歩くので、今夜は亀が歩く話にしましょう。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の愛した風景 その3 ・・・ 松江藩主松平家の歴代藩主が眠り強大亀が夜な夜な遊ぶ月照寺(げっしょうじ)/松江市
ま、銅像ではこうなんだけどラフカディオ・ハーン時代にも小泉八雲さんになっっても、展示してある写真をみるとみなよそ見をしてたりうつむいたり・・・。一番よく使われる写真は左斜め下を向いている見れば「あーあれ」というあの写真です。

↓ここは幕末まで続いた松江(出雲国)の松平家の菩提寺になっている「月照寺」
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の愛した風景 その3 ・・・ 松江藩主松平家の歴代藩主が眠り強大亀が夜な夜な遊ぶ月照寺(げっしょうじ)/松江市

↓松平家九代の御廟があり、下の写真のような門とお墓のセットが九基ある。
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の愛した風景 その3 ・・・ 松江藩主松平家の歴代藩主が眠り強大亀が夜な夜な遊ぶ月照寺(げっしょうじ)/松江市

↓それにしても寒い。写真もこの松江シリーズは全体的に暗い感じでしょ。
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の愛した風景 その3 ・・・ 松江藩主松平家の歴代藩主が眠り強大亀が夜な夜な遊ぶ月照寺(げっしょうじ)/松江市

その八雲さんが通勤途上に立ち寄っていたのが前回ご紹介の松江城内 城山稲荷神社(じょうざんいなり)。その稲荷から直線で1.5Kmくらいでしょうか、少し離れた場所にあります。冬の墓所なんて殺風景で暗いんですが、敷地内にはアジサイがかなりの株数植えられているようで、アジサイの季節に来ればなかなかのものかもしれません。
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の愛した風景 その3 ・・・ 松江藩主松平家の歴代藩主が眠り強大亀が夜な夜な遊ぶ月照寺(げっしょうじ)/松江市

↑各時代の名工が意匠をこらした彫り物が施された門をくぐる
と↓こんな感じに。
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の愛した風景 その3 ・・・ 松江藩主松平家の歴代藩主が眠り強大亀が夜な夜な遊ぶ月照寺(げっしょうじ)/松江市

↓これこれ、これが有名な巨亀。亀好きの藩主をしのんで作られたというが・・・
夜な夜な動き出しては松江の町でヒトを喰ったとか・・・。
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の愛した風景 その3 ・・・ 松江藩主松平家の歴代藩主が眠り強大亀が夜な夜な遊ぶ月照寺(げっしょうじ)/松江市

↓それでその大亀を封じ込めるために、ありがたい言葉を刻んだ石碑を押っ立てたとか。
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の愛した風景 その3 ・・・ 松江藩主松平家の歴代藩主が眠り強大亀が夜な夜な遊ぶ月照寺(げっしょうじ)/松江市

なぜ亀が妖怪化するのか。日本では生き物にしても道具にしても長~~~いこと生きたり使ったりすると特別な霊が宿ると信じられています。道具だったらカラカサみたいなもんとか・・・。確かに我が社の中にも妖怪化したジョ・・・。はぁ。怖い・・・   PHOTO* Nikon D90(島根県松江市/月照寺)

| | コメント (3) | トラックバック (0)